2007年11月21日

中外製薬、ヒト化抗ヒトIL−6受容体モノクローナル抗体「アクテムラ(R)」 米国における関節リウマチの承認申請について

 中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)およびF.ホフマン・ラ・ロシュ社[本社:スイスバーゼル市/会長兼CEO:フランツ B.フーマー](以下、ロシュ)は、ヒト化抗ヒトIL−6受容体モノクローナル抗体『アクテムラ(R)』[一般名:トシリズマブ(遺伝子組換え)]につき、中等度から重症の関節リウマチの症状改善を適応症とする生物学的製剤承認申請書(Biologics License Application)を米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)に提出しましたので、お知らせします。

 『アクテムラ(R)』は、日本で創製された初めての抗体医薬品として大阪大学と中外製薬によって開発されました。マウスで作製された抗ヒトIL−6受容体モノクローナル抗体をもとに、遺伝子組換え技術により産生されたヒト化モノクローナル抗体であり、IL−6とその受容体の結合を競合的に阻害することによってIL−6の生物学的作用を抑制し薬効を示します。

 国内では希少疾病用医薬品として、2005年4月に世界初のキャッスルマン病治療薬として中外製薬が製造販売承認を取得し、同年6月に発売しました。また、2006年4月には、関節リウマチおよび全身型若年性特発性関節炎の適応症で効能追加の申請を行っています。
 海外では、中外製薬とロシュの共同開発により、世界40カ国、4,000名を超える規模の5本の第III相臨床試験およびそれらの継続試験を実施しています。この度、このうち4本の試験結果、1本の試験および継続試験の中間解析の結果をもって、米国でFDAに申請を行うに至りました。

 関節リウマチは、多発する関節炎と進行性関節破壊を主症状とし、米国では数百万人が罹患していると報告されている原因不明の全身性炎症疾患です。

 なお、欧州では、12月上旬に承認申請を行う予定です。
posted by キャンドルチャート at 22:06| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワコムのサイン入力用液晶ペンタブレット、 独ベルリン州立銀行のデジタル署名システムとして稼動開始

 株式会社ワコム (本社:埼玉県北埼玉郡、代表取締役社長:山田正彦)はこのほど、液晶画面に電子ペンでサインを直接手書き入力できるサイン入力用液晶ペンタブレット「STU−500」の開発を完了しました。

 また、今般、ドイツ・ベルリン州立銀行(Berliner Sparkasse)の基幹業務において同製品が採用されることになり、受注生産を開始しました。同行は、顧客が口座開設や取引を行う際に、電子ドキュメントにサインを書き入れる用途でワコム「STU−500」を使用します。

 同行はこのデジタル署名システムの導入にあたり、さまざまなタイプの入力デバイスをテストしてきました。セキュリティ性能、書き込みやすさ、表示文字の見やすさ、デザインなどの機能とコストを総合的に判断した結果、ワコム「STU−500」を導入することに決めたとしています。同行では、本年12月より各支店のカスタマーサービスセンターにワコム「STU−500」を設置する予定です。

 ワコム「STU−500」は、コンパクトな反射式5インチTFT液晶ディスプレイを搭載したタブレットと、コードレス・電池レスの電子ペンで構成されます。同行が今般導入するシステムは、ワコム「STU−500」とドイツ電子認証アプリケーション大手Softpro (ソフトプロ)社の電子サインソフトウエア「SignDoc (サインドック)」と連携させたものとなっています。

 本システムは、今まで紙に手書きで行っていたサインをデジタル署名システム化することにより、高いセキュリティレベルのペーパーレス環境を実現します。また、紙のプロセスの削減により業務処理が迅速になるため、ビジネスプロセスのスピードアップとコストの削減を可能としています。

 近年の欧米諸国では、金融機関における業務プロセスのペーパーレス化、カード決済のペーパーレス化が進んでいます。当社ではこれらの用途の他、保険や医療などの分野でもペンタブレット・液晶ペンタブレットを使用した電子サイン、電子認証システムの導入が今後広がると見込んでいます。今後もさまざまな関連ソリューションを開発して販売拡大を狙います。

ワコム「STU−500」の主な特長
・ 本機は高精度の読取機能を持つため、サイン固有のさまざまな特徴を捉えて、高度な個人認証を行なうために必要な情報を正確に取得することができます。
・ 本機内部に、操作が行なわれた時刻、場所などの情報を記録できるデータ領域を持っています。この機能により、署名にこれらのデータを組み合わせて活用することができるため、なりすましなどの不正も容易に見破ることができ、高いセキュリティ性を保つことができます。
・ VGA解像度(横640 x 縦480ピクセル)の反射型5インチTFTモノクロ液晶ディスプレイを搭載しています。このディスプレイでは、紙への書き心地に近づけるとともに、画面の表面や反射のコントラストを工夫することにより、表示されるサインも見やすくなっています。


【ワコムについて】
 株式会社ワコム(東証一部:6727)は、米国、ドイツ、中国、韓国、オーストラリア、シンガポールを拠点としてグローバルにビジネスを展開し、世界150カ国以上に製品を提供しています。1983年の設立以来、自然なインターフェイス・テクノロジーによる人とテクノロジーの融合というビジョンを基盤にビジネスを展開し、ペンタブレット、液晶ペンタブレットをはじめとするデジタル・インターフェイス・ソリューションの世界トップ・メーカーとして広く認められています。

 当社の入力デバイスは、先進テクノロジーを基盤にして直観的で使いやすく開発されており、デジタル・アート、映画、CG、ファッション、工業デザインなど、幅広い分野に渡り世界中で優れた作品を生み出す重要な役割を果たしています。さらに、ビジネスやコンシューマーが自分自身の個性を表現できるツールも提供しています。当社のコードレス、電池レスの筆圧機能付き電子ペンは、世界で数百万人のユーザーに利用されています。

 また、デジタル・インターフェイス・テクノロジーの一つ「Penabled(r)(ペナブルド)」もPCメーカーなどの戦略パートナーに提供しています。高度な機能と卓越した信頼性を兼ね備えた「ペナブル・テクノロジー」は、ほとんどのタブレットPCに採用され、質の高い電子ペン環境を提供する基盤となっています。さらに、最先端のモバイル機器でもペナブル・テクノロジーは欠かすことのできない重要な役割を果たしています。
posted by キャンドルチャート at 21:56| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和電工、2007年第3次有機化学製品の国内販売価格改定について

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、酢酸、酢酸ビニル、酢酸エチル、アリルアルコールの国内販売価格について、本年3回目の改定を次のとおり行うことを決定し、このたび、お客様との交渉を開始いたしました。

1.価格改定の内容
(1)値上げ幅
 酢酸          6円/kg
 酢酸ビニル      8円/kg
 酢酸エチル      8円/kg
 アリルアルコール 10円/kg

(2) 実施時期
 2007年12月11日出荷分より

2.価格改定の背景
 上記製品の国内価格改定は、本年4月と6月に実施させていただきました。前回6月の価格改定の前提となる第3四半期(7月〜9月)の国産ナフサ価格予想は、60,000円/キロリットルでしたが、その後もナフサ価格の騰勢は止まらず、2008年の第1四半期(1月〜3月)については、65,000円/キロリットル以上と見込まれます。これによる主原料エチレン・プロピレンのコスト上昇は避けられず、また電力や蒸気等のユーティリティコストも一段の上昇が予想されています。
 当社は合理化等によりコストアップの吸収に努めてまいりましたが、当社のエチレン・プロピレン誘導品であるこれらの製品の安定供給体制を維持するためには、お客様にその一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。
posted by キャンドルチャート at 21:51| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。