2008年01月15日

浜松ホトニクス、世界初、近赤外域に感度を有する、フォトンカウンティング領域でマルチチャンネル測光を可能にした新開発の電子冷却型近赤外イメージインテンシファイアモジュール「H10740」シリーズの受注を開始

 当社は、世界で初めて近赤外域1700ナノメートル(以下nm)まで感度を有するフォトンカウンティング領域でマルチチャンネル測光を可能にした、電子冷却型近赤外イメージインテンシファイアを開発し、モジュール化した新製品「H10740」シリーズを、2月1日から国内と欧米の分光器メーカーなどに向け受注を開始します。これにより、近赤外域の微弱光を短時間で検出することが可能となり、ラマン分光分析装置などの性能向上につながることが期待されます。

<製品の概要>
 これまで、近赤外域の検出器としては、微弱光領域で光電子増倍管があり、マルチチャンネルタイプでは半導体素子のイメージセンサがありました。本製品は、イメージインテンシファイア(以下I.I.)の特長を生かして、微弱光検出と、マルチチャンネルでの計測時間短縮を両立しています。
 本製品は、化合物半導体を材料にした光電面の開発で、世界で初めて、920nm以上の近赤外域(950nmから1700nm)に感度を有したI.I.を搭載しました。I.I.にはマイクロチャンネルプレート(以下MCP)を2枚内蔵して約10万倍と高い電子増倍率を有し、また、電子冷却器のペルチェ素子でI.I.を効果的に冷却することで低ノイズを実現し、高S/N(信号に対するノイズの量)を図りました。さらに、I.I.周辺にペルチェ素子を工夫して配置することにより小型・軽量化を図り、CCDカメラ用のリレーレンズマウントを装着して、各種装置に組み込み易いモジュールにしました。
 今回、「H10740」シリーズとして、限界波長が1400nmの「H10740−78」と1700nmの「H10740−79」の2タイプを発売し、計測したい物質の光学的特性などに合わせた選択を可能にしました。近赤外ラマン分光やフォトルミネッセンス、ケミカル分光分析などへの応用により、がん診断、環境ホルモン計測、果実糖度計測、半導体特性評価、皮膚の水分測定など、医療、環境、食品、半導体、化粧品などのさまざまな分野への応用が期待されます。

<主な特長>
1、マルチチャンネル測光で短時間計測
 ポイントセンサの光電子増倍管に比べ、本製品は、300チャンネルから500チャンネルの多波長を同時に検出することで、数百分の1の短時間計測が可能となり、搭載装置の短時間計測化が図れます。

2、近赤外領域で高感度
 化合物半導体のインジウム・ガリウム・ヒ素(InGaAs)を材料にした光電面を採用したことで、世界で初めて、920nm以上の近赤外域の950nmから1700nmに感度を有するI.I.を開発・搭載しました。このInGaAs光電面と約10万倍の増倍率をもつ2段のMCPとを組み合わせることにより、近赤外域の光子の粒を1つずつ検出するフォトンカウンティング(光子計数法)領域の計測が可能になりました。

3、低ノイズでありがなら小型・軽量を実現
 I.I.は、赤外光領域の長波長に感度を伸ばすと、熱電子によりノイズが増えるため、冷却する必要があります。冷却には、電子冷却用のペルチェ素子を用い、光電面をマイナス80℃まで冷却することでノイズを極限まで低減し、高S/Nを達成しています。
 また、効果的な冷却ができるようにペルチェ素子の配置を工夫した設計で、小型・軽量化を実現しています。

4、ゲート動作により高速現象の観察、時間変化の解析が可能
 メカニカルシャッタではミリ秒から数100マイクロ秒の作動時間を必要としますが、電圧で制御するゲート(電子シャッタ)動作では、30ナノ秒と3桁から4桁速くなります。特に、高速運動体の観察、蛍光寿命の観察など高速現象の観察、時間変化の解析には、このゲート動作モードが使用されます。ゲート動作は特にパルスレーザーを使用した場合にメリットがあり、例えばラマン分光分析の場合、妨害となる蛍光の大部分をゲート動作により除去することができます。
 (*)ナノは10億分の1

<用語解説>
■ マイクロチャンネルプレート(MCP)
 内径10μm程度の中空ファイバ(チャンネル)を多数束ねた0.3mmから1mm程度のガラス板状の構造で、内壁を2次電子放出体として、電子を2次元的に検出し増倍する検出素子。電子はファイバの中の内壁でジグザグに衝突を繰り返し、約1万倍に増倍される。電子以外に、イオンや真空紫外線、X線、ガンマ線などにも感度がある。

■イメージインテンシファイア(I.I.)
 セラミック製の真空容器の中に、光を光電子に変える光電面、増倍機能を持つMCP、電子を可視化する蛍光面を近接させて配置した高コントラストな映像増強管。夜間の星明かり下での暗視(監視)用として開発された製品で、科学技術研究にも使用される。感度波長範囲やMCPの段数、有効光電面サイズ、ゲート時間など、必要な仕様を組み合わせ、用途に最適なバリエーションがある。

■ラマン分光
 物質に光を入射したとき、分子の振動や回転などにより光が変調され、散乱光の中に入射光の波長と異なる波長の光が含まれる現象をラマン効果という。ラマン散乱光と入射光の振動数の差(ラマンシフト)は、物質の構造に特有の値をとることから、赤外分光法と同様に分子の構造や状態を知るための非破壊分析法として利用されている。

■フォトルミネッセンス
 半導体結晶に光を照射して電子が生じ正孔と再結合する際に放出される発光現象をフォトルミネッセンスという。この再結合は半導体結晶中に存在する格子欠陥や不純物の影響を受けやすいため、結晶中の欠陥を非破壊で前処理や電極付けをしないで検出する。
 また、強度分布の測定により、結晶の均一性や欠陥の分布状況を評価する。

●主な仕様
 * 関連資料 参照

●受注開始日
 2008年2月1日(受注生産)

●価格
 電子冷却型近赤外イメージインテンシファイアモジュール
 「H10740」シリーズ2タイプ共に800万円

●販売目標台数
 国内、欧米に向けて、初年度10台/年、3年後50台/年
posted by キャンドルチャート at 16:19| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

米国経済の減速は大したことない


問題は米国経済ではない。

サブプライムローン問題の被害が少ない日本株が大下げしていることだ。

どうしてこんなことになるの?
posted by キャンドルチャート at 00:17| 米国市場の状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

グッドウィル、当社子会社「株式会社グッドウィル」の事業停止命令及び事業改善命令に関するお知らせ

 記


 当社子会社、株式会社グッドウィル(以下 グッドウィル)は、平成20年1月11日付で、東京労働局より、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」(以下 労働者派遣法)に違反したとし、労働者派遣法第14条第2項及び第49条第1項に基づく「労働者派遣事業停止命令」及び「労働者派遣事業改善命令」を受けました。

