2007年11月07日

東北パイオニア株式会社。株式会社デジタルとの有機EL搭載の新型タッチパネルの開発について

―5.6インチ有機EL搭載型タッチパネルGP−3300Eシリーズを発売開始―


 東北パイオニア株式会社(代表取締役社長:塩野俊司本社:山形県天童市大字久野本字日光)は、株式会社デジタル(代表取締役社長:大谷宗宏本社:大阪市住之江区南港東)のデファクトスタンダード画面作成ソフトウエア「GP−Pro EX」を利用可能な5.6インチ有機EL搭載型タッチパネルGP−3300Eシリーズを、2008年春をめどに販売開始いたします。

 本製品は、有機EL(パッシブ型)の出荷額では国内最大手である東北パイオニア株式会社が、有機ELを使用したアプリケーション市場の更なる開拓のため、同社が手がけているFA(ファクトリーオートメーション)システム機器に有機EL 組み込んだ製品の開発を進めたものです。今後、有機EL搭載型タッチパネル単体としての販売についても行い、更なる市場拡大を目指します。

 東北パイオニア株式会社は、有機EL搭載型タッチパネルの開発、販売に関して、国内で最も使用されている表示器メーカー最大手(※1)である株式会社デジタルと共同開発を行いました。これにより株式会社デジタルの表示器の特長や機能をそのまま使用できることになり、画面作成ソフトウエア「GP−Pro EX」でお客様が作成された画面資産の他への活用や、同ソフトウエアが対応しているあらゆるメーカーの機器との接続も容易となり、幅広い現場でお客様のニーズに対応した使用が可能となります。

 株式会社デジタルは、この画面作成ソフトウエアを使用いただくことで、どの現場でもどの機器とでも使用できるオープンな戦略を打ち出しており、今回もその一環として東北パイオニア株式会社と共同開発を行いました。

※1 2006富士経済メカトロニクスパーツより(2005年実績・数量ベース)で38.7%(国内最大シェア率)


1.製品概要
 有機EL搭載型タッチパネルGP−3300Eシリーズは、自発光型ディスプレイである有機ELの特徴を存分に活かし、5.6インチというサイズの大きさに加え、従来のタッチパネルに比べ視野角が非常に広く、どの角度から見ても色ずれ・色反転がありません。さらに、コントラスト比が高く色表現が鮮明であり、輝度調整範囲が広いため、屋外での利用や車載・船載に最適です。また、従来の蛍光管バックライトを使用した液晶ディスプレイに比べ、特に低温環境においてその効力を発揮します。


2.製品特徴
○表示器の可能性を最大まで高めた画面作成ソフトウェア「GP−Pro EX」
 スムーズな作画オペレーションを可能にし、多くの機能を盛り込んだ「スイッチ機能」(プログラムを設定したパーツも無料でダウンロード可能)や、多国語言語の表示・入力など、一貫したイージーオペレーションを実現します。さらに、検索機能やデータコンバート機能など、様々な作業効率を向上する高機能を搭載しています。

○あらゆる周辺機器との高い親和性
 PLCなど多くの制御コントローラに対する豊富な通信ドライバをサポートしており、多彩な機器の一元管理が可能です。また、USBホストインターフェイスをはじめ、イーサネットインターフェイスや、CFカードインターフェイス、SIOインターフェイスなどを標準装備し、周辺機器との高い親和性が実現できます。

○快適な操作環境と演算処理能力を実現
 画面表示速度や画面切り替え、応答速度などの高速演算処理を可能にする64ビットRISC CPUを採用し、ストレスのない快適な操作環境を実現します。


3.販売価格
 298,000円


4.販売目標台数(初年度)
 10,000台
posted by キャンドルチャート at 22:15| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、ノルウェー国家プロジェクトHyNor(ハイノール)に参画し、 2008年夏から水素ロータリーエンジン車をノルウェーに納入

