2008年01月21日

不動産経済研究所、《首都圏マンション市場動向》2007年のまとめ

◎都下以外で2ケタダウン、都区部は3割減の1.6万戸、全体では18%減の6.1万戸。

◎平均価格4,644万円、全エリアでグロス・単価ともにUP、都区部は19%上昇。


(1)2007年1〜12月に首都圏で供給された民間分譲マンションは6万1,021戸であった。
 前年(2006年=7万4,463戸)に比べて1万3,442戸(18.1%)の減少。過去最多は2000年の9万5,635戸。

(2)東京都区部30.0%減、都下10.3%増、神奈川県16.8%減、埼玉県19.0%減、千葉県12.7%減。

(3)1戸当たりの平均価格は4,644万円で前年比10.6%のアップ。5年連続の上昇。
 東京都区部6,120万円、都下4,263万円、神奈川県4,500万円、埼玉県3,684万円、千葉県3,672万円。

(4)億ションは1,344戸。前年(914戸)比430戸(47.0%)の増加。過去最多=1990年3,079戸。
 最高額は8億円(「有栖川パークハウス」、港区、全23戸、専有面積236.85m2、m2単価337.8万円)。
 (定借物件で10億円住戸「広尾ガーデンフォレスト桜レジデンス」、港区、全354戸、専有面積288.76m2、m2単価346.3万円)。

(5)初月契約率は月間平均が69.7%、前年(78.3%)比8.6ポイントのダウン。
 累積契約率は83.8%、前年(89.7%)比5.9ポイントのダウン。

(6)12月末の販売在庫数は1万763戸、前年末(8,173戸)比2,590戸の増加。

(7)2008年の供給は5万4,000戸程度、前年比11.5%の減少見込み。


☆首都圏のマンション市場動向<2007年の概要>

1.首都圏における2007年年間(1〜12月)の新規供給戸数は6万1,021戸である。対前年(7万4,463戸)比18.1%(1万3,442戸)の減少である。

2.首都圏の都県別供給戸数は東京都区部1万6,563戸、東京都下7,728戸、神奈川県1万7,016戸、埼玉県8,527戸、千葉県1万1,187戸である。
 東京都区部30.0%減、神奈川県16.8%減、埼玉県19.0%減、千葉県12.7%減。都下のみ10.3%の増加。都区部は3年連続で2割超の大幅減少。

3.2007年の分譲価格は首都圏平均で4,644万円である。2006年の平均価格4,200万円に比べて444万円・10.6%のアップであった。5年連続の上昇。
 東京都区部6,120万円(2006年5,149万円)、都下4,263万円(2006年3,932万円)、神奈川県4,500万円(2006年4,150万円)、埼玉県3,684万円(2006年3,401万円)、千葉県3,672万円(2006年3,330万円)。全エリアで値上がり。

4.m2単価は首都圏平均61.4万円で2年連続の上昇。都区部85.6万円、都下56.0万円、神奈川県59.3万円、埼玉県49.6万円、千葉県44.8万円。
 全エリアで値上がりを見せた。上昇率は都区部19.7%、都下8.9%、神奈川県9.8%、埼玉県9.3%、千葉県9.0%。

5.マンションの売れ行きは、2007年の初月契約率の平均が69.7%であり、2006年の78.3%を8.6ポイント下回っている。上期75.2%、下期65.0%。
 初月契約率の平均の推移=’06年78.3%、’05年82.5%、’04年79.0%、’03年78.1%、’02年75.4%、’01年78.1%、’00年79.6%、’99年79.0%。
 累積契約率は83.8%で2006年の89.7%比で5.9ポイント下落。

6.販売在庫数は12月末現在で1万763戸。2006年末の8,173戸に比べて2,590戸の増加である。2年連続の増加。’06年末8,173戸、’05年末5,987戸、’04年末7,900戸、’03年末9,728戸、’02年末1万1,611戸、’01年末9,571戸、’00年末8,903戸、’99年末8,712戸、’98年末1万1,107戸。

7.’07年年間の即日完売戸数は6,841戸(全体の11.2%)、フラット35登録物件(3月までの公庫付物件を含む)は3万6,609戸(同60.0%)である。
 ’06年年間の即日完売戸数は1万5,178戸(全体の20.4%)、住宅金融公庫融資付きは4万6,719戸(同62.7%)である。