処分の内容

(1)労働者派遣法第14条第2項及び第49条第1項に基づく労働者派遣事業停止命令
 ・ グッドウィル全事業所に対し、労働者派遣事業停止2ヶ月
 ・ グッドウィル67事業所(708事業所のうち)に対し、労働者派遣事業停止4ヶ月

(2)労働者派遣事業改善命令
 ・ 平成19年12月1日から平成20年1月10日までの労働者派遣について総点検を行い違反があれば是正をすること
 ・ この度の違反について原因究明の上、再発防止措置を講じること
 ・ 派遣労働者の就労の実態を把握するための方策及び体制を確立すること
 ・ 遵法体制の整備を図ること

(3)労働者派遣事業停止の実施日
 ・ 平成20年1月18日(金)より

 尚、処分内容の詳細は現在確認中であり、確認が出来次第改めて開示致します。


 グッドウィルは、この度の処分を厳粛に受け止め、原因となった問題点全てに対して検討を加え、再発防止に取り組みたいと考えております。
 事業停止期間中は、登録スタッフの皆様には新たな派遣就業先へのご紹介は出来ませんが可能な限り就労機会の確保に最大限努めたいと考えております。
 お客様及び登録スタッフの皆様をはじめ関係者の方々、株主の皆様には、大変ご迷惑及びご心配をお掛けしておりますこと、心より深くお詫び申し上げます。
posted by キャンドルチャート at 21:52| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島津製作所、成長著しいロシア市場で分析計測機器と医用機器の営業体制を強化

―2011年3月期に1.5倍の売上拡大をめざす―


 島津製作所は、グローバル市場の中でも近年目覚しい成長を続けているロシアおよびCIS*地域において、分析計測機器、医用機器の販売・サービス体制の拡充・強化を図り、2011年3月期に売上高45億円(2008年3月期比1.5倍)をめざします。
*CIS(Commonwealth of Independent States):ウクライナ、アルメニアなど旧ソ連邦構成共和国11カ国からなる独立国家共同体

 ロシアは、1998年の金融危機以降9年連続して経済成長を続けており、2007年のGDP成長率は対前年比7.0パーセント(予想値)と、経済の活況はいっそう加速しています。今後も、世界最大の埋蔵量を有するガス・石油など天然資源需要の拡大を背景に、輸出の増大、貿易収支の大幅黒字が続くと見られており、ロシア・CIS地域は、安定した成長を期待できる潜在力ある市場となっています。

 ロシアでは、エネルギーなど主要産業の中央政府主導による管理の一方で、外資導入や企業民営化などの経済開放化が進んでおり、西側諸国との交易も拡大しています。また、広大な地域の中に鉱物資源産業を中心に機械、自動車、製薬、食品、化学産業などが多様に存在する産業構造の特色や、豊富な外貨に裏づけされた先端技術の獲得への取り組みの活発化などにより、ロシア・CIS地域は当社にとって、市場機会の拡大が見込める有望な地域となっています。

 こうしたロシア・CIS市場に対して当社は、1992年1月に開設したモスクワ事務所(SHIMADZU EUROPE GmbH〈本社:ドイツ〉が統括)のもと、サンクトペテルブルグ、ニージュニ−・ノブゴロド、エカテリンブルグ、ノボシビルスク、ウラジオストクの5か所に営業拠点を置き、現在、約30人が販売・サービスにあたっています。ロシア・CIS市場における2008年3月期の分析計測機器と医用機器の売上高は、約1,900万ユーロ(約30億円:うち 分析19億円、医用11億円)となる見込みです。

 当社は、今後さらに成長が見込まれるこのロシアおよびCIS地域をグローバル成長の重要拠点と位置づけ、現地の販売・サービス体制を増強して事業拡大を図ります。
 まず、分析計測機器に関しては、広大な地域における多様な産業構造、および、民営化など開放化の進行に対応を図るため、人員・機能を拡充して、「より市場に密着した販売・サービス」を目ざします。また、ビジネスの性格が政府主導の色彩が強い医用機器については、「中央政府への一層の浸透」を戦略として、事業拡大を図ります。


 具体的な方策は、次の通りです。

●営業拠点および代理店「戦略ビジネスパートナー」の人員を増強−2010年に150人体制へ
 ロシアおよびCIS市場の戦略拠点であるモスクワ事務所および営業拠点の陣容は、経済危機直後の1998年時の総勢4人から増強を続け、2007年には、約30人体制となっていますが、これをさらに増強し、2010年に45人体制とします。
 また、各拠点に分析計測装置の販売・サービスに特化した代理店スタッフによるプロ集団を組織化した「戦略ビジネスパートナー」を置き、当社スタッフと一体となった運営により、販売・サービスを拡充します。「戦略ビジネスパートナー」は次の3社で増強を図ります。これにより、2010年のロシアおよびCIS市場における販売・サービス体制は、当社のスタッフ45人を含めて約150人体制となる予定です。

 Interanalyt Ltd. (モスクワ:中央連邦管区・南連邦管区を担当)
 Analyt Ltd. (サンクトペテルスブルグ:北西・沿ヴォルガ連邦管区を担当)
 Element Ltd. (エカテリンブルグ:ウラル・シベリア連邦管区を担当)
 
●モスクワなど3か所の分析計測カスタマー支援センターの機能を強化
−「アプリケーションラボラトリー」として分析手法開発を現地化
 分析計測機器の主要商品を揃えるとともに講習会・研修会のための施設を備えたカスタマー支援センターを、モスクワ、サンクトペテルブルグ、エカテリンブルグの3か所に設置していますが、これらセンターの機能を強化して、分析計測機器の「アプリケーションラボラトリー」として市場ニーズに密着した分析手法開発を現地化し、競合他社に先駆けたソリューションオリエンテッドな体制を確立して顧客支援を強化します。

●大統領府医療プロジェクトへの参画を推進
現地有力医用機器企業との提携を強めて市場への浸透を図る
 一方、医用機器については、中央政府主導の性格が濃いことから、大統領府医療プロジェクトに積極的に参画します。そのために、保健省に対して強い影響力を有する現地の有力な医用機器企業との提携を進めて、事業拡大を目指します。2008年は、現地市場向け線CT装置の現地企業へのOEM供給を開始するほか、循環器診断用X線装置のOEM供給や共同開発を計画しており、さらに提携品目の拡充をめざします。


 以上の方策により、ロシア・CIS市場における当社分析計測機器と医用機器の売上を、2011年3月期には、現在の約1.5倍にあたる45億円以上の規模に拡大する計画です。
posted by キャンドルチャート at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士フイルム、半導体製造用最先端ArFレジスト事業を拡大!

