2008年01月19日

オリンパス、〜専用試薬・ウェブサービスにより信頼性を高めた自動輸血検査装置「PK7300」を米国で発売〜

 オリンパス株式会社(社長:菊川 剛)は、専用試薬、ウェブサービスと一体で輸血検査をサポートする自動輸血検査装置「PK7300」を、2008年1月21日に米国で発売いたします。オリンパスが生化学分野で長年培ってきた、装置・試薬・メンテナンス・サポートサービスを一括して提供するソリューションビジネスを、輸血分野にも導入し、検査業務に一層貢献してまいります。

 「PK7300」は高速処理が特長で、1時間に最大300検体の血液型検査や梅毒などの感染症検査を行うことが可能です。本製品は2005年に日本で発売以来、欧州、アジアと販売地域を拡大し、今では20カ国以上における血液センターや検査センターなどの施設に導入されています。今回の米国での発売により、「PK7300」のグローバルな供給体制を築き上げるとともに、米国市場限定の専用試薬を取り揃え、装置との組み合わせでデータの信頼性をさらに向上させています。また、米国におけるIT化の進展と、医療費の増大を背景とした効率化のニーズに応えるため、試薬・消耗品の発注や在庫管理、トレーニングや技術情報の入手、装置のメンテナンスなどがウェブ上で可能となるサービスを標準で提供し、利便性を大幅に高めます。本製品の導入により、オリンパスは米国の輸血検査市場に貢献するとともに、当社がグローバルに展開している生化学・免疫検査と併せて検査事業の強化を図り、次世代医療を目指したライフサイエンス分野の取り組みに今後も一層注力してまいります。


【 米国での発売の概要 】

 製品名:OLYMPUS PRE−TRANSFUSION BLOOD TESTING SYSTEM「PK7300」
      (国内販売名: 自動輸血検査装置「OLYMPUS PK7300」)

 発売日:2008年1月21日


【 主な特長の概要 】

1.専用試薬の導入により、データの信頼性を向上

2.ウェブ上での試薬・消耗品の在庫管理や発注、トレーニングや技術情報の提供などのサービスによる利便性の大幅な向上


【 主な特長の詳細 】

1.専用試薬の導入により、データの信頼性を向上
 今回の「PK7300」発売に合わせ、調製不要な専用試薬(米国市場限定)を用意しているため、装置とのベストマッチングにより、データの信頼性をより向上させています。

2.ウェブ上での試薬・消耗品の在庫管理や発注、トレーニングや技術情報の提供などのサービスによる利便性の大幅な向上
 今回米国市場に導入する「PK7300」には、ウェブを通じて顧客をサポートするサービス「Olympus Partner Advantage (OPA)」が標準で提供されます。OPAにアクセスすることで、試薬・消耗品の発注に加え、試薬の購入履歴や使用率を含めた在庫管理も可能なほか、装置の操作や検査手順などのトレーニング、当社の検査装置や試薬のラインアップに関する最新の技術情報の入手も全てウェブ上で可能です。また、OPAにはネットワークサービス「Olympus SUPPORTVISION」もリンクしており、装置のリモートメンテナンスもインターネットを介して、24時間可能です。
posted by キャンドルチャート at 14:40| プレスリリース・精密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

JT、当社及び富士食品工業株式会社における資本及び業務提携について

 当社は、本日、富士食品工業株式会社(以下「富士食品工業」といいます。)との間で、資本及び業務提携を行うことについて合意に至りましたのでお知らせします。
 当社は、2008年4月1日をもって、富士食品工業の発行済株式総数の過半数を取得し、同社は当社連結子会社となる予定です。

 富士食品工業は、首都圏を中心に国内外6ヶ所の製造拠点を有し、国産初の「固形コンソメスープ」(1952年)や、「麺用粉末スープ」、「オイスターソース」(1958年)など、食のパイオニアとして常に時代をリードしてきた国内屈指の調味料メーカーであり、消費者ニーズを捉えた独創的な商品開発力や業務用調味料を中心とした堅実な実績を有しています。
 一方、当社の調味料事業は、「一番大切な人に食べてもらいたい」という基本理念に基づき、天然の食品素材であるパン酵母から抽出した「酵母エキスVertex」を中核に、トレーサビリティの明確な海外優良原料を使用した「各種抽出エキス(昆布、鰹、ポーク等)」等、付加価値の高い調味料の製造販売を通じて「新しい日本の味づくり」に挑戦しています。