8.2008年の供給見込みは5万4,000戸。’07年に比べて11.5%減少する見込みである。
posted by キャンドルチャート at 16:32| プレスリリース・不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産経済研究所、≪首都圏のマンション市場動向≫−2007年12月度−

◎12月供給20.2%減の8,190戸も、年間では6万戸突破。

◎契約率’92年2月以来の50%台、在庫5年振りに1万戸台に。

(1)12月の発売は8,190戸、前年同月(10,259戸)比20.2%減、前月(3,868戸)比111.7%増。1〜12月の累積発売6万1,021戸。

(2)契約率59.3%、前年同月比14.1ポイントダウン、前月比では4.7ポイントダウン。
 ’07年11月64.0%、10月62.5%、9月65.9%、8月65.6%、7月74.1%、6月69.1%、5月75.7%、4月74.3%、3月80.5%、2月77.5%、1月74.1%、’06年12月73.4%。

(3)1戸当り価格は4,447万円、1m2当り単価は58.3万円。
 前年同月比で戸当り436万円(10.9%)のアップ、m2単価は6.0万円(11.5%)アップしている。

(4)販売在庫数は10,763戸、前月末比2,094戸の増加(’07年11月末8,669戸、’06年12月末8,173戸)。

(5)即日完売物件(16物件440戸)
 1)ルフォン御殿山 1期2・3次 (品川区、5戸、平均10,966万円、平均1倍、最高1倍)
 2)アイランドグレース 1期(川崎) (川崎区、80戸、平均3,765万円、平均1.06倍、最高2倍)
 3)シンフォニーレジデンス 1期(東鷲宮) (北葛飾郡、150戸、平均2,666万円、平均1倍、最高1倍)
 4)The NOBUTO HILLS 1期(西千葉) (中央区、51戸、平均4,903万円、平均1.1倍、最高2倍)

(6)12月の超高層物件(20階以上)は17物件566戸(38.1%減)、契約率80.9%(前年同月17物件915戸、契約率91.9%)である。


☆首都圏のマンション市場動向(2007年12月度)

1.12月の新規発売戸数は8,190戸である。対前年同月(10,259戸)比20.2%減、対前月(3,868戸)比111.7%増である。

1.12月の地域別発売戸数は東京都区部2,056戸(全体比25.1%)、都下1,097戸(同13.4%)、神奈川県2,741戸(同33.5%)、埼玉県780戸(同9.5%)、千葉県1,516戸(同18.5%)となっている。東京都のシェアは38.5%。

1.新規発売戸数に対する契約戸数は4,859戸で、月間契約率は59.3%。前月の64.0%に比べて4.7ポイントダウン、前年同月の73.4%に比べて14.1ポイントダウンとなっている。

1.12月の地域別契約率は都区部62.0%、都下47.6%、神奈川県58.2%、埼玉県71.4%、千葉県60.1%である。

1.12月の1戸当り平均価格、1m2当り単価は、4,447万円、58.3万円である。
 2007年11月は4,684万円、63.6万円であったので、前月比総額では237万円(5.1%)のダウン、m2単価は5.3万円(8.3%)ダウンしている。
 2006年12月は4,011万円、52.3万円であったので、前年同月比総額では436万円(10.9%)のアップ、m2単価は6.0万円(11.5%)アップしている。

1.12月の地域別平均価格、1m2当り分譲単価は以下のとおり。
 東京都区部5,648万円、79.9万円(12.3%アップ、13.0%アップ)、都下4,019万円、52.3万円(2.6%アップ、±0%)、神奈川県4,502万円、58.6万円(12.5%アップ、16.7%アップ)、埼玉県3,475万円、45.7万円(1.0%アップ、0.2%アップ)、千葉県3,527万円、42.6万円(10.6%アップ、4.2%アップ)。

1.即日完売は440戸(全体の5.4%)で、フラット35登録物件戸数は4,075戸(同49.8%)であった。

1.12月末現在の翌月繰越販売在庫数は10,763戸で、2007年11月末現在の8,669戸に比べて2,094戸の増加。2006年12月末残戸数は8,173戸。

1.なお、2008年1月の発売戸数は3,500戸前後の見込みである(’07年1月2,868戸、’06年1月3,244戸、’05年1月3,487戸、’04年1月3,707戸)。