次世代液浸レジストの開発強化に向け
45nm・32nm世代対応「ArF液浸露光装置」を導入


 富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、他社に先駆けて平成18年に45nm世代*1対応のトップコート(保護膜)が不要なArF液浸レジスト「FAiRS−9000シリーズ」を開発し、同年よりサンプルを提供しております。今後、大手半導体メーカーでの45nm世代の量産開始に向けて、最新の「ArF液浸露光装置」を導入し、さらなる開発の充実を図ることで、最先端ArFレジスト事業をさらに拡大してまいります。

 富士フイルムの「FAiRS−9000シリーズ」は、リソグラフィー性能のみならず、パターン欠陥の大幅な低減等により、半導体メーカーにて次世代の半導体製造プロセス用として最高レベルの評価をいただいております。今後「ArF液浸露光装置」を活用し、45nm世代に続き32nm世代でも最高品質の次世代半導体用レジストを開発してまいります。

 「ArF液浸露光装置」は、45nm・32nm世代のArF液浸リソグラフィープロセス*2に対応しており、研究開発拠点であるエレクトロニクスマテリアルズ研究所(静岡県榛原郡吉田町)に導入します。「ArF液浸露光装置」に併せて「塗布現像機」も導入し、液浸レジストの一貫評価を可能にすることで、顧客のニーズに一層迅速に対応できるようにいたします。

 ArF液浸リソグラフィー技術は、回路パターンを二分割して形成する「ダブルパターニングプロセス」*3等の適用により、さらに微細化が進む32nm世代の半導体デバイスの回路パターン形成への採用も有望視されています。富士フイルムは、32nm以降の世代においても簡素なプロセスで低コスト・高生産性を実現できる材料の開発を強化していきます。

 富士フイルムは、半導体材料分野を成長事業の一つと位置付け、トップシェア獲得に向けて取り組んでいます。今後も半導体産業のさらなる発展に貢献する研究開発を進め、顧客に最高品質の次世代液浸レジストを供給してまいります。
posted by キャンドルチャート at 21:45| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本水産、ホウスイ、中央冷凍、水産物の流通機能強化に向けた取組みについて

 日本水産株式会社(以下「日本水産」)、株式会社ホウスイ(以下「ホウスイ」)及び中央魚類株式会社(以下「中央魚類」)と中央魚類の子会社である中央冷凍株式会社(以下「中央冷凍」)は、本日の取締役会において、平成20年4月1日を効力発生日として、ホウスイを存続会社とするホウスイと中央冷凍との合併を行うことを決議いたしました。
 また、この合併によって、ホウスイは中央魚類の連結子会社となりますのでお知らせします。

 なお、日本水産とホウスイは、平成20年3月3日に日本水産が水産流通事業部門を会社分割制度(新設分割)により分社するとともに(社名:株式会社水産流通、以下「水産流通」)、ホウスイが同社の第三者割当増資を引受けて同社を連結子会社とすることも、本日の取締役会で決議いたしました。
 注:平成20年4月1日合併後の各社の資本関係等を別紙にてご確認下さい。


 記


1.本件の目的

 日本水産、ホウスイ並びに中央魚類と中央冷凍は、各社が持つ水産物の流通機能を統合・再編し、拡大・強化することで、それぞれが成長し顧客サービスを向上していく、より強い水産物の流通ネットワークを構築いたします。


2. 本件の効果

(1)ホウスイは、冷凍のえび・かにの買付け輸入・加工・販売を内容とする水産卸営業を主たる事業としていますが、水産流通の第三者割当を受けて同社を連結子会社とするとともに、中央冷凍と合併することによって、水産物の販売ノウハウと冷凍・冷蔵保管を主とする物流機能を得て、卸としての機能を拡充し多様なサービスを提供することで、新たな顧客を開拓し成長拡大していくとともに、収益力を高めていきます。

(2)中央魚類は、東京都中央卸売市場である築地市場において主に水産物の卸売事業を営んでいますが、水産物の流通ネットワークの中で築地の市場機能(集荷、仲卸)を充分に活かし、また、中央冷凍の物流機能がホウスイの卸機能と融合することで事業規模を拡大していく連結子会社の育成により、グループ全体の成長と収益力向上を目指します。

(3)日本水産は、既に公表した中期経営計画「新TGL 計画」にある「商事・卸売事業はパートナーとともに経営効率の高い仕組みを構築し、より高い機能・サービスを実現できる規模にする」ことで、メーカー機能をさらに強化していきます。
 水産流通は、築地の市場機能や合併後のホウスイの物流機能・卸機能との協働で、事業規模拡大と収益力向上を進め、日本水産は、中央魚類とともに水産物のサプライチェーンに携わる各機能が協働する仕組みをつくり、商品が消費につながるサービス向上に努めていきます。


3.本件の日程
 本件は、以下の日程により実行する予定です。なお、当事会社の事情ならびに関係機関との折衝により変更となる場合もあります。

平成20年1月10日(木) 各社取締役会
                 *合併契約の承認
                 *会社分割(日本水産による簡易新設分割)
平成20年1月11日(金) ホウスイ臨時株主総会基準日公告
平成20年1月25日(金) ホウスイ臨時株主総会基準日
平成20年2月28日(木) ホウスイ臨時株主総会(合併契約承認)
 (中央冷凍は平成20年2月25日(月)に合併契約承認の株主総会開催)
平成20年3月 3日(月) 日本水産の水産流通事業の新設分割(効力発生日)
平成20年3月中旬     ホウスイによる水産流通の第三者割当増資引受け
 (ホウスイが60%の株式シェアー保有し水産流通を連結子会社化。)
平成20年4月 1日(火) ホウスイと中央冷凍との合併(効力発生日)
 (合併によってホウスイは中央魚類の連結子会社となる。)
平成20年4月中旬     合併による新株券の交付日(不所持の予定)
posted by キャンドルチャート at 08:32| プレスリリース・水産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

松下、商号の変更に関するお知らせ

 当社は、本日開催の臨時取締役会において、下記のとおり商号の変更について、2008年6月下旬開催予定の定時株主総会において定款変更が承認されることを条件として、実施することを決議しましたのでお知らせいたします。


 記


1.変更の理由
 当社は1918年に松下電気器具製作所を設立・創業以来、松下電器製作所を経て、現在の松下電器産業株式会社を社名とし、National、Panasonic等のブランドを掲げて事業を展開してきました。2003年にはPanasonicをグローバルブランドと位置づけ、「Panasonic ideas for life」をブランドスローガンに掲げて、現在に至っています。