 今回の提携により、原料調達、製造、販売における両社の経営資源を相互補完的に活用することが可能となり、調味料事業の更なる基盤強化を実現するとともに、両社共同での商品開発、販路開拓等を通じた一層の発展を実現することができます。当社グループでは、今後、富士食品工業を当社調味料事業の中核企業の一つと位置づけ、提携によるシナジー実現により、綜合食品メーカーとしての競争優位性の確立を目指してまいります。
posted by キャンドルチャート at 22:45| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DeNA、米国に子会社を設立

「モバゲータウン」のビジネスモデルを元に日本国外の市場を開拓


 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子、以下DeNA)は、2008年1月18日(金)に開催した取締役会において、アメリカ合衆国(以下「米国」)に子会社を設立することを決議しました。

 DeNAグループは、当社の主力事業であるケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」(12月末会員数:865万人 URL:http://mbga.jp)のビジネスモデルをもって日本国外の市場の開拓をはかるべく、インターネット関連企業の多くが拠点を置く、米国カリフォルニア州に子会社を設立しサービスを展開していきます。サービスの具体的な内容、開始時期等については、決定次第改めてお知らせします。

 ※会社所在地等の詳細は、別紙資料をご参照ください。


(別紙)


米国における子会社設立のお知らせ


 当社は、2008年1月18日開催の取締役会において、アメリカ合衆国(以下「米国」)に子会社を設立することを決議いたしましたので、以下の通りお知らせいたします。





1.設立の目的
 当社グループは、当社の主力事業である携帯総合ポータルサイト「モバゲータウン」のビジネスモデルをもって日本国外の市場の開拓をはかるべく、インターネット関連企業の多くが拠点を置く米国カリフォルニア州に子会社を設立しサービスを展開してまいります。
 サービスの具体的な内容、開始時期等については、決定次第改めてお知らせいたします。

2.新会社の概要

(1)商号         英文名:DeNA Global, Inc.(予定)  ※登記申請の過程で変更になる可能性があります。
(2)主たる事業内容  米国におけるモバイルサービスの提供
(3)設立年月日     2008年1月(予定)
(4)所在地        米国カリフォルニア州
(5)代表者        南場智子
(6)決算期        3月
(7)従業員        数2名
(8)資本金        50万USドル
(9)株主         株式会社ディー・エヌ・エー(100%)


3.今後の見通し
 新会社は当社の子会社となりますが、当社の業績に与える影響は現時点では不明であります。今後、業績に重大な影響を与えることが判明した場合には速やかにお知らせいたします。
posted by キャンドルチャート at 22:39| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国百貨店・売上高概況 平成19年12月 全国百貨店売上高概況

I.概況

 1.売上高総額    8,753億円余

 2.前年同月比    −2.3%(店舗数調整後/2か月ぶりマイナス)

 3.調査対象百貨店  93社 278店 (平成19年11月対比±0社0店)

 4.総店舗面積    6,812,541m2 (前年同月比:±0.0%)

 5.総従業員数    101,521人 (前年同月比:10.6%)

 6.3か月移動平均値 5−7月 −0.1%、6−8月 0.4%、7−9月 −2.1%、
            8−10月 −1.0%、9−11月 −0.9%、10−12月 −1.1%

 [参考]平成18年12月の売上高増減率は−2.3%(店舗数調整後)


【12月売上の特徴】

 2か月ぶりに前年同月比マイナスとなった。
 12月は全般的に不安定な天候・気温状況であったことや、年明けからのクリアランスセールを前にした顧客の買い控え心理もはたらいて、コート・ジャケット等の重衣料を中心とした冬物商材の動きが鈍かった。また、11月には好調だった歳暮やおせち受注も12月に入ってその反動があったほか、円高・株安・原油高といった国内経済、特に個人消費へのマイナス要因が昨年後半から日を追って顕著となり、景気の先行き不安等から、顧客の購買心理に影響し始めたと分析する見方もでてきている。
 結果として、賑わいを見せたクリスマス関連商戦や一部店舗の改装効果、さらに土曜日の昨年比1日増(三連休)などプラス要因もあったが、前年実績を下回ることとなった。
 なお、平成19年年間売上合計は7兆7,052億円余、昨年対比−0.5%とほぼ同水準ではあるが僅かに前年をクリアできなかった。マイナス幅は改善した。(平成18年年間:−0.7%)