 マツダ株式会社(以下、マツダ)とHyNor(ハイノール、Hydrogen Road of Norway)は、水素燃料と水素自動車の展開と開発を促進する目的で協力活動を行うことに同意し、本日駐日ノルウェー王国大使館(東京都港区)にて調印式を行った。オーゲ・B・グルットレ(Age B. Grutle)駐日ノルウェー王国大使とマツダの井巻久一代表取締役会長社長兼CEO同席のもと、HyNorのウルフ・ハフセル(Ulf Hafseld)会長とマツダの金井誠太取締役専務執行役員(研究開発担当)は、水素経済開発のための協力と支援に関するマツダとHyNor間の覚書に署名した。この覚書により、マツダは2008年夏から水素ロータリーエンジン車「マツダRX−8ハイドロジェンRE」30台をHyNorに順次納入する予定。海外への同車の納入は今回が初めてとなる。

 オーゲ・B・グルットレ駐日ノルウェー王国大使は、以下のように語っている。「このたびマツダとHyNorが協力活動に合意したことを大変歓迎している。これは、HyNorが世界の水素技術開発において重要な役割を担っているとマツダに認められた結果だろう。HyNorとマツダのパートナーシップにより、水素社会構築をはじめとする気候変動緩和へ向けたノルウェーと日本の共同研究開発に弾みがつくであろう。イノベーション・ノルウェーとノルウェー・リサーチ・カウンシルが協力し、これらの取り組みを支援することがノルウェー王国大使館の最優先課題である」

 ウルフ・ハフセル会長は、「今回、マツダと合意に至り、調印式を迎えられたことをHyNorとしても大変喜ばしく思う。この共同プロジェクトにより、ゼロ・エミッション燃料である水素の導入が加速するだろう。実現可能性の高い内燃機関技術を採用することにより、水素社会の実現へ向けて水素インフラの整備に弾みをつけることができる。HyNorはカーボンニュートラルなインフラに注力している。マツダの車を使用することで、二酸化炭素を全く排出しない水素を燃料とすることができる」と述べた。

 マツダの金井専務は、「今回の調印でマツダ初の水素RE車海外展開が決定したことは、われわれの水素自動車開発にとって大きな進歩である。ノルウェーは水素社会実現に最も近い国のひとつともいえる。HyNorとノルウェーの水素経済開発に共同で取り組み、水素エネルギー社会の実現に貢献したい」と語った。

 HyNorとは、スタバンゲル市〜オスロ市間を結ぶハイウエーの各拠点に水素ステーションを設置し、全長580kmを水素自動車で走行可能にすることを目指したノルウェーの国家プロジェクトである。このプロジェクトは、各地の状況に適合しながら水素社会の開発に必要なあらゆる取り組みを行っている。バス、タクシー、乗用車など交通手段と都市、都市間、地方、長距離国内交通など交通システムの変革を予定している。マツダは2006年8月にHyNorプロジェクトの一環として造られたノルウェー初の水素ステーションの開所式に参加し、「RX−8ハイドロジェンRE」初の海外デモ走行を行っている。
posted by キャンドルチャート at 22:00| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不二家洋菓子製品の価格改定のお知らせ

(クリスマス商品は現行掲示価格からの変更はありません)


 株式会社不二家(本社:東京都中央区、社長:櫻井 康文)は、不二家洋菓子店舗及び不二家レストランで販売しております洋菓子製品の一部の価格を、2007年12月1日(土)より順次改定させていただきます。

 生クリームやチーズなどの乳製品、小麦粉、バターなどの油脂類、チョコレート原料など洋菓子の原材料価格は大幅に引き上げられ、また、原油価格高騰に伴う包装資材の価格上昇も相次いでおります。このような状況の下、弊社としては価格維持の努力を重ねてまいりましたが、この上昇傾向は中長期的に続くことが予測され、引き続き現在の品質を維持するために、下記の通り一部の洋菓子製品の価格改定を実施させていただきます。

 改定実施日は、生クリームINカスタードシュークリーム、まろやかマロンモンブラン等17品目は2007年12月1日(土)より、クリスマスの主力商品であるショートケーキ、チョコ生ケーキ等29品目はクリスマスセール終了後の2007年12月28日(金)よりとなります。

 現在、パンフレット等でご案内しておりますクリスマス商品については、現行掲示価格よりの変更はありません。
posted by キャンドルチャート at 21:53| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱重工業。ブラジル電力公社向け上部原子炉容器を受注