 創業90周年の節目を迎える本年、社名とグローバルブランドを一本化すると同時に、グループ会社で「松下」「ナショナル」を冠する企業も「パナソニック」を冠する名称に変更します。更に国内ブランドも統一することで、グループ全従業員の活動をPanasonicブランドの価値向上に結集します。

 また現在日本国内の白物家電・住宅設備機器分野の商品に使用しているNationalブランドは、社名変更と同時にPanasonicへの切り替えに着手、2009年度中を目途に廃止し、国内ブランドもPanasonicに統一します。

 新生パナソニック株式会社、パナソニックグループにおいても、松下幸之助創業者が確立して以来、堅持してきた「企業は社会の公器」「全ての活動はお客様のために」「日に新た」を核とする経営理念を不変のものとして、今後も実践していきます。

 現在、当社は中期計画「GP3計画」(Global Progress,Global Profit,Global Panasonic)の必達、更に「グローバルエクセレンス」への飛躍を目指して、事業活動を展開しています。

 この度の社名変更・ブランド統一は、真のグローバル企業を目指す決意の表明です。グループの全従業員が「Panasonic」のもとで一丸となり、グローバルにブランド価値の向上に取組んでまいります。


2.新商号
 「パナソニック株式会社」(英文表記:Panasonic Corporation)


3.変更日
 2008年10月1日付(予定)
posted by キャンドルチャート at 21:02| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーストリテイリング、株式会社ビューカンパニー株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ

 当社は、平成20年1月10日開催の取締役会において、株式会社ビューカンパニー(銘柄コード 3033 ジャスダック。以下、「対象者」又は「ビューカンパニー」といいます。)の普通株式を公開買付けにより取得することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


                         記

1.買付け等の目的
(1)概 要
 当社は、現在、対象者の普通株式2,533,000株(発行済株式総数に対する所有株式の割合(以下「所有株式数割合」といいます。)33.40%)を保有し、対象者を持分法適用関連会社としておりますが、この度、対象者の事業の抜本的改革を図るべく、対象者を子会社化することを目的とした公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)を実施いたします。当社は、本公開買付けに応募される全ての対象者株主のご意向を尊重し、応募された全ての対象者株式を買付けるため、本公開買付けにおいては買付予定の上限を定めておりません。

 本公開買付けについては、対象者の株主である松村洋祐氏(所有株式数割合27.55%。以下「松村氏」といいます。)、藤井征男氏(所有株式数割合3.14%)、松村昇氏(所有株式数割合1.06%)及び松村大助氏(所有株式数割合0.92%。以下、松村氏、藤井征男氏、松村昇氏及び松村大助氏を総称して「松村氏ら」といいます。)から、松村氏らが保有する対象者株式について、本公開買付けに応募することについての同意を頂いております。また、本公開買付けについては、平成20年1月10日開催の対象者の取締役会において、本公開買付けに賛同の意を表明する旨の決議がなされております。


(2)本公開買付けを実施する背景及び理由、その後の経営方針
 対象者は、昭和36年に靴の小売店をスタートし、ファッション性、健康面から靴に要求される機能を重視し、顧客ニーズを的確に反映させた適品を豊富に揃え、婦人靴を中心とした靴小売専門店のチェーン展開を行っております。対象者は、婦人靴中心の主力業態[vju:](ビュー)のほか、ファミリーをターゲットにしたすべてのニーズに対応できる靴の総合店SHOES WORLD(シューズワールド)、オリジナルブランドのCOO ICI(クーイスイ)など全国に103店舗(平成19年8月20日現在)を展開しております。
 しかしながら、競合店との競争の激化及び大型商業施設の増加による商圏の激変など、対象者を取り巻く経営環境は非常に厳しい状況が続いております。さらに、今後の対象者を取り巻く経営環境の見通しにおいても、少子高齢化の流れは続き、市場規模の拡大は期待しづらく、またアパレル小売店も売上拡大のために靴販売に力を入れるなど、さらなる競争の激化が予想され一層厳しさを増していくものと考えられます。

 当社グループは、靴事業をアパレルに次ぐ事業と位置づけており、靴事業のさらなる強化・拡充を目的として、平成18年10月に婦人靴の小売に強みを持つ対象者と業務提携を行い、また対象者が実施した第三者割当増資を引き受けることにより筆頭株主(所有株式数割合33.40%)となり、対象者を持分法適用関連会社といたしました。
 当社は、これまでも対象者との間で、資金面からのサポートのみならず、当社グループとの人材交流による人材育成強化を始めさまざまな経営改善・強化に向けた取り組みを行い、対象者の経営に参画して参りました。
 しかしながら既述のとおり、対象者を取り巻く経営環境は厳しさを増しており、当社との経営改善・強化に向けた取り組みもこれまでのところ十分な成果として現れてきていないというのが現状です。
 このような厳しい環境下において、対象者のブランドの統廃合を伴うブランドビルディング及び店舗展開、商品の開発力強化と安定的な提供など多くの対処すべき課題に迅速に対処し事業を再生させるためには、事業をダイナミックに改革し、事業のあり方を大きく見直して成長を加速させることが重要であり、そのためには当社グループのコミットメントをより明確にした事業体制への転換を図り、ノウハウ・情報・人材の相互交流による業務プロセス強化及び事業インフラのシェアリングの実現によるシナジー追求を従来にも増して強力に推進する必要があると判断し、対象者を当社の子会社とすることを目的に、本公開買付けを実施することを決定いたしました。
 具体的には、当社と対象者は、当社グループのノウハウ・情報の共有及び人材の交流を通じ、商品計画の機能強化による仕入や発注の精度の向上、オリジナル商品の構成比率の見直しによる粗利益の改善、出退店ノウハウの活用や共同出店の実施、共同購買等の取り組みを実施して参ります。それにより、「新しいシュービジネス」を創造し、対象者の競争力や収益力を強化し、強く安定した事業基盤を確立して参ります。また、対象者がより高い収益力を持つ事業体へと発展することは、当社グループの靴事業の強化・拡充による関連ビジネスの強化、ひいてはグループ全体の更なる企業価値の向上に大きく貢献するものと考えております。

 当社は、対象者への経営参画による経営体制の強化を既に進めてきており、今後対象者との協議のうえ変更する可能性はありますが、現時点において、本公開買付け成立後に役員構成の変更は予定しておりません。また、現時点において、その他対象者の経営方針に対して重大な変更を加えたり、重大な影響を及ぼす具体的な予定はありません。
posted by キャンドルチャート at 21:00| プレスリリース・小売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本産業機械工業会、平成19年11月 産業機械受注状況

