2008年01月29日

富士重工:新型フォレスター発売後約1ヶ月で4,285台を受注

 富士重工業が、2007年12月25日に発売した新型フォレスターの受注台数は、発売後約1ヶ月間(2008年1月27日まで)で月販目標の2,000台の2倍を上回る4,285台となり、好調なスタートをきった。

 ユーザーの年齢層では、20代、30代の若いユーザーからの受注が全体の42%を占める一方で、50代以上のユーザーからの受注も37%を占めるなど、当初の狙い通りに幅の広いユーザーから支持をいただいている。また、性別では、全体の93%が男性からの受注であった。
 グレード別では、扱いやすく経済性に優れ、充実した装備のスタンダードモデルである2.0XSが全受注の61%、ターボエンジンの力強い走りと優れた環境性能をバランスさせたツーリングモデルである2.0XT が34%となっている。

 ボディ色で最も人気が高いのは、スパークシルバー・メタリックの27%、次いでオブシディアンブラック・パール25%、サテンホワイト・パール16%、ダークグレー・メタリック15%という状況となっている。

 メーカーオプションの装着率は、便利で使い勝手の良いキーレスアクセス&プッシュスタートが全受注の30%、モダンでクールなイメージを保ちながら、上質感と開放感を持たせたプラチナ色の内装と開放感あふれる大型ガラスサンルーフを組み合わせたプラチナセレクションが16%、オーディオ一体型HDD ナビゲーションシステムが12%などとなっている。

 特約店への来店ユーザーの評価点としては、「室内の広さ」、「高い質感」、「力強さを感じさせる外装のデザイン」、「静粛性の高さ」、「乗り心地の良さ」、「VDC(車両挙動制御システム)を全車標準装備」、「快適装備の充実」、「印象に残る広告宣伝」などが挙げられている。

 1月12日〜14日に全国スバル特約店で実施した新型フォレスター発表展示会には、昨年の同時期比でおよそ2倍となる約28,000人のお客様にご来店いただき、活況を呈した。発表展示会後も、前年を上回る数のお客様のご来店は続いており、今後のさらなる受注の伸びを期待し、一層の拡販に努めていく。
posted by キャンドルチャート at 19:41| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊田自動織機、中国でフォークリフト現地生産を拡大 −工場を大幅拡張し、成長著しい中国市場に本格的な生産拠点を構える−

 株式会社豊田自動織機(社長:豊田鐵郎、以下 豊田自動織機)は、中国の生産拠点、豊田工業(昆山)有限公司(以下 TIK)のフォークリフト生産工場を拡張し、現地生産を拡大します。
 拡張部分は2008年3月の稼働予定で、拡張後の生産能力は年産5,000台を計画しています。

 また、TIKでは現在、カウンターウェイト、タイヤ、バッテリーなど一部の部品を現地調達していますが、このたびの工場拡張に合わせ、新たにフォーク、フレームなど主要部品の現地調達を開始します。
 2009年3月までに、さらにマストなどの現地調達をさらに拡大し、現地調達率を4割まで引き上げる計画です。これにより、コスト面、納期面で競争力の向上を図るとともに、グローバルでの生産能力の増強も図っていく考えです。 

 豊田自動織機は2003年にTIKで現地生産を開始し、販売においても、同年に販売会社の豊田産業車輌(上海)有限公司を設立して、中国事業を展開してまいりました。
 中国フォークリフト市場は、近年、急速に伸張しており、米国に次ぐ世界第2位の市場に成長し、2007年は10万台を超える見込みです。

 このような中、豊田自動織機では、2007年に「トヨタ」「BT」2ブランドの中国市場における販売チャネルを統合しました。両ブランドが展開するフルレンジ商品のワンストップショッピング化を行うとともに、今後、更なる販売網の強化に取り組んでまいります。
 こうした販売面の強化と、現地生産の拡大を図ることで、今まで以上に、お客様のニーズに対し、迅速かつきめ細かに対応し、2010年に中国での販売台数12,000台を目指します。


