2008年01月08日

松下電器。PDPならではの超大画面高画質 世界最大(*1)150v型プラズマディスプレイパネルを開発 フルハイビジョンの4倍となる4K2Kの高解像度

 松下電器産業株式会社は、世界最大(*1)の150v型で、フルハイビジョンパネル(207万画素; 水平1,920 x 垂直1,080)の約4倍に相当する884万画素(水平4,096 x 垂直2,160)を有する超大型高精細プラズマディスプレイパネル(以下PDP)を開発しました。

 当社は2006年に103v型PDPを商品化し、商業・文教施設や放送局などのビジネス用途から、一般ご家庭向けのホームシアターまで、グローバルで活発な引き合いを受け、超大画面薄型テレビ市場を開拓してきました。

 このたび、プロセス技術や駆動技術など基盤技術の飛躍的な技術革新により、PDPは更なる「大画面」「高精細」へ進化しました。

 これまで103v型で培った超大型パネル形成技術を更に進化させ、150型クラスの超大画面のリブ(*2)や電極を均一に形成できるプロセス技術を開発。50v型9枚分に相当する超大画面の全画素において、放電の均一性や安定性を確保しました。さらに、4K2Kの高密度画素に対応する「超高速駆動技術」を新たに開発し、フルハイビジョンの約4倍もの画素を有しながら、現行の103v型フルハイビジョンモデルと同等の高輝度を実現しました。
 これにより、コントラストや動画解像度(*3)が高く、質感までをも映すPDPならではの高画質映像が、人物が等身大で映る、迫力の超大画面で実現しました。

 現在、150型クラスの超大型表示デバイスには、フロント投射型のプロジェクターやLEDディスプレイなどがありますが、直視型のPDPなら、明るい環境下でも輝度やコントラストが高く、色鮮やかで緻密な映像再現が可能となります。本開発品は、従来のディスプレイでは実現しなかった、全く新しい映像体験を提供することから、PDPの更なる需要拡大が期待できます。

 当社は、今後も技術革新を一層推し進め、PDPだからこそ実現出来る大画面・高画質を追求してまいります。

*1: 2008年1月8日現在 
*2: PDPの画素は、赤、緑、青の三つの発光セルに分かれており、それぞれの発光強度差により様々な色を表現します。 リブとは、セルを区分する微小な仕切りのことで、このリブがあることにより、隣接するセルとの干渉を抑え、色にじみのない映像を提供することが可能となります。
*3: 動画解像度とは、動画像において、人の目で識別できる表示の細かさを定量的に本数で表すものです。(次世代PDP開発センター(APDC)測定方式)


【特許】
 国内特許 28件、海外特許 12件(出願中を含む)


【主な仕様】
 サイズ            150v型 
 画素数            884万画素(水平4,096×垂直2,160) 
 画面有効寸法       横幅:3,317.7mm 高さ:1,874.8mm
                 対角:3,810.7mm 
 コントラスト(周囲光無)  10,000:1 
posted by キャンドルチャート at 21:43| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カネカ、塩化ビニール樹脂の価格修正について

― 1月21日納入分より、キログラム当たり15円〜20円の値上げ ―


 株式会社カネカ(本社:大阪市北区。社長:大西正躬)は、原料高騰を受け塩化ビニール樹脂(PVC)の販売価格を修正する。具体的には、現行価格に対しキログラム当たり15〜20円以上の値上げとし、1月21日納入分より実施する。対象は汎用PVCの他塩ビペースト樹脂、架橋塩ビ、酢ビコポリマー、塩素化塩ビ等全ての品種で実施する。

 当社は、昨年6月末にキログラム当たり15円の値上げを実施した。しかしながら、その後も原油・ナフサ価格の高騰は続き、昨年10〜12月期のナフサ価格はキロリットル当たり61,000円〜62,000円で推移し、本年1〜3月期の価格は、キロリットル当たり68,000円前後が見込まれる。加えて、原油の高騰が物流、ユーティリティコスト等の上昇を招き、急激に収益悪化が進んでいる。また原油の騰勢は沈静化する気配を見せておらず、さらなる価格高騰のリスクが増大している。

 この間、当社は継続的にコスト吸収の努力をしてきているが、このような原料価格の騰勢に対して、自助努力だけでは限界に達しており、需要家への価格転嫁も避けられない状態となった。

 PVCの海外市況については、一時低迷していたものの、その後反転しており、中国の旧正明けには需要が旺盛となっていくことが予測されることから、輸出価格はさらなる上昇が見込まれる。
 今回の値上げは、足元の国内需要が停滞する状況下で、原料高騰分の転嫁のお願いになるが、先行き不透明な情勢下、いつまでも不採算の状況を許容するわけにはいかないと判断した。
posted by キャンドルチャート at 18:58| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立、東京大学情報基盤センターから国内最高性能のスーパーコンピュータシステムを受注

 株式会社日立製作所 (執行役社長:古川 一夫/以下、日立)は、このたび、東京大学情報基盤センター(センター長:米澤 明憲)から、テクニカルサーバ「HA8000−tc/RS425」952ノード(*1)で構成されたスーパーコンピュータシステムを受注しました。本システムは最大理論ピーク性能(*2)が140TFLOPS(*3)となる国内最高性能(*4)のスーパーコンピュータシステムで、2008年6月に稼働予定です。

*1 ノード: 並列コンピュータを構成する独立した演算処理単位。ノードはクラスタを構成するサーバを意味する。
*2 最大理論ピーク性能:実際にプログラムを実行したときの性能ではなく、コンピュータを構成する同時に動作可能な全演算器が、同時に動作したときの性能の和
*3 1TFLOPS(テラフロップス): 浮動小数点演算を1秒間に1兆回実行する能力
*4 2007年11月当社調べ