1.概要

 本月の受注高は、3,872億6,600万円、前年同月比84.8%となった。

 内需は、2,819億3,600万円、前年同月比98.2%となった。
 内需のうち、製造業向けは前年同月比84.5%、非製造業向けは同93.3%、官公需向けは同130.2%、代理店向けは同98.5%であった。
 増加した機種は、鉱山機械(177.4%)、ポンプ(107.7%)、圧縮機(104.9%)、運搬機械(121.2%)、変速機(106.1%)、その他機械(154.0%)の6機種であり、減少した機種は、ボイラ・原動機(86.9%)、化学機械(冷凍含)(76.0%)、タンク(39.6%)、プラスチック加工機械(69.7%)、送風機(94.7%)、金属加工機械(85.4%)の6機種であった(括弧の数字は前年同月比)。

 外需は、1,053億3,000万円、前年同月比62.0%となった。
 本月、プラントは案件が無かった。
 増加した機種は、プラスチック加工機械(104.2%)、ポンプ(304.7%)、送風機(447.0%)、運搬機械(125.5%)、変速機(109.5%)の5機種であり、減少した機種は、ボイラ・原動機(58.1%)、鉱山機械(比率は、前年同月の受注額がマイナスのため計上できず)、化学機械(冷凍含)(46.3%)、タンク(2.6%)、圧縮機(91.6%)、金属加工機械(36.9%)、その他機械(29.5%)の7機種であった(括弧の数字は前年同月比)。


2.機種別の動向

(1)ボイラ・原動機
 化学、その他非製造業、外需の減少により前年同月比76.7%となった。

(2)鉱山機械
 窯業土石、鉄鋼、鉱業、外需の増加により同326.6%となった。

(3)化学機械(冷凍機械を含む)
 石油・石炭、その他非製造業、外需の減少により同67.0%となった。

(4)タンク
 外需の減少により、同13.9%となった。

(5)プラスチック加工機械
 自動車、その他製造業の減少により同86.6%となった。

(6)ポンプ
 外需の増加により同143.4%となった。

(7)圧縮機
 化学、外需の減少により同98.0%となった。

(8)送風機
 官公需、外需の増加により同115.4%となった。

(9)運搬機械
 鉄鋼、情報通信機械、造船、外需の増加により同122.7%となった。

(10)変速機
 鉄鋼、一般機械、その他輸送機械、その他製造業、外需の増加により同106.8%となった。

(11)金属加工機械
 外需の減少により同53.1%となった。
posted by キャンドルチャート at 20:54| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本産業機械工業会、平成19年11月 環境装置受注状況 日本産業機械工業会、平成19年11月 環境装置受注状況

 本月の受注高は、795億6,900万円で、前年同月比102.0%となった。


1.需要部門別の動向(前年同月との比較)

(1)製造業
 化学向け事業系廃棄物処理装置、鉄鋼向け排煙脱硫装置の増加により121.5%となった。

(2)非製造業
 その他非製造業向け下水汚水処理装置、事業系廃棄物処理装置の増加により194.1%となった。

(3)官公需
 水質汚濁防止装置関連機器、都市ごみ処理装置、ごみ処理装置関連機器の増加により146.1%となった。

(4)外需
 排煙脱硝装置、都市ごみ処理装置の減少により1.9%となった。
 (なお、外需は月により変動が大きい。)


2.装置別の動向(前年同月との比較)

(1)大気汚染防止装置
 石油石炭向け重・軽油脱硫装置、海外向け排煙脱硝装置の減少により82.4%となった。

(2)水質汚濁防止装置
 その他非製造業向け下水汚水処理装置、官公需向け水質汚濁防止装置関連機器が増加したことにより103.6%となった。

(3)ごみ処理装置
 化学、その他非製造業向け事業系廃棄物処理装置、官公需向け都市ごみ処理装置、ごみ処理装置関連機器の増加により105.3%となった。

(4)騒音振動防止装置
 官公需向け騒音振動防止装置関連機器の減少により15.4%となった。
posted by キャンドルチャート at 20:52| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

三菱自動車、「東京オートサロン2008 with NAPAC」に、関連会社、メーカー各社との協業によるカスタムカーを出品

 三菱自動車は、1月11日(金)〜13日(日)、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「東京オートサロン2008 with NAPAC(*1)」に、三菱自動車カーライフプロダクツ、ラリーアート、メーカー各社とのコラボレーションによる各種カスタムカー(*2)を出品。ハイパフォーマンス4WDセダン『ランサーエボリューションX』8台を中心に、『ギャランフォルティス』2台、『アウトランダー』2台、『デリカD:5』1台、『パジェロ』1台、『コルトRALLIART Version−R』2台、『アイ』1台のカスタムカー全17台を展示する。三菱自動車は同イベントにおいて、様々なドレスアップやチューニングにより、クルマが本来もっている魅力をいっそう引き出し、お客様にその新たな一面を提案する。

 同イベントは1983年に「東京エキサイティングカーショー」として開催され、1987年に「東京オートサロン」と改称して今回で26回目を迎える。昨年は約25万人の来場を記録(主催者調べ)した。尚、今回出品するカスタムカーは、2月9日(土)〜11日(月)にインテックス大阪(大阪市住之江区)にて開催の「大阪オートメッセ2007」、3月7日(金)〜9日(日)にポートメッセなごや(名古屋市港区)にて開催の「名古屋オートトレンド2007」にも出品を予定している(一部、出品車両は異なることもある)。
posted by キャンドルチャート at 22:27| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持田製薬、疼痛治療薬に関するライセンス契約締結のお知らせ

 持田製薬株式会社(本社:東京都新宿区、社長:持田 直幸)と米国ワイス(本社:米国ニュージャージー州マディソン、社長兼CEO:バーナード・プソー)の医療用医薬品事業部門であるワイス・ファーマシューティカルズは、当社が新規疼痛治療薬候補物質として創製したTRPV1 拮抗薬について、ライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。本契約により、ワイスはこのTRPV1 拮抗薬を全世界において医薬品として開発・製造・使用・販売する独占的実施権を取得し、当社はワイスより本契約締結に伴う一時金、開発段階に応じたマイルストーン・フィーおよび売上高に応じたロイヤルティの支払いを受けることになります。なお、当社は製品を日本国内においてワイスと共同で開発・販売するオプション権を留保しております。

 TRPV1 拮抗薬のターゲットであるTRPV1 は、トウガラシの辛味成分であるカプサイシン等の刺激により作動するイオンチャンネルであり、痛みを伝達する神経細胞に分布しています。TRPV1 拮抗薬は炎症や神経障害による種々の疼痛を抑制する効果だけでなく、消化管障害や腎障害なども含め、従来の治療で課題となっている副作用が少ない治療薬としても期待されています。また、このTRPV1 は疼痛領域で研究開発活動を行っている世界の大手製薬会社が競って研究しているターゲットです。

