2008年02月02日

大日本インキ化学、インドにおける印刷インキ工場の建設について

 大日本インキ化学工業株式会社(本社:東京都中央区、社長:小江紘司)は、インド・グジャラート州のダヘジ経済特別区域において、印刷インキの新工場を建設することとなりました。

 当社は中期経営計画「Re−DIC 2008」における重要な経営戦略として、「世界最低コストでのインキ生産」を掲げています。世界最低コストと高品質の両立による絶対的な競争力の確保、集中生産拠点を軸としたグループ内のインキ生産体制の再編、主要原料のグループ内取り込みなどを目標に、当社は地域ごとに「グローバルマザープラント(国を超えた集中生産工場)」を設置し、グループ全体での最適供給体制の構築を進めています。

 アジアの印刷インキ市場はGDP の伸びを上回る高い成長を見せています。当社はすでにアジア各国に印刷インキの生産拠点を有していますが、今後の市場のさらなる成長に備えて一層の生産能力増強を必要としています。

 当社グループではすでにDIC India Ltd.がインド国内で印刷インキ事業を幅広く展開していますが、このたびの新工場建設は、アジアにおけるグローバルマザープラントとして、アジア・オセアニア市場の今後の需要増加への対応を目的とし、長期的に比較的安価な労働力が確保できることや生産コストが抑えられることに加え、物流コストなども考慮して決定したものです。当社グループのアジアにおけるグローバルマザープラントとしては、中国・南通に続く2ヶ所目の拠点となります。

 約35億円の投資により建設する新プラントは2009年7月から操業を開始する予定で、その生産能力は段階的に増強することにより最終的に年産30,000トンとなる予定です。インキの生産工程にはこれまでにない大規模な自動化を導入し、生産コストの抜本的な低減を目指します。

 新工場は、輸出について各種の優遇制度がある経済特別区域(SEZ)に建設することから、当社ではアジア・オセアニア各国へ印刷インキを輸出する一大供給拠点として整備していきます。さらに今後の需要の増加に伴い、将来的にはさらなる拡張も視野に入れています。
posted by キャンドルチャート at 08:39| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自販連、平成20年1月新車販売台数(登録車)概況

○平成20年1月における登録車の新車販売台数(特殊車、トレーラー等を除くナンバーベース)は合計で241,629台、前年同月(233,066台)に対して3.7%の増加となった。前月に対しては2.3%の増加を示した。

○車種別にみると、乗用車合計は213,857台で6.4%の増加、そのうち普通乗用車は98,096台、+15.1%。小型乗用車は115,761台と前年水準並みとなった。

 貨物車合計は26,602台で14.5%の減少、そのうち普通貨物車は9,474台、△8.2%。小型貨物車は17,128台、△17.6%となった。
 バスは1,170台で16.1%の増加となった。
posted by キャンドルチャート at 08:35| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイキン、当社で初めて暖房事業主体の販売会社「ダイキンスウェーデン社」を設立

 ダイキン工業株式会社は、1月31日(現地時間)当社100%子会社の「ダイキンヨーロッパ社」を通じて、出資関係のあった「スベンスカダイキン社:Svenska Daikin AB」(本社:ストックホルム市、2006年売上高:約8億円、従業員:10名)の全株式を取得し、スウェーデン王国に、新たに暖房・空調機器販売会社「ダイキンスウェーデン社」(資本金:約8百万円、本社:ストックホルム市)を設立しました。この販売会社は暖房事業を中心に事業展開を図る計画で、当社グループとしても初めての試みとなります。「スベンスカダイキン社」はスウェーデン王国の暖房・空調市場において販売網を持つ代理店であり、「ダイキンヨーロッパ社」とは1982年より取引関係があります。新会社設立により、スウェーデン王国において2010年には約38億円の売上高をめざします。

 今回新たに2つの営業所(イエテボリ市、マルメ市)を開設して暖房に特化した販売店の開発を推進し、ヒートポンプ式温水暖房機『アルテルマ』を中心に、最適な暖房・空調システムを提案していきます。

 スウェーデン王国は、欧州の中でも環境への意識が高く、地下水や空気等を熱源とするヒートポンプ式温水暖房の市場では欧州第1位の先進市場です。中でも当社の得意とする空気を熱源としたヒートポンプ式温水暖房機の市場は急速に拡大しており、2012年には約200億円(2006年比:約3倍)になると見込んでいます。