【要因】

(1)天候:気象庁発表「12月の天候」の特徴は以下のとおり(一部抜粋)
 ◇冬型の気圧配置となる日は少なく、低気圧や気圧の谷が通過することが多かった。このため、日本海側では曇りや雨または雪の日が多かった。気温は北日本では平年並みだったが、それ以外では高かった。

(2)営業日数増減 31.0日(前年同月比±0.0日)

(3)土・日・祝日の合計 11日( 〃 +1日/土曜1日増)

(4)入店客数増減(回答店舗数で見る傾向値/前年同月比)
 1.増加した:25店、2.変化なし:60店、3.減少した:65店、4.不明:42店

(5)12月歳時記(クリスマス、歳暮、天皇誕生日、冬至、大晦日)の売上(同上)
 1.増加した:14店、2.変化なし:69店、3.減少した:34店、4.不明:75店

(6)翌月売上見通し(回答店舗数で見る傾向値)
 1.増加する:15店、2.変化なし:101店、3.減少する:23店、4.不明:53店


●全国百貨店 売上高速報 2007年12月

 *関連資料参照


II.地区別の動き

 1.10都市売上動向      −1.8%(店舗数調整後/2か月ぶりマイナス)

 2.10都市以外の地区売上動向 −3.2%(  〃  /6か月連続マイナス)


●地区別売上前年比の寄与度とトレンド

 *関連資料参照


III.商品別の動き

 主要5品目は、すべてマイナスとなった。化粧品・菓子は前年比較を開始して以来12か月連続プラス。また、家電が2か月連続、生鮮食品が8か月連続プラスとなった。
posted by キャンドルチャート at 22:33| プレスリリース・小売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

マルハ、すりみ価格上昇に伴う練り製品の価格改定について

 マルハ株式会社(取締役社長 五十嵐勇二)は、高品質で安全安心な商品を安定的にお客様へお届けすべく、生産者価格を据え置いてきましたが、2008年3月1日から練り製品(ちくわ等)の価格を下記の通り改定させていただくことを決定しました。
 当社は工場の生産性の向上や、様々なコスト削減に努めてきましたが、主原料であるすりみは、欧米諸国における白身魚の需要拡大による供給量減少、漁船燃油価格の上昇などの要因で、前年対比で20%以上高騰しています。又、副原料の包装フィルムや段ボールの価格も高騰するなど、企業努力によるコスト削減だけで対応するには、非常に厳しい状況になっております。
 以上の状況に鑑み、今後も引き続き、経営の効率化によるコスト削減には最大限の努力をしてまいりますが、高品質で安全安心な商品を安定的にご提供していくため、ちくわをはじめとする練り製品の価格を改定させていただくことを決定しましたので、何卒ご理解のほど宜しくお願いします。
 マルハニチログループは「世界においしいしあわせを」をグループスローガンに掲げ、今後とも安全安心な食品を提案してまいります。

  記

製品群       練り製品
改定内容     希望小売価格(税別)の約10〜15%値上げ
改定時期     2008年3月1日(土曜)店着分から
主な対象製品  マルハのちくわ、鯛入りちくわ(3本)他21品目
posted by キャンドルチャート at 16:57| プレスリリース・水産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ユニシス、病院向けに「UniCare(R)/看護必要度管理システム」販売開始

看護必要度の集計を容易に行い、適正な看護師配置を安価で短期間に導入


 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、総合医療情報システムUniCareシリーズ(注1)に、このたび新たなモジュールとして医療機関の一般病棟入院基本料に関わる「看護必要度(注2)」を容易に登録・集計できる「UniCare/看護必要度管理システム」を開発、本日から販売開始します。出荷は、2月中旬からを予定しています。

 厚生労働省は、平成20年4月を目標に診療報酬体系の見直しを進めています。その結果、医療機関は一般病棟入院基本料を申請するために、全ての入院患者の「看護必要度」の管理が必要となり、患者ごとに「看護必要度」の高低を評価し、看護師の適正な配置と看護サービスの配慮が医療機関に求められます。