 当社の創薬研究所は独創的グローバル新薬の創製を目指して、糖尿病・肥満、慢性疼痛の2分野にテーマを集中して活動し、国内外の機関との共同研究等により研究活動の効率化を図るとともに、導出活動にも注力してまいりました。当社は、今後も導出入活動に積極的に取り組み、アライアンスを推進していきたいと考えております。
posted by キャンドルチャート at 22:20| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンクモバイル、フィルタリングサービスの取り組みについて

 ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、青少年のお客さまが、インターネット接続サービスをより安全にご利用いただけるよう、ソフトバンク3G携帯電話向けに提供している有害サイトアクセス制限サービス(以下、フィルタリングサービス)として、「ウェブ利用制限」※1と「Yahoo!きっず」※2(いずれも月額使用料無料)の普及を進めています。2008年1月中旬より、フィルタリングサービスのさらなる利用促進のため、以下の施策を順次実施してまいります。


1.新規契約者に対する取り組み

(1)親権者「同意書」におけるフィルタリングサービスの意思確認欄の改訂
(2008年1月中旬以降実施)
 新規契約申し込み時の親権者による「同意書」を改訂し、フィルタリングサービスに関する意思確認欄の「ウェブ利用制限」の項目に、あらかじめ丸印を印刷いたします。親権者が「Yahoo!きっず」への申し込みを希望、または「ウェブ利用制限」の利用を希望しない場合は、「ウェブ利用制限」に×印を付けた上で、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただきます。いずれもお選びいただいていない場合は、契約申し込みをお受けすることができません。

(2)新規契約申込書における「18歳未満利用者確認欄」の新設
(2008年6月以降実施予定)
 利用者が18歳未満であるかを確認し、利用者が18歳未満であることが確認できた場合は、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただかない限り、「ウェブ利用制限」を設定いたします。


2.既存契約者に対する取り組み
(1)18歳未満の既存契約者へのフィルタリングサービス利用の意思確認の実施
(2008年2月以降実施予定)
 ソフトバンク3G携帯電話契約者のうち、18歳未満でフィルタリングサービスをご利用いただいていないお客さまに対し、SMSによるフィルタリング加入に関する案内を送信し、「フィルタリングサービス利用の意思なし」との申告がない場合、「ウェブ利用制限」を適用いたします。利用の意思がない場合は、ソフトバンクショップにてお申し込みいただきます。その際は、親権者の同意が必要となります。2008年2月より複数回ご案内し、ご申告がないお客さまに対し、6月より順次「ウェブ利用制限」を設定いたします。

(2)18歳以上の既存契約者へのフィルタリングサービス利用の推奨の実施
(2008年2月以降実施予定)
 契約者名義が18歳以上であるものの、利用者が18歳未満のお客さまに対し、請求書同封物、ダイレクトメール、SMSでの案内を通じて、フィルタリングサービスのご利用を推奨いたします。

(3)機種変更・情報変更申込書における「18歳未満利用者確認欄」の新設
(2008年6月以降実施予定)
 機種変更、情報変更の際に「S!ベーシックパック」※3の申し込みがあった場合、利用者が18歳未満であるか確認し、利用者が18歳未満であることが確認できた場合は、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただかない限り、「ウェブ利用制限」を設定いたします。


[注]
※1:「ウェブ利用制限」は、ネットスター株式会社のURLリスト分類基準に基づき、特定のURLへのアクセスを制限する機能です。対象となるカテゴリーは、次の通りです。不法、主張、アダルト、セキュリティー、出会い、ギャンブル、成人嗜好、コミュニケーション、グロテスク、オカルト。また「ウェブ利用制限」をご利用いただくと、一部アクセスできなくなる公式コンテンツがあります。

※2:「Yahoo!きっず」は、ソフトバンク3G携帯電話を利用するお子さまに安心・安全なコンテンツのみを提供する子ども向けポータルサービスです。フィルタリング機能によって、あらかじめ「Yahoo!きっず」に登録されたコンテンツにのみアクセスが可能となります。

※3:「ウェブ利用制限」、「Yahoo!きっず」のご利用にあたっては、「S!ベーシックパック」(月額使用料315円)への加入が必要です。

 ソフトバンクモバイルは、社団法人電気通信事業者協会が実施している、フィルタリングサービスをより多くの方に知っていただくためのPRキャンペーンに参画しています。ソフトバンクモバイルでは、青少年の健全な育成を図るため、関係する事業者や団体と連携し、今後もフィルタリングサービスのさらなる普及啓発に向けた取り組みを実施してまいります。
posted by キャンドルチャート at 22:17| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドワンゴ、「ねこ鍋」イメージソング「ニコぬこ猫」の着うた(R)、メロディコール/EZ待ちうたを「アニメロ」・「dwango.jp」各サイトにて1月9日(水)より独占先行配信!!

さらに、1月23日(水)より着うたフルRの独占配信も決定!


 ねこが土鍋で丸くなっている愛らしさがニコニコ動画で話題を呼び、大ブームとなった「ねこ鍋」のイメージソング『ニコぬこ猫』が1月23日(水)発売決定!
 「アニメロ」及び「dwango.jp」各サイトでは、『ニコぬこ猫』とカップリング曲として収録されている『Ring Ring a Ding』の着うた(R)、メロディコール/EZ待ちうたを、1月9日(水)より独占先行配信します!また1月23日(水)には、同曲の着うたフル(R)を独占配信開始。可愛さ特盛りのねこ鍋ソングには癒されること間違いなしです♪

●配信楽曲
 「ニコぬこ猫」 <ねこ鍋イメージソング>
 「Ring Ring a Ding」 <『ニコぬこ猫』カップリングソング>

●配信開始日
 着うた(R)、メロディコール/EZ待ちうた: 1月9日(水) < 独占先行配信>
 着うたフル(R) : 1月23日(水) < 独占配信>

●コンテンツ別配信サイト一覧
 着うた(R) : アニメロミックス、アニメロ★うた、dwango.jp取放題DX、dwango.jp(うた)
 着うたフル(R) : 超!アニメロ、dwango.jp(フル)
 メロディコール(R)/EZ待ちうた: アニメロミックス♪コール、dwango.jp(コール)

■ 『ニコぬこ猫』/ Aimi
・発売日:2008年1月23日
・価格: 1,575円(税込)
・発売元:ドワンゴ・エージー・エンタテインメント/ evolution


【PCサイト「超!アニメロ」では1月9日(水)より特典DVD「ねこ鍋アニメ」を無料配信!】
 ねこ鍋イメージソング『ニコぬこ猫』にスペシャル特典DVDとして「ねこ鍋アニメ」が封入決定!DVDや写真集など、多方面に展開している「ねこ鍋」が今度は癒し満載のアニメになって登場します♪アニメ&ゲーム情報配信PCサイト「超!アニメロ」では、スペシャル特典DVD「ねこ鍋アニメ」を1月9日(水)よりストリーミングにて、無料配信します!