【豊田工業(昆山)有限公司の概要】

 1 所在地    中国江蘇省昆山市
 2 会社設立  1994年8月
 3 操業開始  1996年4月 (フォークリフト生産開始:2003年4月)
 4 資本金    2,300万米ドル
 5 出資比率  豊田自動織機70%、六和機械25%、豊田通商5%
 6 社 長    成瀬 賢次
 7 事業内容  フォークリフトの製造・販売および自動車、産業車両、繊維機械用鋳造部品の製造・販売  
 8 工場規模  敷地面積127,000m2、フォークリフト工場面積19,500m2(うち今回拡張分:13,600m2)
 9 従業員数  555人(うちフォークリフト工場分 51人) 
10 生産実績  フォークリフト1,562台、鋳造品42,421t(2007年) 
   (中国市場向け2007年〔1−12月〕販売実績 3,221台)
posted by キャンドルチャート at 19:36| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日鉄化学、高耐熱透明材料「シルプラス(R)」のフィルム工場新設を決定

− 年産60万m2の供給体制を構築 −


■九州製造所に工場新設

 新日鐵化学株式会社(代表取締役社長CEO:兵頭義雄)は、機能樹脂事業の新規商品である高耐熱透明材料「シルプラス(R)」の本格事業化に伴う、商業生産体制構築のため、九州製造所(福岡県北九州市戸畑区)にフィルム工場の新設を決定いたしました。2009年4月の稼働開始を予定しており、これにより年産60万m2の供給体制が構築されることになります。社内には既にシルプラス事業化推進のためのプロジェクト(プロジェクトリーダー:EO機能樹脂事業部副事業部長:関根正裕)を立ち上げ、また4月1日を目処に九州製造所内に建設プロジェクト班を発足予定です。

 当社は2007年4月、「コールケミカル事業」「化学品事業」「回路基板材料事業」に次ぐ新しい事業の柱を構築すべく「機能樹脂事業部」を発足させました。当事業部は、次期中期計画(2009−2011年度)中に1,000億円規模の売上高を目指しており、「シルプラス(R)」は当該事業の中核商品として強力に事業化を推進してまいります。

 「シルプラス(R)」は、当社独自の樹脂設計・合成技術により開発した無機セグメントと有機高分子セグメントを構成要素とする有機−無機共重合体です。ガラスと樹脂の中間的性質を有し、高耐熱・高透明・高表面硬度といった特徴を兼ね備えた、新しいカテゴリーの材料です。

 ・耐熱特性(250℃での高い寸法安定性、透明性維持)
 ・光学特性(全光線透過率:92%、複屈折:0.3nm以下)
 ・表面特性(鉛筆硬度:4H)

 当社は、これらの特徴を活かし、タッチパネル、LCD、偏光・位相差フィルムなどのディスプレイ分野をメインターゲットにパイロット設備によるサンプルワークを行ってまいりましたが、耐衝撃性を高めたフィルムグレードがLCD前面板として採用されるなど、今後の採用・需要拡大が期待されることから、10億円強の投資による工場新設を決定したものです。

 今回の工場新設にあたっては、年産120万m2まで拡張可能なインフラ投資も同時に実施致します。さらなる需要拡大に対応するため数十億円規模の追加投資による増設の検討も進め、安定供給体制を構築します。

 また、機能樹脂研究所(EO機能樹脂研究所長山本博之)の最重要テーマとして経営資源を投入し、「シルプラス(R)」の耐熱性や寸法安定性を更に向上させた新規グレード、光学レンズ等に向けた成形グレードなどの開発を強力に推進しています。今後は、ディスプレイ分野のみならず、新たな市場の開拓によって、数年後をめどに数百億円規模の売上を目指してまいります。

 今回の設備投資概要

 ・設置場所:福岡県北九州市戸畑区(新日鐵化学(株)九州製造所内)
 ・生産能力:年産60万m2
 ・投資額:10億円強
 ・着工:2008年3月
 ・完工:2009年1月
 ・稼動開始:2009年4月(予定)
posted by キャンドルチャート at 19:29| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビクター:当社に関する一部報道について

本日(1 月29 日)、当社に関して一部船井電機株式会社との提携に関
して報道がありましたが、当該事項につきましては何も決まっており
ません。
posted by キャンドルチャート at 19:27| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。