初のブラジル向け原子力設備輸出

 三菱重工業は、ブラジル電力公社のエレトロニュークリア社(Eletrobras Termonuclear S.A. Eletronuclear)からアングラ原子力発電所1号機(PWR)の取替用上部原子炉容器(RVH)1基を受注した。日本のメーカーがブラジル向け大型原子力設備を受注するのは今回が初めてで、引渡しは2010年4月の予定。

<取替用上部原子炉容器>
 ※ 関連資料参照

 今回受注した取替用RVHは、リオデジャネイロの西方130kmに位置する同社所有のアングラ原子力発電所1号機に設置される。同原子力発電所は電気出力65万7,000kW、1980年代半ばに営業運転を開始したプラントで、今回のRVH取替は、信頼性と経済性を向上させるのが狙い。
 エレトロニュークリア社は、ブラジル政府と国立銀行が株式の60%超を保有するブラジル中央電力公社(Centrais Eletricas Brasileiras S.A.)の子会社。原子力発電所はアングラ1号機のほか、2号機も所有、運転している。

 取替用RVHは、低合金鋼製の大型機器で、製作は当社神戸造船所が担当する。

 ブラジルでは、経済規模の拡大に伴い、電力の安定供給が課題となっており、環境問題や安全保障の観点から原子力発電の再評価が急速に進んでいる。それに伴い、新規原子力プラントの建設機運が高まる一方、既設プラントでは寿命延長計画に基づく大型設備の取替商談が活発となっている。今回のRVH取替もその一環で、同国の安定的な電力供給に貢献する。

 当社は世界の主要な原子力市場に対し、独自に主要機器の拡販に取り組んできており、取替用RVHでは、米国向け15基をはじめすでに多数の輸出実績を持つ。今回の成約は、これらの豊富な実績と、品質・納期を含めた高度な技術力が高く評価されたことによる。

 ブラジルをはじめとする南米各国は、世界的な原子力再評価機運の高まりを背景に、原子力発電拡大に積極的となりつつあるが、当社は今回の受注を足掛かりとして、今後も、この地域の客先との良好な関係を維持・発展させながら、一層の事業拡大をはかっていく。 
posted by キャンドルチャート at 21:50| プレスリリース・重電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸紅。株式会社ソルクシーズとの資本・業務提携に関するお知らせ

 丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、株式会社ソルクシーズ(以下「ソルクシーズ」)との間で資本・業務提携を行うことで合意致しましたのでお知らせいたします。

 丸紅のITソリューション事業は、グループ会社を主体に、流通・製造・サービス業界を中心とする様々なお客様に対し、顧客満足度の高いシステム構築・運用・保守などの各種サービスを提供しておりますが、一層の事業拡大を目指す上で、金融分野への展開強化を課題としておりました。

 一方でソルクシーズは、金融業界向けのシステム開発を主事業として、証券・銀行・生損保、クレジットカード・信販などの分野で高度な業務ノウハウを蓄積して業績を伸ばし又、通信系・基盤系の分野での専門ノウハウが高く評価されコンサルティング業務へも進出して業容を拡大しておりますが、更なる収益力増強を目指し、受託開発以外の事業の強化・拡充にも努めています。

 今回の提携は、丸紅グループの持つ、データセンターやアウトソーシングサービス、各種プロダクト・ソリューションの開拓・提供力に加え、総合商社としての多岐に亘る営業網や事業ノウハウがソルクシーズの事業強化・拡充に資するばかりでなく、同社の持つ各分野における高度な業務ノウハウやサービスが、丸紅グループ既存のITソリューション事業とのシナジー効果を生み出し、当社IT関連事業の拡大に貢献するものと期待しております。

 具体的な施策については今後両社間で検討致しますが、両社は中長期的な資本関係の維持を前提とし、両社の成長を更に加速すべく、以下の協力を行なうことで合意しております。


(1)営業、システム開発など業務面での相互協力
(2)相互のM&A戦略推進への協力
(3)相互の人材確保への協力
(4)その他、(1)〜(3)に付随する諸事項に関する協力