●配信コンテンツ: 「ねこ鍋アニメ」

●配信開始日: 1月9日(水)〜

●配信サイト: 超!アニメロ(PCサイト)
posted by キャンドルチャート at 22:15| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

松下電器。PDPならではの超大画面高画質 世界最大(*1)150v型プラズマディスプレイパネルを開発 フルハイビジョンの4倍となる4K2Kの高解像度

 松下電器産業株式会社は、世界最大(*1)の150v型で、フルハイビジョンパネル(207万画素; 水平1,920 x 垂直1,080)の約4倍に相当する884万画素(水平4,096 x 垂直2,160)を有する超大型高精細プラズマディスプレイパネル(以下PDP)を開発しました。

 当社は2006年に103v型PDPを商品化し、商業・文教施設や放送局などのビジネス用途から、一般ご家庭向けのホームシアターまで、グローバルで活発な引き合いを受け、超大画面薄型テレビ市場を開拓してきました。

 このたび、プロセス技術や駆動技術など基盤技術の飛躍的な技術革新により、PDPは更なる「大画面」「高精細」へ進化しました。

 これまで103v型で培った超大型パネル形成技術を更に進化させ、150型クラスの超大画面のリブ(*2)や電極を均一に形成できるプロセス技術を開発。50v型9枚分に相当する超大画面の全画素において、放電の均一性や安定性を確保しました。さらに、4K2Kの高密度画素に対応する「超高速駆動技術」を新たに開発し、フルハイビジョンの約4倍もの画素を有しながら、現行の103v型フルハイビジョンモデルと同等の高輝度を実現しました。
 これにより、コントラストや動画解像度(*3)が高く、質感までをも映すPDPならではの高画質映像が、人物が等身大で映る、迫力の超大画面で実現しました。

 現在、150型クラスの超大型表示デバイスには、フロント投射型のプロジェクターやLEDディスプレイなどがありますが、直視型のPDPなら、明るい環境下でも輝度やコントラストが高く、色鮮やかで緻密な映像再現が可能となります。本開発品は、従来のディスプレイでは実現しなかった、全く新しい映像体験を提供することから、PDPの更なる需要拡大が期待できます。

 当社は、今後も技術革新を一層推し進め、PDPだからこそ実現出来る大画面・高画質を追求してまいります。

*1: 2008年1月8日現在 
*2: PDPの画素は、赤、緑、青の三つの発光セルに分かれており、それぞれの発光強度差により様々な色を表現します。 リブとは、セルを区分する微小な仕切りのことで、このリブがあることにより、隣接するセルとの干渉を抑え、色にじみのない映像を提供することが可能となります。
*3: 動画解像度とは、動画像において、人の目で識別できる表示の細かさを定量的に本数で表すものです。(次世代PDP開発センター(APDC)測定方式)


【特許】
 国内特許 28件、海外特許 12件(出願中を含む)


【主な仕様】
 サイズ            150v型 
 画素数            884万画素(水平4,096×垂直2,160) 
 画面有効寸法       横幅:3,317.7mm 高さ:1,874.8mm
                 対角:3,810.7mm 
 コントラスト(周囲光無)  10,000:1 
posted by キャンドルチャート at 21:43| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カネカ、塩化ビニール樹脂の価格修正について

― 1月21日納入分より、キログラム当たり15円〜20円の値上げ ―


 株式会社カネカ(本社:大阪市北区。社長:大西正躬)は、原料高騰を受け塩化ビニール樹脂(PVC)の販売価格を修正する。具体的には、現行価格に対しキログラム当たり15〜20円以上の値上げとし、1月21日納入分より実施する。対象は汎用PVCの他塩ビペースト樹脂、架橋塩ビ、酢ビコポリマー、塩素化塩ビ等全ての品種で実施する。

 当社は、昨年6月末にキログラム当たり15円の値上げを実施した。しかしながら、その後も原油・ナフサ価格の高騰は続き、昨年10〜12月期のナフサ価格はキロリットル当たり61,000円〜62,000円で推移し、本年1〜3月期の価格は、キロリットル当たり68,000円前後が見込まれる。加えて、原油の高騰が物流、ユーティリティコスト等の上昇を招き、急激に収益悪化が進んでいる。また原油の騰勢は沈静化する気配を見せておらず、さらなる価格高騰のリスクが増大している。

 この間、当社は継続的にコスト吸収の努力をしてきているが、このような原料価格の騰勢に対して、自助努力だけでは限界に達しており、需要家への価格転嫁も避けられない状態となった。

 PVCの海外市況については、一時低迷していたものの、その後反転しており、中国の旧正明けには需要が旺盛となっていくことが予測されることから、輸出価格はさらなる上昇が見込まれる。
 今回の値上げは、足元の国内需要が停滞する状況下で、原料高騰分の転嫁のお願いになるが、先行き不透明な情勢下、いつまでも不採算の状況を許容するわけにはいかないと判断した。
posted by キャンドルチャート at 18:58| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立、東京大学情報基盤センターから国内最高性能のスーパーコンピュータシステムを受注

 株式会社日立製作所 (執行役社長:古川 一夫/以下、日立)は、このたび、東京大学情報基盤センター(センター長:米澤 明憲)から、テクニカルサーバ「HA8000−tc/RS425」952ノード(*1)で構成されたスーパーコンピュータシステムを受注しました。本システムは最大理論ピーク性能(*2)が140TFLOPS(*3)となる国内最高性能(*4)のスーパーコンピュータシステムで、2008年6月に稼働予定です。

*1 ノード: 並列コンピュータを構成する独立した演算処理単位。ノードはクラスタを構成するサーバを意味する。
*2 最大理論ピーク性能:実際にプログラムを実行したときの性能ではなく、コンピュータを構成する同時に動作可能な全演算器が、同時に動作したときの性能の和
*3 1TFLOPS(テラフロップス): 浮動小数点演算を1秒間に1兆回実行する能力
*4 2007年11月当社調べ

 近年、スーパーコンピュータの新しいニーズとして、ゲノム情報処理、データマイニング、物理シミュレーションに基づくアニメーションなどの新しい分野が現れてきました。さらに、新しいアプリケーション利用技術であるWEBユーザーインタフェース、グリッド技術などへの対応が求められているようになってきています。これらの要求に応えるものが、オープンソフトウエアとの親和性が高く、ユーザーに親しみやすいプログラム環境を実現できるコンピュータシステムです。

