2007年11月28日

三菱自動車、2008年デトロイトモーターショーでコンセプトカー『MITSUBISHI Concept−RA』を世界初披露

 三菱自動車と、同社の米国製造・販売会社である北米三菱自動車株式会社(MMNA: MITSUBISHI MOTORS NORTH AMERICA, Inc. 在米国カリフォルニア州サイプレス)は、2008年1月13日(日)から27日(日)[一般公開は19日(土)から]まで米国デトロイトのコボ・センターで行われる北米国際自動車ショー(North American International Auto Show 通称デトロイトモーターショー)に、同社のクルマづくりの柱である「走る歓び」と「環境への貢献」を具現化したコンセプトカー『MITSUBISHI Concept−RA』を世界で初めて披露する。

 『MITSUBISHI Concept−RA』は、「走る歓び」と「環境への貢献」を具現化するコンセプトカーとして『ランサーエボリューションX(テン)』(海外向けの車名は『LANCER EVOLUTION』)にも搭載している車両運動統合制御システム「S−AWC(Super All Wheel Control)」や、高効率トランスミッション「Twin Clutch SST(Sport Shift Transmission)」に加え、高出力、高効率の新開発クリーンディーゼルエンジンを採用する。

 『MITSUBISHI Concept−RA』に搭載するS−AWCは、『ランサーエボリューションX』に搭載されている「ACD[*1]」「AYC[*2]」「スポーツABS[*3]」「アクティブスタビリティコントロール(ASC)[*4]」に加え、「アクティブステアリング」「アクティブダンパー」を追加。これらを統合制御することで4輪の駆動力、制動力を高度にコントロールし、通常走行から緊急回避時まで様々な走行状況で駆動性能、旋回性、安定性を向上させ、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現する。

 MIVEC[*5]機構、コモンレールとピエゾ式インジェクターによる燃料噴射装置の採用などにより低圧縮比が可能となり、更に、最適な過給圧の得られるVD(Variable Diffuser)/VG(Variable Geometry)ターボを搭載することで、高出力(最高出力:150kW(204ps)、最大トルク:420Nm(42.8kgm)、高効率、そして、排出ガス性能にも優れた2.2L 直列4気筒 DOHC 16バルブのクリーンディーゼルエンジンを採用。米国の排出ガス規制「Tier2 Bin5」への対応を視野におき、DOC(Diesel Oxidation Catalyst)およびNTC(NOx Trap Catalyst)、DPF(Diesel Particulate Filter)を組み合わせた新たな触媒システムを採用する。

 さらに、ボディ構造は、軽量化と衝突安全性能向上を狙いとしたアルミ押し出し材とアルミダイキャスト材を組み合わせたアルミスペースフレーム構造と、フード、フェンダーなど外板部分には、耐衝撃性、リサイクル性に優れた樹脂外板を組み合わせて採用した。
posted by キャンドルチャート at 23:26| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安川電機、サービスロボット「SmartPalV(スマートパル ファイブ)」を開発

− 腰部ユニットの追加で作業可能範囲を拡大 −


 株式会社安川電機(取締役社長 利島 康司)は、これまで開発を進めてきた次世代ロボットSmartPalに、さらに機能を向上させたサービスロボット(非製造業用業務支援ロボット)「SmartPalV(スマートパル ファイブ)」を開発しました。


1.開発のねらい
 近年、少子高齢化による深刻な人手不足が懸念される一方、「快適」「便利」「安全」といった生活の質的向上が求められています。当社は、非製造業分野に向けたサービスロボットの開発を進め、サービスロボットによる業務負荷、業務コストの低減を通して、生活の質的向上に寄与したいと考えております。
 このような観点から、当社では従来よりサービス用途を想定した次世代ロボットSmartPalを開発し、機能向上を進めてまいりました。このたび、機能向上とともに、腰部ユニットの追加により作業可能範囲を拡大させたサービスロボット(非製造業用業務支援ロボット)「SmartPalV(スマートパル ファイブ)」を開発しました。

<「SmartPalV外観」>
 ※ 関連資料参照


2.SmartPalVの主な特長
 SmartPalVは、これまでのSmartPalに比べ以下の点を改善しています。

・腰部ユニットの追加
 SmartPalは、腕部や手部、移動部などの機能単位でユニット化され、容易に追加・変更が可能な構成になっています。これは、用途に適したユニットを組み合わせることで、非製造業分野の多様なニーズに柔軟に対応できるようにするためです。SmartPalVでは、これに新たに腰の屈曲動作を可能にする腰部ユニットを追加しました。これにより、床に置かれた物を取ることができるなど、可能な作業範囲が大幅に拡大されました。