 丸紅は、ソルクシーズの現株主数名よりその保有する同社普通株式合計99万株を譲り受けるとともに、平成19年11月21日に同社が実施する第三者割当増資(詳細は同社が本日発表している「第三者割当による新株式発行に関するお知らせ」をご参照下さい。)による125万株を引き受けることで資本提携を致します。この結果、当社は同社普通株式を224万株保有することとなり、SBIホールディングス株式会社に次ぐ同社の第2位の株主となる予定です。
posted by キャンドルチャート at 08:00| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和ハウス工業。関西国際空港対岸のりんくうタウンに大型複合商業施設が誕生

「りんくうプレジャータウンSEACLE(シークル)」オープン


 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)は2007年12月8日(土)、関西国際空港対岸のりんくうタウンにおいて、大型複合商業施設「りんくうプレジャータウンSEACLE(シークル)」をオープンさせます。

 当社では「人・街・暮らしの価値共創グループ」を目指し、新しい時代の暮らしのあり方と快適な環境づくりを追求し続けています。なかでも1977年、時代に先駆けて展開してきた流通店舗事業は、30年の歴史とともに全国3万件以上の実績を積み重ね、当社の基幹事業の一つにまで成長しました。
 大和ハウスグループは、「地域」と「人」と「環境」に配慮した大型複合商業施設づくりを通して、新たなショッピング環境を創造し、地域の活性化をめざしています。
 「りんくうプレジャータウンSEACLE」は、日本初の24時間空港である関西国際空港の対岸に位置し、日本の玄関口のショッピングセンターとして、また、大阪府南部地域に密着した関西を代表する大型複合商業施設としてオープンします。

【ポイント】
 1.子どもから大人まで毎日楽しめる大型複合商業施設
 2.仕事をテーマとした体験型子どもテーマパーク
 3.関西圏最大級の大型観覧車
 4.24時間温浴可能なスパリゾート(※1)

※1.温浴スパ施設は2008年春にオープン予定です。


■「りんくうプレジャータウンSEACLE」の特長
 「りんくうプレジャータウンSEACLE」は、核テナント6店舗、小型店舗78店舗、計84店舗が組み合わされた大型複合商業施設です。エンターテイメント性とデイリー性を兼ね備え、子どもから大人まで毎日楽しめる施設を目指しました。
 開発コンセプトは「地域、広域、世界に通じる心豊かなまちづくり」としました。周辺地域の日常のニーズを満たすため、デイリー性を基本としながら、エンターテイメント性やキッズ&ファミリーにも対応できるようにしました。平日は近隣から、週末は広域から集客できる施設です。
 JR関西空港線・南海電鉄空港線のりんくうタウン駅に直結し、「りんくうプレミアム・ア
ウトレット」にも歩道橋(※2)で行き来することができるなど、近隣の商業施設と一体化することにより、南大阪圏内最大級の商業ゾーンになります。
 そのため、隣接する「りんくうプレミアム・アウトレット」、家具の「ニトリ」、スポーツショップの「スポーツデポ」、大型家電量販店の「ヤマダ電機」と店舗の補完、棲み分け、連動して集客することで相乗効果を図ります。
 また、当施設では環境にも配慮し、当社のグループ会社である大和エネルギー株式会社販売の「風流鯨(かぜながすくじら)」も設置。CO2削減とともに電力負荷の低減にも寄与しています。

※2.「りんくうプレジャータウンSEACLE」と「りんくうプレミアム・アウトレット」を結ぶ歩道橋は2008年春以降に完成の予定です。完成後は、両商業施設2階から横断歩道を渡ることなくスムーズに施設間を行き来することができ、周辺道路の渋滞緩和にもつながります。


■立地について
 当地には1994年から2004年まで、遊園地「りんくうパパラ」がありました。閉園後、2005年12月、大阪府企業局(現:住宅まちづくり部)の「りんくうタウン駅南側エリア開発事業」のコンペに当社を含め3社が応募しました。そして2006年1月、大阪府企業局立地審査委員会の審査において当社が最優秀提案者に選ばれ、当施設を開発することになりました。
 当該施設は「りんくうタウン駅」前南側に位置し、大阪府所有の土地71,700m2(21,689.25坪)を2027年までの20年間、事業用定期借地契約を締結して土地を賃借。2007年5月より工事に着手しました。
posted by キャンドルチャート at 01:13| プレスリリース・建設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。