 「UniCare/看護必要度管理システム」は、病院におけるこれまでの要求を踏まえ、特に操作性、集計機能の強化に主眼をおき開発したもので、安価で短期間に導入できます。なお今回提供するシステムは、現在の「重症度・看護必要度」に係る基準に基づいた評価項目であり、平成20年度の改定内容が決まり次第、速やかに改定対応版を提供する予定です。


 医療機関向け「UniCare/看護必要度管理システム」の特徴は以下のとおりです。

1.優れた操作性・運用性を持った入力・表示機能
 診療科、病棟、担当看護師チーム、担当看護師など多様な切り口から入力対象患者を絞り込め、看護サービスの量を評価する「A得点」「B得点」「その他」の評価項目が簡単に入力できます。また、前回入力データのコピー機能、一時保存機能、複数患者の連続入力などから効率的に登録できます。

2.豊富な帳票出力と統計機能
 カルテ保存用として、退院時および月末在床者を対象に各種帳票出力はもとより、入力されたデータをもとに、術式別統計や病名別統計など多様な観点からの集計機能を提供します。

3.既存ネットワークを利用しWeb環境で提供
 利用者側は、Microsoft(R) Internet ExplorervとAcrobat(R) Reader(R)のみで稼働します。

4. 入力負荷を軽減する外部データ取り込み機能
 既存の病院情報システムから、患者・病棟情報などを取り込むことにより、入力負荷を軽減します。 

5. データの二次加工機能
 入力されたデータは、任意にCSV形式で出力できるため、利用者側で各種加工ができます。

 「UniCare/看護必要度管理システム」のライセンス価格は、50万円〜(病床数により異なる1病院ライセンス/消費税別)。今後2年間で1000ライセンス、7億円の売上を目指しています。なお販売に際しては、代理店販売も行います。
posted by キャンドルチャート at 12:06| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビール酒造組合、ビール市場動向レポート(平成19年12月分)

<当月のビール市場について>

12月は104.1%と単月としては昨年一年間で最高の伸びとなった。業務用市場が104.4%となっており、特に樽生が106.9%と好調であった。家庭用市場も104.0%と前年を上回った。

1月〜12月累計では99.1%となっているが、家庭用市場は100.6%と前年を上回った。
posted by キャンドルチャート at 12:01| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力、平成20年1月17日の日本経済新聞報道「KDDI 中部電の光通信 買収」について

 当社は、かねてより当社グループの情報通信事業について、経営のあらゆる面から検討を重ねているところであります。

 しかしながら、本日報道されているようなKDDI株式会社殿による当社の光ファイバー通信事業の買収については、現段階で決定していることはありません。
posted by キャンドルチャート at 11:57| プレスリリース・電力、ガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI、1月17日付の日本経済新聞の報道について

 1月17日付の日本経済新聞において、当社が中部電力からCTC株式の8割強を500億円弱で買収するとの報道がありました。

 当社は、今後の固定通信事業の戦略について、様々な観点から検討していますが、現時点では何も決まっていません。
posted by キャンドルチャート at 11:53| プレスリリース・通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜ゴム、国内市販用タイヤの値上げについて

 横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)は、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を下記の通り改定します。
 タイヤの原材料である天然ゴムの相場は、依然として高値水準で推移しており、又合成ゴム、カーボンブラック、各種配合剤などの石油化学系原材料価格も、記録的な原油高により高騰を続けています。
 生産性向上やコスト削減などの内部改善を続けてまいりましたが、企業努力だけではこれを吸収することは困難であると考え、今回の改定を決定致しました。


1.対象商品 
 乗用車用から建設車両用タイヤまで全品種、チューブ、フラップ

2.実施時期 
 2008年4月1日(夏用タイヤ、冬用タイヤ共に)

3.改定率(平均) 
 乗用車用タイヤ  5.5%
 小型トラック用タイヤ  5.5%
 トラック・バス用タイヤ  5.0〜7.0%
 建設車両用タイヤ  10.0%
 産業車両用タイヤ  8.0〜10.0%
 その他タイヤ  7.0%
 チューブ・フラップ  10.0%
posted by キャンドルチャート at 08:39| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

新日本石油、次世代型燃料電池(SOFC)システムの実証試験運転を開始

 当社(社長:西尾 進路)は、財団法人新エネルギー財団(NEF)が実施する 「平成19年度 固体酸化物形燃料電池(SOFC)実証研究」において、LPG仕様および灯油仕様の2種類のシステムによる実証試験運転を本日、開始しましたのでお知らせいたします。