《首都圏の建売住宅市場動向》
−2007年12月度−


◎発売戸数は575戸、契約率42.1%

1.12月の新規発売戸数は575戸である。対前年同月(633戸)比9.2%減、対前月(534戸)比7.7%増。

1.12月の地域別発売戸数は東京都174戸(全体比30.3%)、千葉178戸(同31.0%)、埼玉県102戸(同17.7%)、神奈川県120戸(同20.9%)、茨城県1戸(同0.2%)となっている。

1.新規発売戸数に対する契約戸数は242戸で、月間契約率は42.1%、前月の38.0%に比べて4.1ポイントアップ、前年同月の53.7%に比べて11.6ポイントダウンしている。
 12月の地域別契約率は東京都38.5%、千葉県48.9%、埼玉県32.4%、神奈川県45.0%、茨城県100%である。

1.12月の1戸当り平均価格は、5,056.7万円である。
 2007年11月は4,473.6万円であったので、前月比総額では583.1万円(13.0%)アップしている。
 2006年12月は4,540.5万円であったので、前年同月比総額では516.2万円(11.4%)アップしている。
 12月の地域別平均価格は東京都5,824.6万円、千葉県3,885.2万円、埼玉県4,131.0万円、神奈川県6,481.0万円、茨城県3,500.0万円。

1.即日完売は22戸であった。

1.月末現在の翌月繰越販売在庫数(発売後6ヶ月以内)は1,199戸で、2007年11月末現在の1,099戸に比べて100戸の増。
 2006年12月末残戸数は1,097戸。


◎調査対象
(a)物件所在地:東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県南部
(b)民間業者による分譲物件:不動産協会、日本住宅建設産業協会会員主体
(c)原則として10戸以上の物件
posted by キャンドルチャート at 16:26| プレスリリース・不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本鉄鋼連盟、鉄鋼生産概況 2007年12月

2007暦年の粗鋼生産 1億2,020万トン、前年比3.4%増
− 史上最高の年間生産量
12月1,038万トン、前月比2.6%増、前年同月比3.2%増
10〜12月 3,087万トン、前年同期比2.3%増


(1)2007暦年概況
◎ 2007暦年の銑鉄、粗鋼、熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産はいずれも前年を上回り、粗鋼及び熱間圧延鋼材生産はともに史上最高を記録した。

○ 銑鉄生産は8,677.1万トンと、前年の8,427.0万トンを250.0万トン、3.0%上回り、6年連続の増加となり、史上5位の高水準となった。

○ 粗鋼生産は1億2,019.9万トンと、前年の1億1,622.6万トンを397.3万トン、3.4%上回り、これまで最高だった1973年の1億1,932.2万トンを抜いて、史上最高となった。
 炉別生産では、転炉鋼が8,924.2万トン(前年比3.8%増/史上3番目)、電炉鋼が3,095.7万トン(同2.3%増)となり、電炉鋼比率は前年比0.2ポイント低下の25.8%となった。
 鋼種別では普通鋼が9,405.9万トン(前年比3.7%増)、特殊鋼が2,614.0万トン(同2.4%増)となり、特殊鋼生産は6年連続で過去最高記録を更新した。

○ 熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産は1億819.7万トンと前年比3.9%増で、5年連続で1億トン台に乗せ、1990年の1億471.0万トンを抜いて史上最高となった。このうち、特殊鋼熱間圧延鋼材は6年連続で過去最高を更新した。
 品種別にみると、広幅帯鋼と亜鉛めっき鋼板は史上最高となった。


(2)12月及び10〜12月概況
◎ 2007年12月の鉄鋼生産は、銑鉄、粗鋼、熱間圧延鋼材のいずれも、前月比、前年同月比とも増加となった。

○ 12月の銑鉄生産は743.1万トンと、前月比26.9万トン、3.8%増加、前年同月比1.8%増加となり、前年同月比では18カ月連続で増加した。また10〜12月では前年同期比1.5%増の2,207.3万トンとなった。なお、12月の高炉稼働基数は前月比1基増の34基中28基であった。