・体型のスリム化
 人間と共存するサービスロボットは、周囲に威圧感を与えないスリムな体型であることが必要です。SmartPalVでは、内蔵するアクチュエータやサーボドライバのさらなる小形化により、体型のスリム化を図りました。特に胴体は従来のSmartPalに比べ体積比1/2となっています。


3.主な機能
(1)腕部
 物をつかんだり運んだりするための2本の腕です。一般の産業用ロボットよりも1つ多い7つの関節により、人の腕と同様の自由な動きを実現しています。

(2)手部
 腕部の先端に装着され、物を直接つかむ手です。1関節のグリッパ、または3指9関節の多指ハンドのいずれかが装着可能です。

(3)移動部
 建物内を自由に移動できる車輪機構です。3軸の車輪によって、前後・旋回だけでなく横や斜めなど全方向に自由に移動できます。

(4)腰部
 今回新たに追加された,腰部の屈曲動作を可能にする関節機構です。2つの関節により腰部を屈曲させることにより、床に置かれた物を取ることができるなど、作業範囲が大幅に拡大されました。

(5)コミュニケーション機能
 人と簡単に情報交換するための機能です。マイク入力による音声認識と、スピーカ出力による音声合成により簡単な会話が可能です。

(6)環境認識機能
 まわりの状況や物を認識するための機能です。胴体に搭載されたCCDカメラの画像を予め教えられた画像と照合することにより、つかもうとしている物がどこにあるかを検出できます。
 また、距離センサによって周囲の物体との位置関係を認識することができます。
(7)通信機能
 遠方にいる他のロボットや、エレベータ等の周辺装置と情報交換するための機能です。無線通信ネットワークを用いることで、2台以上のSmartPalが協調して動作することもできます。
posted by キャンドルチャート at 23:24| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤフー株式会社との事業提携に関する合意について

 株式会社マスチューン(以下「MT」、本社:東京都文京区、代表取締役社長兼CEO:瓜生憲)は、ヤフー株式会社(以下「ヤフー」、本社:東京都港区、代表取締役社長:井上雅博)と、ヤフーが運営するウェブサイト「Yahoo! JAPAN」上のファイナンス関連情報提供サービス『Yahoo!ファイナンス』及びMTの運営する個人投資家向けコミュニティサイト『みんなの株式』の相互連携を中心とした事業提携を実施することにつき、合意に至りましたことをお知らせ致します。
 ヤフー及びMTは、今回の合意により、リンク等を活用してユーザーによる両サイトの相互利用を促すことで、『みんなの株式』の利用者数の増大を図るとともに、両サイトの更なる利便性の向上を目的としたサービスの提供を進めてまいります。また同時にMTは、『みんなの株式』においてヤフーが提供するアド・ネットワークをはじめ、検索機能、ID連携、Yahoo!ウォレット・Yahoo!ポイントなど、ヤフーが提供するその他のサービス・機能を活用し、収益の最大化に努めます。『みんなの株式』は、「Yahoo!ファイナンス」との連携を通じ、更なる進化を遂げ、業界標準の投資家向けコミュニティへの成長を目指します。

『みんなの株式』サイトURL: http://minkabu.jp/
『Yahoo!ファイナンス』サイトURL: http://quote.yahoo.co.jp/

■『みんなの株式』(URL: http://minkabu.jp/ )の概要
 個人投資家の拠り所を目指して2007年4月25日よりオープンした株式に関するSNSです。『みんなの株式』は、日記やコミュニティといった通常のSNS機能に加え、「みんかぶPicks」と「みんかぶポートフォリオ」という独自機能を提供しています。「みんかぶPicks」は、会員同士が特定銘柄に対する株価動向予想を投稿・閲覧できるサービスです。『みんなの株式』のシステムが会員による予想と実際の株価の関係をトラッキングし、予想の精度をポイント化します。獲得ポイントは、該当する投稿者が過去に投稿した予想の精度を示し、ランキング形式で共有されます。「みんかぶポートフォリオ」は、会員による予想(「みんかぶPicks」)の実績と投稿者数を係数に、予想の集合知を形成し、共有するサービスです。これにより『みんなの株式』での注目銘柄が「買い」「売り」別に直感的に認識できます。
 『みんなの株式』は誰でも閲覧可能なオープン型SNSとなっておりますが、投稿の際には会員登録が必要となります。2007年11月28日現在で登録会員数は約6万人となっており、サイトの閲覧者はサービス開始後累計で約200万人となっています。
 『みんなの株式』は個人投資家向けコミュニティプラットフォームとして、既にカブドットコム証券株式会社並びにマネックス証券株式会社とID連携を実施しているほか、ソネットエンタテインメント株式会社とコンテンツ連携を実施しております。また同時に、テレビ東京ブロードバンド株式会社と共同で携帯電話版『みんなの株式』の開発を進めております。
posted by キャンドルチャート at 23:18| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。