 固体酸化物形燃料電池(SOFC:Solid Oxide Fuel Cell)は、各種の燃料電池の中で最高の発電効率を達成可能であることから、現在開発が進んでいる固体高分子形燃料電池(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)と比べて電気需要の多いご家庭などでの使用に適した次世代の燃料電池と期待されております。

 本実証研究で、当社はシステム提供者としてSOFCシステムを製造するとともに、設置・運転試験者として横浜市内にある当社関連施設の管理人の居住部分に設置し、実際の環境下でのデータを今後6ヶ月以上にわたり取得することにより、最新技術レベルおよび技術的問題点を把握し、今後の技術開発の課題を抽出してまいります。なお、石油系燃料(LPG仕様および灯油仕様)では当社のみがこの実証研究に参加しております。

 当社は、このSOFCシステムに、石油系燃料から高効率で水素を製造できる独自の改質装置やシステム制御装置など、当社技術の粋を組み込んでおり、今後も燃料電池の普及に向けて様々な施策に取り組んでまいります。


 記


1.SOFCシステム概要

(1)システム仕様
 ※ 関連資料参照

(2)システム設置場所
 1)LPG仕様
  当社 社員研修センター(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市都筑区勝田南1−21−1
 2)灯油仕様
  当社 栄町寮(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市鶴見区栄町通3−32−1

(3)実証期間
 2008年1月16日(水)から6ヶ月以上
posted by キャンドルチャート at 22:08| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本工作機械工業会、「2007年12月分受注額(総額・内需・外需)速報」集計結果について

 2007年12月分工作機械受注速報がまとまりましたので、以下の通りご報告致します。



(単位:百万円・%)

       07/12月分 前月比 前年同月比 07/1月〜12月分 前年同月比

受注総額  130,255  95.4  103.3    1,589,415    110.6

 うち内需   58,516  92.5  102.8      726,224     99.1

 うち外需   71,739  97.8  103.7      863,191    122.6

※1.集計対象企業は、日工会受注ベースに同じです。
 2.上記数値は速報値であり、確報値は1月22日(火)に発表予定です。
posted by キャンドルチャート at 21:59| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱重工、M501G型ガスタービン6基と長期メンテナンス契約を受注、米国の電力会社ジョージア・パワー社から

 三菱重工業は、米国の電力会社であるジョージア・パワー社(Georgia Power)から、同社がジョージア州スミュルナ市に保有するジャック・マクドノフ(Jack McDonough)発電所向けM501G型ガスタービン6基(うち、2基はオプション)を受注し、併せて、長期メンテナンス契約も締結した。当社原動機事業の米国営業拠点であるMPSA(Mitsubishi Power Systems Americas, Inc.)を通じて受注したもので、天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備の中核機器として、総計252万kWの高効率な電力供給を支えることになる。

 今回のM501G型ガスタービンは、1系列84万kWのGTCC 3系列に設置されるもの。各系列はそれぞれ、ガスタービン2基、排熱ボイラー2基、蒸気タービン1基で構成される。運転開始は2011年2月(1系列)、同6月(2系列)、2012年6月(3系列、オプション)の予定。
 当社はガスタービンを製作・供給するだけでなく、ガスタービンおよび関連機器の設置・試運転を支援する。また、運転開始後は、長期メンテナンス契約に基づき、GTCC発電設備の保守・管理に当たる。

 ジョージア・パワー社は、米国最大級の電力会社であるサザン・カンパニー(Southern Company)傘下の最有力企業で、ジョージア州ほぼ全域の約230万世帯に電力を供給している。

 M501G型ガスタービンは、世界最大級の出力・効率を誇る1,500℃級(タービン入り口温度)の60Hz用ガスタービン。これまで長く培ったガスタービンの技術をベースに、最新の空力/冷却設計技術や耐熱材料技術を融合して更なる大容量、高効率を達成、また、G型ガスタービンの特徴である蒸気冷却式燃焼器を採用して、NOx(窒素酸化物)排出の削減も実現した。すでに国内外で約40台の受注実績を持つ。