○ 12月の粗鋼生産は1,038.2万トンと、前月比26.2万トン、2.6%増となり、前年同月比では3.2%増と19カ月連続の増加となり、3カ月連続の1千万トン台乗せとなった。月間としては1973年10月の1,066.0万トンに次ぐ史上2位で、12月としては史上最高であった。
 この結果、10〜12月では前年同期比2.3%増の3,087.3万トン(1973年10〜12月の3,126.6万トンに次ぐ史上2位)となった。
 12月の炉別生産をみると、転炉鋼は775.6万トンと前月比4.2%増(前年同月比3.7%増)、電炉鋼は262.7万トンと同1.8%減(同2.0%増)となった。前年同月比では転炉鋼は19カ月連続の増加、電炉鋼は2カ月振りの増加となった。
 12月の鋼種別生産では、普通鋼は821.4万トンと前月比3.6%増(前年同月比4.6%増)、特殊鋼は216.8万トンと同1.0%減(同1.5%減)となり、前年同月比では普通鋼が19カ月連続の増加、特殊鋼が3カ月振りの減少となった。

○12月の熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産は911.1万トンと前月比4.4万トン、0.5%増(前年同月比2.2%増)となり、前年同月比では19カ月連続の増加となった。
 10〜12月では前年同期比1.6%増の2,743.8万トンで史上最高となった。

○普通鋼熱間圧延鋼材(一般)の生産は733.1万トンと前月比13.7万トン、1.9%増(前年同月比2.7%増)となり、前年同月比で19カ月連続の増加となった。
 10〜12月では2,199.4万トン(前年同期比1.7%増)となった。
 12月の生産品種別では、条鋼類が202.2万トン、前月比0.2%減(前年同月比6.3%減)で、前年同月比では4カ月連続の減少となった。一方、鋼板類は523.1万トン、前月比2.5%増 (前年同月比6.4 %増)で、前年同月比では19カ月連続の増加となった。

 12月の主要品種の生産内訳をみると、鋼板類では最大のウエイトを占める広幅帯鋼が408.7万トン(前月比4.9%増、前年同月比6.2%増)と前年同月比19カ月連続で増加した。厚板は107.8万トン(同3.9%減、同11.8%増)と同14カ月連続の増加となった。一方、条鋼類では中小形形鋼(13.1万トン、同7.9%増、同3.9%増)が前年同月比7カ月振りに増加したものの、小形棒鋼(90.3万トン、同4.9%減、同13.5%減)が同4カ月連続の減少、H形鋼(40.3万トン、同2.0%増、同1.7%減)が同2カ月連続の減少、大形形鋼(12.8万トン、同4.2%増、同1.3%減)が同2カ月連続の減少と主要品種で減少傾向が続いている、

○ 特殊鋼熱間圧延鋼材の生産は、178.0万トンと前月に比べ9.3万トン、5.0%減(前年同月比0.2%増)と、前年同月比では2カ月連続の増加となった。
 また10〜12月では544.3万トン(前年同期比1.4%増)で、2007年1〜3月期に次ぐ史上2位であった。
posted by キャンドルチャート at 16:24| プレスリリース・鉄鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タムロン、35mm判フルサイズ一眼レフカメラ対応 マクロも得意な小型・軽量、高画質望遠ズーム AF 70−300mm F/4−5.6 Di LD Macro 1:2  (Model A17NII) AFモーター内蔵ニコン用レンズ 新発売

 株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、35mm判フルサイズ一眼レフカメラ対応のズームレンズ『AF 70−300mm F/4−5.6 Di LD Macro 1:2 』(Model A17NII)AFモーター内蔵のニコン用レンズを発売いたしますのでお知らせ申し上げます。


 商品名:AF70−300mm F/4−5.6 Di
      (Model A17N II)
      ニコン用
 希望小売価格:希望小売価格47,000円(税込 49,350円)
 発売日:2008年2月1日発売予定


■仕 様
 焦点距離:70−300mm
 明るさ   :F/4−5.6
 画 角  :34° 21' − 8° 15'
 レンズ構成:9群13枚 
 最短撮影距離(m):ノーマルモード時1.5m
             マクロモード時0.95m(f=180−300mm域)

 最大撮影倍率:1:2(f=300mm、最短撮影距離:0.95m)
 フィルター径 :φ62mm
 全 長     :116.5mm
 最大径     :φ76.6mm
 質 量     :458g 
 絞り羽根    :9枚
 最小絞り    :F/32
 標準付属品  :丸型フード

