2007年11月30日

丸紅、インドネシア共和国ムアラタワル・ガス火力発電所拡張事業(円借款)を受注

 丸紅株式会社(以下「丸紅」)はインドネシア国有電力会社(PT.PLN(Persero)、以下「PLN」)向けに、スイス最大手の重電機メーカーであるアルストム社(ALSTOM (Switzerland) Ltd.、以下「アルストム」)とコンソーシアムを組み、インドネシア共和国ジャカルタ近郊に位置するムアラタワル・ガス火力発電所拡張事業において、機器納入・建設工事を含む一括請負(フル・ターンキー)契約を受注しました。受注総額は約240億円、本プロジェクト建設資金は主に国際協力銀行の円借款により賄われます。

 本プロジェクトは、ジャカルタ近郊に位置するムアラタワール・ガス複合火力既設発電所内に新たに総出力約240MWのガス複合火力発電設備を増設するもので、丸紅はプラント補機及び土木建設・据付工事を取り纏め、主要機器はアルストムが供給、2010年6月の完工を予定しています。

 丸紅−アルストムのコンソーシアムは同発電所の1号及び2号設備(フル・ターンキー)を1997年に完工させており、また丸紅は同発電所以外においても同国最大のスララヤ石炭火力発電所(ジャワ島西)ボイラー、タンジュンプリオク複合火力発電所(ジャカルタ近郊)建設等多数の実績を擁し、同国の約25%(約6,000MW)の電力需給に寄与しています。又、現在もタラハン石炭火力発電所(円借款:南スマトラ)をアルストムとのコンソーシアムにて建設中であり、また、本年8月にはチレボン石炭火力発電所(ジャワ島西部)の事業権を獲得しております。このように数多くの発電所納入により築いてきたPLN社との信頼関係と、実績に裏づけされたプロジェクト・マネジメント能力及び競争力を高く評価され、今回の受注に結びつけたものです。

 インドネシアでは急激な経済発展に伴う電力需給の逼迫に対応するため、ジャワ島内外において大型発電所の新設案件が数多く見込まれております。丸紅は現在同国で計画されているタンジュンプリオク複合火力発電所拡張案件(円借款:ジャカルタ近郊)やスララヤ石炭火力発電所ボイラーリハビリ案件(輸出信用:ジャカルタ西部)への入札にも参加、受注を目指しており、今後も積極的にインドネシアにおける電力案件に取り組んでいく方針です。
posted by キャンドルチャート at 23:54| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アサヒビール、ビール、発泡酒、新ジャンル、ビールテイスト飲料の商品価格改定について

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、国内で製造するビール、発泡酒、新ジャンル及びビールテイスト飲料(※1)の生産者価格を、2008年3月1日(土)より改定させていただくこととしました。
 当社では、お客様に高品質で安心・安全な商品を安定的にご提供するべく、税制改正にともなう改定を除くと1990年3月以来これまで約18年間、ビール類商品(※2)の生産者価格を実質的に据え置いてきました。しかしながら、昨今、原材料価格が高騰し、企業努力のみで対応するには厳しい状況となったため、やむを得ず価格改定させていただくこととしたものです。
 (※1)輸入販売する、「バス ペールエール」「青島.酒」「ベル・ビュー クリーク」「レーベンブロイ アルコールフリー」は除く。
 (※2)発泡酒商品の発売は2001年より、新ジャンル商品の発売は2005年からとなります。
 
 当社では、高品質の商品を適正な価格で購入いただけるよう、製造・物流・営業・管理各部門で生産性の向上やコスト削減の取り組みを進め、経営合理化に努めてきました。
 しかしながら、昨年来、ビール類の主原材料である麦芽、とうもろこし等の副原料、アルミ缶資材、ダンボールカートンの価格が上昇し、当社の明年2008年の原材料価格等のコストアップ幅は、本年2007年のコストアップ想定額(70億円強)をさらに超える規模になる見込みとなっています。
 こうした原材料価格高騰の状況は、中期的に継続するものと推定されており、コストダウン等による企業努力のみで対応することは難しい状況です。
 
 このため、引き続きお客様に高品質の商品を安定的にご提供していくため、今回、やむを得ずビール、発泡酒、新ジャンル及びビールテイスト飲料の生産者価格を改定させていただくこととしたものです。また、価格改定実施に併せて、ビールテイスト飲料の希望卸売価格・希望小売価格の廃止を行ないます。

 アサヒビール(株)では、「最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求する」ことを理念に、今後とも、高品質な商品を通じて新たな価値をお客様に提供するとともに、いっそうの経営効率の向上に努力していく考えです。
posted by キャンドルチャート at 23:50| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士重工、新型インプレッサWRX STI発売後約1ヶ月間で 月販目標の4倍を超える受注を達成

 富士重工業が、10月24日に発売した新型インプレッサWRX STIの受注台数は、発売後約1ヶ月間(11月27日まで)で月販目標450台の4倍を超える1,867台となり、好調なスタートをきった。

 受注内容を見るとユーザーの年齢層では、30代ユーザーからの受注が約半数を占め、次に多い40代とあわせると受注総数の74.2%を占める。また、50代以上のユーザーからの受注は、受注総数の11.5%であった。
 男女比率では、受注総数の97.6%が男性からの受注であった。

 ボディ色で最も人気が高いのは、メイン訴求色であるダークグレー・メタリックが27.8%、ラリーカーをイメージさせるWRブルー・マイカが26.5%、次いでピュアホワイト13.5%、オブシディアンブラック・パール12.2%であった。

 メーカーオプションの装着率は、サイド部の高いサポートによってスポーツ走行時に優れたホールド性を実現するRECARO製フロントバケットシートが56.3%、軽さと強度を高いレベルでバランスさせたBBS製18インチ鍛造アルミホイールが31.1%、快適と安心に満ちたドライビングを実現するオーディオ一体型HDDナビゲーションシステム(SUBARU G−BOOK ALPHA対応)が14.3%であった。

 2007年6月に発売したインプレッサ「15S」、「20S」、「S−GT」は、「快適・信頼の新しい走り」を実現しながら、各々の個性を活かした乗り味を備えていることが高く評価され、発売以来、月販目標の2,500台を大幅に上回る平均約3,100台/月レベルの販売を続けている。

 今後、WRX STIの投入によって完成した“新型インプレッサシリーズ”として、さらなる受注の伸びを期待し、一層の拡販に努めていく。
posted by キャンドルチャート at 23:44| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。