 GTCC発電設備は、ガスタービンにより発電を行い、その排熱を利用して蒸気タービンでも発電する方式。従来火力プラントと比較して約20%高い効率を実現するなど、省エネルギーや環境保全にも大きく貢献する。ガス価格の高騰などにより、更なる発電効率の向上が要求されていることから、当社は今後も、その中核機器となる、世界最大級の出力・効率を誇るG型ガスタービンの営業を積極的に展開していく。
posted by キャンドルチャート at 21:53| プレスリリース・重電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株式市場、大幅安に福田首相は

posted by キャンドルチャート at 21:38| 東京市場の状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

株下がり、金上がる

posted by キャンドルチャート at 17:15| 東京市場の状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼンリン、地図コンテンツ、調査力を結集! 実在の温泉地を舞台にした推理アドベンチャーゲーム『湯けむりサスペンス』(仮称)2008年 春 発売予定

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:原田 康)は、ニンテンドーDS(R)用の推理アドベンチャーゲーム『湯けむりサスペンス』(仮称)を2008年春に発売いたします。
 尚、本作は当社が独自に開発・発売する初めてのニンテンドーDS(R)用ソフトです。

 『湯けむりサスペンス』(仮称)は、実在の温泉地を舞台とした推理アドベンチャーゲームです。当社の調査ノウハウを活かし、作品中の風景や宿、食事処、観光スポットなどは全て、現地調査・取材にもとづく実在のものとなります。加えて、舞台となる温泉地の地図を収録しており、当社ならではの詳細な地図を使ったトリックなどもお楽しみいただけます。

 ゼンリンでは、当社の持つ豊富な地図コンテンツをもとに、"楽しめる地図"などさまざまな地図の価値を活用したビジネスを、今後も展開してまいります。

【商品概要】
・タイトル  :『湯けむりサスペンス』(仮称)
・対応機種 :ニンテンドーDS(R)
・ジャンル  :推理アドベンチャー
・CERO   :審査予定
・発売時期 :2008年春
・価格    :未定
・プレイ人数:1人
・著作権表記:(C) 2008 ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by キャンドルチャート at 16:43| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐるなびがYouTube(TM)で動画配信サービスを開始

 「食」のトータルサイト「ぐるなび」(http://www.gnavi.co.jp/)を運営する株式会社ぐるなび(以下、ぐるなび)は、世界最大の動画共有サイト、YouTube【※1】と「コンテンツ・パートナー」契約【※2】を結び、2008年1月15日よりYouTube日本語版(www.youtube.jp)ブランドチャンネルにおいて、動画コンテンツを配信します。
 ぐるなびがYouTube日本語版で動画配信することで、YouTubeから動画に興味のあるユーザーを新たに獲得し「ぐるなび」への誘導強化とサービスの認知促進を狙いとしています。
 YouTubeは、世界で最も利用されている動画コミュニティサイトで、海外では大手メディア企業をはじめ、全世界で1,500以上のコンテンツホルダーがこのブランドチャンネルを公開しています。
 今回の「ぐるなび」パートナーページでは、、飲食店が提供するシェフのすご技動画や、「ぐるなびレシピ」(http://recipe.gnavi.co.jp/)内のプロのシェフが調理するレシピ動画コンテンツなどを順次配信する予定です。まず第一弾として「ぐるなびレシピ」内のレシピ動画とぐるなびタッチのプロモーション「ダンシングヨハン」動画【※3】を配信します。ぐるなびが提供するサービスをユーザーに動画でご覧いただくことでより詳細な食の情報を提供することが可能になり、ユーザーの利便性向上が期待されます。
 今後も、ぐるなびは、「食」のトータルサイトとして、21世紀の食生活を豊かにするためのサービスを提供してまいります。


■■■■■YouTube 日本版 「ぐるなび」ブランドチャンネル概要■■■■■

【ブランドチャンネル開設日】
 2008年1月15日(火)

【内容】
 ぐるなびレシピ(http://recipe.gnavi.co.jp/)のレシピ動画と
 ぐるなびタッチ(http://www.gnavi.co.jp/touch/)のプロモーションキャラクター「ダンシングヨハン」動画を配信

【アクセス方法】
 「YouTube 日本版 トップページ」→「チャンネル」→「パートナー」→「ぐるなび」
posted by キャンドルチャート at 16:36| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立化成、薄型パッケージ用低熱膨張・高弾性多層材料を新たに製品化