 東京大学情報基盤センターは、全国共同利用施設であり、オープンソフトウエアとの親和性が高いLinuxプラットフォームを提供することで、科学技術分野で多くの優れた研究成果が得られることが期待されます。このような背景のもと、今回、本システムのオープン性、科学技術計算処理における高性能、省スペース性が評価されて受注にいたりました。

 本システムは、1ノードにクアッドコアAMD Opteron(TM)プロセッサー(2.3GHz)を4個搭載し、2U(*5)サイズのコンパクトな筐体にプロセッサーやメモリなどを高密度に実装したノード952個を、高速多段クロスバネットワーク(*6)で接続し、単位面積あたりの性能3,738GFLOPS(*7)/m2を実現する省スペースな高性能スーパーコンピュータシステムです。

*5 1U: 約44.5mm
*6 多段クロスバネットワーク: 並列コンピュータ内部において複数のスイッチ段数で任意のノード間の接続を効率的に行うネットワーク
*7 1GFLOPS(ギガフロップス): 浮動小数点演算を1秒間に10億回実行する能力

 今回の発表にあたり、本システムについて以下のコメントをいただいています。

■ 東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門 教授 石川 裕氏
 このたび、T2Kオープンスパコン(*8)仕様を満たすマシンとして日立製作所製のPCサーバを基にしたクラスタシステムが導入されることになりました。本システムは理論性能値140TFLOPSという国内では最大のスパコンとなります。本システムの特徴を活かして、今まで当センターのユーザーではなかったPCクラスタユーザーや100TFLOPS規模の大規模シミュレーションを動かしたいユーザーに使って頂き、ペタスケール時代に向けた利用拡大に努めていきます。また、T2Kオープンスパコン仕様に基づくクラスタが、企業の計算センターや研究室レベルでも使われていくことを期待しています。

*8 T2Kオープンスパコン仕様:筑波大学、東京大学、京都大学で作成された共通仕様であって、基本アーキテクチャのオープン性、システムソフトウエアのオープン性、ユーザーニーズに対するオープン性を基本とする。

■ 東京大学情報基盤センターについて
 全国共同利用部門のスーパーコンピューティング部門と、学内共同利用部門の情報メディア教育部門、図書館電子化部門、キャンパスネットワーキング部門の合計4部門から構成されています。スーパーコンピューティング部門は、学術研究・教育を目的として一貫してその時代における最先端の計算機システムを導入し、全国の大学・研究機関に対して高水準な大規模計算サービスを提供しています。スーパーコンピューティング部門が所有する計算機システムは、日本の科学技術の発展に大きな役割を果たしており、大規模計算が必要な素粒子、航空宇宙、ナノ・マイクロ科学、電子デバイスや気候の分野などで多くの研究者に利用されています。特に気候分野では、大量の大気循環、海洋循環シミュレーションの計算結果と実観測データの対比・検証を繰り返して行う必要がある地球規模の気候モデルの開発において顕著な成果をあげています。

■ 「HA8000−tc/RS425」の特徴
(1) 最新のクアッドコアプロセッサーを採用することで優れた性能を発揮
 最新のクアッドコアAMD Opteron(TM)プロセッサー最大4個による16コアSMP(*9)の並列処理を実現しました。高速多段クロスバネットワークでノード間を接続することによって、ノード間転送の多い大規模科学技術計算を高速に処理します。また、OSはオープンソースであるRed Hat社のLinuxを採用し、優れたプログラム環境を提供します。

(2) 高密度実装により、省スペースな高性能システムを実現
 2Uサイズのコンパクトな筐体にプロセッサーやメモリなどを高密度に実装し、ラックキャビネットにノードを16台搭載したクラスタ環境では単位面積あたりの性能3,738GFLOPS/m2と省スペースな高性能システムを実現します。

(3) クラスタ/並列環境の提供
 米国Myricom社のMyri−10Gネットワーク(*10)を採用し、10ギガビットイーサネット級のノード間高速通信を実現しています。特に、大量データの高速転送のために、複数のネットワークアダプタを1つにまとめて動作させるトランキング機能をサポートしています。

(4) 日立が長年培ってきたハイパフォーマンスコンピューティング向け技術を提供
 日立開発の自動並列コンパイラをサポートし、論理方式からアプリケーションまでを見たトータルチューニングを行います。
posted by キャンドルチャート at 18:56| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、エスティマハイブリッドが「2015年度燃費基準」を達成

 TOYOTAは、新燃費基準の試験方法となる新しいモード(JC08モード) 走行燃費で認可を取得したエスティマハイブリッドを、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、2月1日より発売する。

 エスティマハイブリッドは、JC08モード走行燃費で18.0km/L[10・15モード走行燃費:20.0km/L](国土交通省審査値)を実現し、省エネ法に基づき策定された新たな燃費目標基準である「2015年度燃費基準」をいち早く達成した。

 1km走行あたりのCO2排出量換算値は、JC08モード走行で129g/km[10・15モード走行:116g/km]を実現している。


 *1:車両重量が2,000kg以下の場合の値
 *2:車両重量が2,020kg以下の場合の値
posted by キャンドルチャート at 18:50| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

東洋水産、Yahoo! JAPANコラボ企画による106万票が選び出した味!

マルちゃん 本気盛(マジモリ)

ニンニク焦がし油濃厚豚骨
鶏たっぷり濃厚塩

2008年2月18日 新発売


 東洋水産株式会社(本社:東京、社長:堤 殷)では、カップ入り即席麺「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ニンニク焦がし油醤油豚骨」「同 本気盛(マジモリ) 鶏たっぷり濃厚塩」を平成20年2月18日(月)より全国にて新発売致します。この度の商品は、Yahoo! JAPANとのコラボレーション企画による商品で、延べ106万票が選び出した味を商品化した消費者参加型の商品です。味のコンセプト募集から始まり、コンセプト・スープ・具材をそれぞれネット上で投票し、誕生した2つの味を開発致しました。

■商品コンセプト
 簡単・便利にガッチリ食べられる新縦型ビッグカップ麺。『本気盛』とYahoo! JAPANとのコラボレーションによる消費者参加型の企画商品です。企画の特性を活かし、今回の商品は"こってりラーメンの極み"という別コンセプトのもと、特にスープに力を入れた商品になっております。

■商品概要
 「ニンニク焦がし油醤油豚骨」は、ニンニク焦がし油を入れたスープが特徴の豚骨ラーメンです。「鶏たっぷり濃厚塩」は、鶏肉・鶏ガラを使った濃厚塩味ラーメン。どちらも味付けした香味豊かな麺、たっぷりの具材を合わせ、満足感たっぷりの食べ応えのある内容に仕上げました。
posted by キャンドルチャート at 16:30| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。