 近年、スーパーコンピュータの新しいニーズとして、ゲノム情報処理、データマイニング、物理シミュレーションに基づくアニメーションなどの新しい分野が現れてきました。さらに、新しいアプリケーション利用技術であるWEBユーザーインタフェース、グリッド技術などへの対応が求められているようになってきています。これらの要求に応えるものが、オープンソフトウエアとの親和性が高く、ユーザーに親しみやすいプログラム環境を実現できるコンピュータシステムです。

 東京大学情報基盤センターは、全国共同利用施設であり、オープンソフトウエアとの親和性が高いLinuxプラットフォームを提供することで、科学技術分野で多くの優れた研究成果が得られることが期待されます。このような背景のもと、今回、本システムのオープン性、科学技術計算処理における高性能、省スペース性が評価されて受注にいたりました。

 本システムは、1ノードにクアッドコアAMD Opteron(TM)プロセッサー(2.3GHz)を4個搭載し、2U(*5)サイズのコンパクトな筐体にプロセッサーやメモリなどを高密度に実装したノード952個を、高速多段クロスバネットワーク(*6)で接続し、単位面積あたりの性能3,738GFLOPS(*7)/m2を実現する省スペースな高性能スーパーコンピュータシステムです。

*5 1U: 約44.5mm
*6 多段クロスバネットワーク: 並列コンピュータ内部において複数のスイッチ段数で任意のノード間の接続を効率的に行うネットワーク
*7 1GFLOPS(ギガフロップス): 浮動小数点演算を1秒間に10億回実行する能力

 今回の発表にあたり、本システムについて以下のコメントをいただいています。

■ 東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門 教授 石川 裕氏
 このたび、T2Kオープンスパコン(*8)仕様を満たすマシンとして日立製作所製のPCサーバを基にしたクラスタシステムが導入されることになりました。本システムは理論性能値140TFLOPSという国内では最大のスパコンとなります。本システムの特徴を活かして、今まで当センターのユーザーではなかったPCクラスタユーザーや100TFLOPS規模の大規模シミュレーションを動かしたいユーザーに使って頂き、ペタスケール時代に向けた利用拡大に努めていきます。また、T2Kオープンスパコン仕様に基づくクラスタが、企業の計算センターや研究室レベルでも使われていくことを期待しています。

*8 T2Kオープンスパコン仕様:筑波大学、東京大学、京都大学で作成された共通仕様であって、基本アーキテクチャのオープン性、システムソフトウエアのオープン性、ユーザーニーズに対するオープン性を基本とする。

■ 東京大学情報基盤センターについて
 全国共同利用部門のスーパーコンピューティング部門と、学内共同利用部門の情報メディア教育部門、図書館電子化部門、キャンパスネットワーキング部門の合計4部門から構成されています。スーパーコンピューティング部門は、学術研究・教育を目的として一貫してその時代における最先端の計算機システムを導入し、全国の大学・研究機関に対して高水準な大規模計算サービスを提供しています。スーパーコンピューティング部門が所有する計算機システムは、日本の科学技術の発展に大きな役割を果たしており、大規模計算が必要な素粒子、航空宇宙、ナノ・マイクロ科学、電子デバイスや気候の分野などで多くの研究者に利用されています。特に気候分野では、大量の大気循環、海洋循環シミュレーションの計算結果と実観測データの対比・検証を繰り返して行う必要がある地球規模の気候モデルの開発において顕著な成果をあげています。

■ 「HA8000−tc/RS425」の特徴
(1) 最新のクアッドコアプロセッサーを採用することで優れた性能を発揮
 最新のクアッドコアAMD Opteron(TM)プロセッサー最大4個による16コアSMP(*9)の並列処理を実現しました。高速多段クロスバネットワークでノード間を接続することによって、ノード間転送の多い大規模科学技術計算を高速に処理します。また、OSはオープンソースであるRed Hat社のLinuxを採用し、優れたプログラム環境を提供します。

(2) 高密度実装により、省スペースな高性能システムを実現
 2Uサイズのコンパクトな筐体にプロセッサーやメモリなどを高密度に実装し、ラックキャビネットにノードを16台搭載したクラスタ環境では単位面積あたりの性能3,738GFLOPS/m2と省スペースな高性能システムを実現します。

(3) クラスタ/並列環境の提供
 米国Myricom社のMyri−10Gネットワーク(*10)を採用し、10ギガビットイーサネット級のノード間高速通信を実現しています。特に、大量データの高速転送のために、複数のネットワークアダプタを1つにまとめて動作させるトランキング機能をサポートしています。

(4) 日立が長年培ってきたハイパフォーマンスコンピューティング向け技術を提供
 日立開発の自動並列コンパイラをサポートし、論理方式からアプリケーションまでを見たトータルチューニングを行います。
posted by キャンドルチャート at 18:56| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、エスティマハイブリッドが「2015年度燃費基準」を達成

 TOYOTAは、新燃費基準の試験方法となる新しいモード(JC08モード) 走行燃費で認可を取得したエスティマハイブリッドを、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、2月1日より発売する。

 エスティマハイブリッドは、JC08モード走行燃費で18.0km/L[10・15モード走行燃費:20.0km/L](国土交通省審査値)を実現し、省エネ法に基づき策定された新たな燃費目標基準である「2015年度燃費基準」をいち早く達成した。

 1km走行あたりのCO2排出量換算値は、JC08モード走行で129g/km[10・15モード走行:116g/km]を実現している。


 *1:車両重量が2,000kg以下の場合の値
 *2:車両重量が2,020kg以下の場合の値
posted by キャンドルチャート at 18:50| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。