2008年01月16日

新日本石油、次世代型燃料電池(SOFC)システムの実証試験運転を開始

 当社(社長:西尾 進路)は、財団法人新エネルギー財団(NEF)が実施する 「平成19年度 固体酸化物形燃料電池(SOFC)実証研究」において、LPG仕様および灯油仕様の2種類のシステムによる実証試験運転を本日、開始しましたのでお知らせいたします。

 固体酸化物形燃料電池(SOFC:Solid Oxide Fuel Cell)は、各種の燃料電池の中で最高の発電効率を達成可能であることから、現在開発が進んでいる固体高分子形燃料電池(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)と比べて電気需要の多いご家庭などでの使用に適した次世代の燃料電池と期待されております。

 本実証研究で、当社はシステム提供者としてSOFCシステムを製造するとともに、設置・運転試験者として横浜市内にある当社関連施設の管理人の居住部分に設置し、実際の環境下でのデータを今後6ヶ月以上にわたり取得することにより、最新技術レベルおよび技術的問題点を把握し、今後の技術開発の課題を抽出してまいります。なお、石油系燃料(LPG仕様および灯油仕様)では当社のみがこの実証研究に参加しております。

 当社は、このSOFCシステムに、石油系燃料から高効率で水素を製造できる独自の改質装置やシステム制御装置など、当社技術の粋を組み込んでおり、今後も燃料電池の普及に向けて様々な施策に取り組んでまいります。


 記


1.SOFCシステム概要

(1)システム仕様
 ※ 関連資料参照

(2)システム設置場所
 1)LPG仕様
  当社 社員研修センター(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市都筑区勝田南1−21−1
 2)灯油仕様
  当社 栄町寮(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市鶴見区栄町通3−32−1

(3)実証期間
 2008年1月16日(水)から6ヶ月以上
posted by キャンドルチャート at 22:08| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本工作機械工業会、「2007年12月分受注額(総額・内需・外需)速報」集計結果について

 2007年12月分工作機械受注速報がまとまりましたので、以下の通りご報告致します。



(単位:百万円・%)

       07/12月分 前月比 前年同月比 07/1月〜12月分 前年同月比

受注総額  130,255  95.4  103.3    1,589,415    110.6

 うち内需   58,516  92.5  102.8      726,224     99.1

 うち外需   71,739  97.8  103.7      863,191    122.6

※1.集計対象企業は、日工会受注ベースに同じです。
 2.上記数値は速報値であり、確報値は1月22日(火)に発表予定です。
posted by キャンドルチャート at 21:59| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱重工、M501G型ガスタービン6基と長期メンテナンス契約を受注、米国の電力会社ジョージア・パワー社から

 三菱重工業は、米国の電力会社であるジョージア・パワー社(Georgia Power)から、同社がジョージア州スミュルナ市に保有するジャック・マクドノフ(Jack McDonough)発電所向けM501G型ガスタービン6基(うち、2基はオプション)を受注し、併せて、長期メンテナンス契約も締結した。当社原動機事業の米国営業拠点であるMPSA(Mitsubishi Power Systems Americas, Inc.)を通じて受注したもので、天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備の中核機器として、総計252万kWの高効率な電力供給を支えることになる。

 今回のM501G型ガスタービンは、1系列84万kWのGTCC 3系列に設置されるもの。各系列はそれぞれ、ガスタービン2基、排熱ボイラー2基、蒸気タービン1基で構成される。運転開始は2011年2月(1系列)、同6月(2系列)、2012年6月(3系列、オプション)の予定。
 当社はガスタービンを製作・供給するだけでなく、ガスタービンおよび関連機器の設置・試運転を支援する。また、運転開始後は、長期メンテナンス契約に基づき、GTCC発電設備の保守・管理に当たる。

 ジョージア・パワー社は、米国最大級の電力会社であるサザン・カンパニー(Southern Company)傘下の最有力企業で、ジョージア州ほぼ全域の約230万世帯に電力を供給している。

 M501G型ガスタービンは、世界最大級の出力・効率を誇る1,500℃級(タービン入り口温度)の60Hz用ガスタービン。これまで長く培ったガスタービンの技術をベースに、最新の空力/冷却設計技術や耐熱材料技術を融合して更なる大容量、高効率を達成、また、G型ガスタービンの特徴である蒸気冷却式燃焼器を採用して、NOx(窒素酸化物)排出の削減も実現した。すでに国内外で約40台の受注実績を持つ。

 GTCC発電設備は、ガスタービンにより発電を行い、その排熱を利用して蒸気タービンでも発電する方式。従来火力プラントと比較して約20%高い効率を実現するなど、省エネルギーや環境保全にも大きく貢献する。ガス価格の高騰などにより、更なる発電効率の向上が要求されていることから、当社は今後も、その中核機器となる、世界最大級の出力・効率を誇るG型ガスタービンの営業を積極的に展開していく。
posted by キャンドルチャート at 21:53| プレスリリース・重電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株式市場、大幅安に福田首相は

posted by キャンドルチャート at 21:38| 東京市場の状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。