 *仕様、外観、性能等はお断りなく変更される場合があります。

<読者の方からの商品に関するお問い合わせ電話番号>
 株式会社タムロン 東京営業所  TEL:03‐3251‐3856
posted by キャンドルチャート at 16:21| プレスリリース・精密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェザーニューズ、高速道路で“視界不良の恐れ”の場合 携帯電話にメールでお知らせ

みんなで道路情報を共有する試み『雪道守り隊』の一環として開始


 株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、冬期に高速道路を利用される方のためのサービス「視界不良お知らせメール」を、携帯電話向けに1月21日(月)からスタートしました。本サービスは、吹雪が発生しやすい高速道路区間において、視界不良の危険性がある際、携帯電話にメールでお知らせします。ウェザーニューズでは、昨年末から北海道、東北、中部エリア向けに、ドライバーなどの一般の方と共に道路情報を共有し、雪道での安全運転を推進する試み『雪道守り隊』を展開しています。この度開始した「視界不良お知らせメール」は、その一環として提供するサービスです。


 携帯電話向けサイト「ウェザーニュース」
   http://wni.jp
 (北海道、東北、中部の各エリアチャンネル『雪道守り隊』内)


【「雪道守り隊」の取り組み】

安全運転のための知恵が集結

 「雪道守り隊」は、北海道・東北・中部を対象に、昨年12月末から展開している試みです。この試みはドライバーや歩行者など、道路を利用する方々が、ウェザーニュース携帯電話サイト上でネットワーク化し、リアルタイムで路面情報や、雪道での留意点などの情報共有を行うものです。携帯電話サイトでは、積雪状況や路面状態に関し携帯電話を使って写真付きで報告する「雪道リポート」、雪道での危険体験を共有する「私のヒヤリ体験談」、予め登録した地点の路面状態や雪氷作業など道路のコンディションをメールで受け取ることが出来る「雪道案内メール」など、雪道における安全運転を進める様々なコンテンツの提供を行っています。


◆「視界不良お知らせメール」

 今回新たに開始する「視界不良お知らせメール」は、道路に関する様々な情報を受け取ることが出来る雪道ソリューションの一つで、東北エリアの高速道路で吹雪が発生しやすい区間を対象に、吹雪により視界不良の恐れがある際、携帯電話にメールでお知らせしてくれるサービスです。現在、「秋田道の横手IC付近」と「古川IC付近」の2箇所での提供を行っており、これらメールサービスは、要望により今後、拡大していく予定です。

 ウェザーニューズでは、ドライバーの安全・安心・快適の実現を目指し、ドライバーをサポートする様々なサービスを今後も展開して行く予定です。


携帯電話向けサイトについて

 ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話各社でサービスを利用することができる気象情報サイトで、現在、全国で約160万人が登録。月額105円で、天気予報を市町村単位のピンポイントで1時間ごとにチェックできるほか、地震、台風、落雷などの「防災コンテンツ」、桜、花粉、紅葉などの「季節コンテンツ」、釣り、ゴルフなどの「レジャーコンテンツ」、雨降りアラーム、地震メールの「メールサービス」など、生活に密着した約40の様々なコンテンツを利用することができる。また、各コンテンツでは、“季節・天気を楽しむ”をテーマに、サイト利用者参加型の取り組みなども多数行っている。
 URL:http://wni.jp


株式会社ウェザーニューズ(東証1部<4825>)について
 世界主要国/地域に36の営業拠点を持つ、世界最大の民間気象情報会社。海、空、陸のあらゆる気象現象の世界最大規模のデータベースを有し、独自のピンポイント予報により、航空、海運、流通、自治体などの各業務の問題解決情報を提供している。一般個人・大衆に対しては、携帯電話、インターネット、BSデジタル放送等のメディアを通じて、個人の生活を支援する各種情報を提供。
 ホームページ:http://weathernews.com/jp/c
posted by キャンドルチャート at 16:16| プレスリリース・通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アース製薬、1月19日(土)付の新聞報道について

 1月19日(土)付の日本経済新聞において、当社がフマキラー株式会社の筆頭株主となり、同社に向けて経営統合を呼びかけるという内容の記事が掲載されましたが、同社へ正式に経営統合を申し入れした事実はございません。当社の同社株式の取得は経営統合を目的としたものではなく、あくまでも純投資が目的であります。
posted by キャンドルチャート at 16:06| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。