 なお、当社は、2010年度を目標年度とする中期戦略経営計画「Fusion10」で、「省エネ給湯暖房システムによる給湯・暖房市場への参入」を重点テーマとして掲げています。欧州では環境意識の高まりにより、石油や天然ガスを直接燃やす燃焼式ボイラーによる温水暖房から、地下水や空気などを熱源とするヒートポンプ式温水暖房への切り替えが急速に進んでいます。空調分野で一般的なヒートポンプ方式は、暖房分野において燃焼式に比べてCO2排出量が少なく、高い省エネ性が評価されております。こうした動きを捉え、2006年に「ダイキンヨーロッパ社」は空気を熱源とするヒートポンプ式温水暖房機『アルテルマ』を独自に開発・発売し、フランスなどで好評を得ております。今回の新会社設立を機に、欧州だけでなく、グローバルの他地域への展開を含めて暖房事業を加速していきます。


〔新会社の概要〕

1)会社名:ダイキンスウェーデン社 (英文名:Daikin Sweden AB)
2)所在地:スウェーデン王国ストックホルム市
3)代表者:社長 クーン マテイス
4)総資本:約8百万円
5)出資比率:ダイキンヨーロッパ社100%
6)設 立:2008年2月1日
7)事業内容:暖房・空調機器の販売およびアフターサービス
8)人 員:28名(2008年末計画)


〔ダイキンヨーロッパ社の概要〕

1)会社名:ダイキンヨーロッパ社 (英文名:Daikin Europe N.V.)
2)所在地:ベルギー王国オステンド市
3)資本金:約78億円
4)出資比率:ダイキン工業100%
5)設 立:1972年3月
6)代表者:社長 三中 政次
7)事業内容:業務用空調機器等の生産および販売
8)売上高:約2,270億円(2007年3月期、連結ベース)
8)人 員:約3,280名(2007年3月、連結ベース)
posted by キャンドルチャート at 08:32| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一三共、高コレステロール血症治療薬「メバロチン(R)」の大規模臨床試験

「MEGA Study」の女性解析結果発表について
〜閉経後女性に対するメバロチンの投与が心血管系疾患の発症リスクを減少〜


 これまで女性に対する高コレステロール血症治療が心血管系疾患(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など)の初発リスクを、どの程度減少できるか明らかにされていませんでしたが、日本で実施された大規模臨床試験MEGA Studyから、心血管系疾患の既往のない閉経後女性の高コレステロール血症患者において、男性と同様、メバロチン(R)(一般名:プラバスタチンナトリウム)による治療が有用であることが示され、2008年1月29日に米国の医学誌「Circulation」において発表されましたのでお知らせします。

 MEGA(MANAGEMENT OF ELEVATED CHOLESTEROL IN THE PRIMARY PREVENTION GROUP OF ADULT JAPANESE) Studyは、厚生労働省(当時の厚生省)の委託研究事業として1994年に始められた、コレステロール低下による心血管系疾患の一次予防を目的とする日本初の大規模な無作為化比較試験で、約8,000名の高脂血症(*1)患者(総コレステロール値220〜270mg/dL)を対象に、食事療法単独または食事療法+メバロチン(R)(一般名:プラバスタチンナトリウム)治療群との2群に無作為割付けをし、心血管系疾患の一次予防効果を、平均5年以上観察し比較検討したものです。
 今回、発表された結果は、このMEGA Studyの登録者数の多くを占める5,356名の閉経後女性のデータについて解析されたものです。この解析によって、対照群(食事療法単独群)にくらべ、食事療法+メバロチン(R)(一般名:プラバスタチンナトリウム)治療群において、以下の成績が得られています。

 >女性についても、男性と同様の心筋梗塞、狭心症などの冠動脈疾患(CHD)ならびに心血管系疾患(CHDと脳血管障害を足したもの)の発症リスクの減少効果が期待できることが示された。

 >とくに年齢が高くなるほど、メバロチンR(一般名:プラバスタチンナトリウム)による治療効果が高くなることが示された。

 今回の試験成績について、MEGA Study試験の試験統括者の中村治雄先生(防衛医科大学校名誉教授・三越厚生事業団常務理事)は、「スタチン系薬剤のコレステロール低下治療による男性の心血管系疾患の一次、二次予防効果、ならびに女性の二次予防効果については、これまでに実施された数多くの大規模臨床試験により証明されてきた。近年は女性の心血管系疾患の発症率が増加傾向にあり、また日常診療で見る高コレステロール血症患者の女性の割合も高くなりつつある中で、今回、閉経後の女性においてもメバロチンによる治療によって心血管系疾患の一次予防効果があることが示されたことの意義は大きい。
 今後の高齢化社会において、健康に長生きするためにも、55歳を過ぎた閉経後女性においては健康診断などで脂質異常が見られたならば、ぜひ医師に相談し、脂質改善治療を受けていただきたい。」と述べています。

*1 高脂血症:2007年の動脈硬化性疾患予防ガイドラインから脂質異常症と名称が変更されている。
posted by キャンドルチャート at 08:28| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。