−半導体パッケージ用の基板材料として、携帯用デジタル機器への採用を期待−


 日立化成工業株式会社(本社:東京、執行役社長:長瀬 寧次、資本金:154億円)は、この度、薄型半導体パッケージ基板用の低熱膨張・高弾性多層材料(MCL−E−679GT)を開発し、銅張積層板のラインアップを拡充しました。本製品は本年4月より量産を開始し、順次販売を進めてまいります。

 昨今の電子材料市場においては、電子機器の小型・薄型化の進展に伴い、使用される基板にも薄型化の要求が高まっています。また、ICチップ実装時においては、チップと基板材料の熱膨張係数の差により生じる「そり」が大きな課題となっています。さらに、電子部品の実装工程においては、環境に配慮し鉛はんだを使わないプロセスが主流となった結果、リフロー温度が高くなり、使用される材料にも高耐熱特性が求められています。

 そこで当社は、これまで培ってきた樹脂の設計・配合技術を生かし、従来の高Tg(*1)材と比べて熱膨張係数を約20%低減した新規材料を開発しました。この基板材料を使うことにより、実装時の「そり」を大きく低減することが出来ます(当社模擬実装条件下で従来の約1/2)。また、この製品は鉛フリーはんだプロセスへの対応に加え、ハロゲンフリーを実現した環境対応製品となっています。

 MCL−E−679GTは、半導体パッケージ用基板材料としての幅広い使用が期待され、特に、SiP(System in Package)やPoP(Package on Package)構造のインターポーザ基板(*2)の材料として最適です。最終製品としては、携帯電話や情報デジタル機器などに加え、車載用など高温環境で使用される機器にも適しています。今後は、配線板メーカーや半導体メーカーへの製品紹介をさらに進め、2010年を目処に年間30億円の売上を目指します。

 なお、本製品は、1月16日〜18日まで東京ビッグサイトで開催される、第9回プリント配線板EXPOの当社ブースに出展する予定です。
posted by キャンドルチャート at 16:32| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下、世界NO.1長もち(※1)乾電池、新・乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を発売

使用推奨期限も業界最長10年(※2)を実現


 品 名:アルカリ乾電池
 愛 称:EVOLTA(エボルタ)
 種別/品番:単1形/LR20EJ
       単2形/LR14EJ
       単3形/LR6EJ
       単4形/LR03EJ
 希望小売価格(税込):オープン価格
 発売日:4月26日
 月産台数:20百万個


 ナショナルウェルネスマーケティング本部は、世界NO.1長もち(※1)(アルカリ乾電池単3形において。ANSI、IEC、JIS基準における全放電モードの平均値より)を実現した新・乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を4月26日より発売します。

 乾電池に対するニーズは多様化しており、特に近年は使用機器が省電力化の傾向にあるため、中・小電流領域での使用が特に増加しています。またお客様のニーズも、「長もち」を求める声が年々増加しています。
 本製品は、オキシライド乾電池で培った当社独自の技術をさらに進化させ、電池の構造・材料・工法の全てに新テクノロジーを投入。大・中・小のあらゆる電流領域において高い性能を発揮する、世界NO.1長もち(※1)を実現しました。また使用推奨期限も、当社従来品の5年間から、業界最長の10年間(※2)へと2倍に進化させました。
 デザインはオキシライド乾電池、アルカリ乾電池と同様、世界統一デザインを採用。
 「パナソニック電池は世界スタンダード電池へ」をコンセプトに、世界市場に向けて発売します。


<EVOLTA(エボルタ)ネーミング由来>
 「進化」を意味する「EVOLUTION」と、「電圧/みちあふれようとする力」を意味する「VOLTAGE」から命名された「EVOLTA」。
 構造・材料・工法の進化が実現した世界トップレベルの高性能を表すとともに、日々進化を続ける機器や需要の動向に着目し、ユーザーベネフィットを追及したEVOLTAが、世界の人々の暮らしをより便利で快適なものへ変える、という「日常の革新」を示唆しています。


【特長】
 1.世界N0.1(※1)長もちを実現
 2.業界最長、使用推奨期限10年(※2)を実現
 3.単1形〜単4形まで、幅広い機器に使用可能なラインアップ
posted by キャンドルチャート at 16:28| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。