2008年02月07日

三菱自動車、東京電力との『i MiEV』の実証走行試験を開始   

 三菱自動車は、電力会社と共同研究中の電気自動車『i MiEV*(アイ ミーブ)』に関して、共同研究の第2段階となる、実際の業務車両として使用する実証走行試験(フリートモニター)のため、電池やモーターなど電気自動車(EV)の主要コンポーネントを改良し、航続距離を拡大させた『i MiEV』実証走行試験車(計10台)を、本日、2月6日(水)に東京電力株式会社に引き渡した。 
 *MiEV:Mitsubishi innovative Electric Vehicle

 三菱自動車は、地球温暖化・石油エネルギー代替への対応として、軽自動車『i(アイ)』をベースに、高性能リチウムイオン電池と小型・軽量モーターを搭載した新世代電気自動車『i MiEV』を開発中であり、2006年10月に、複数の電力会社と共同研究を実施することを発表した。

 共同研究の第1段階として、2007年3月に東京電力へ『i MiEV』を1台引き渡し、「先行試験」を開始した。この先行試験において、同車の総走行距離はおよそ4,500kmに達し、東京電力で開発した急速充電器との整合性や、業務車両としての適合性(航続距離、動力性能、使い勝手など)について、充分な性能であることが確認できた。

 この結果を受けて、共同研究の第2段階として、『i MiEV』を東京電力の支社等に順次配備し、業務車両として使用する「実証走行試験」を開始する(実施期間:本年2月〜2009年3月予定)。この実証走行試験では、三菱自動車は研究車両の供給や実証走行データの分析、東京電力は実証走行の実施・データの収集や実用性の評価を担当し、実際の運転環境における総合的な性能や市場での受容性を確認する。

 三菱自動車は、この実証走行試験から得られる様々なデータを基に、『i MiEV』の早期実用化に向けて開発を着実に進めていく。


◆『i MiEV』実証走行試験車について

 『i MiEV』実証走行試験車は、従来の『i MiEV』(先行試験車)から主に以下の点を変更し、性能を向上させている。
・走行システムの駆動効率向上(モーターの効率向上、減速時のエネルギー回生の強化、タイヤの転がり抵抗低減など)により、航続距離を160kmに拡大 
・安全性や信頼性、量産性の向上を図った、電気自動車用に新開発した大型リチウムイオン電池を搭載 
・モーターとインバーターは、静粛性を向上させるとともに、構造の合理化により軽量化・小型化を達成(モーター:10%軽量化、インバーター:30%小型化) 
・走行性能面では、通常走行時のDレンジに加えて、電力消費を抑えた走行が可能なEco(Economy)レンジ、急な下り坂で強力な回生ブレーキがかけられるB(Brake)レンジを新たに設定(シフトレバー操作により選択が可能) 
・三菱自動車独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」の一つである「竹繊維PBS(ポリブチレンサクシネート)内装部品」を、テールゲート部の内装の一部に採用 


◎『i MiEV』 実証走行試験車 主要諸元
posted by キャンドルチャート at 18:36| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本工作機械工業会、「2008年1月分受注額(総額・内需・外需)速報」集計結果について

 2008年1月分工作機械受注速報がまとまりましたので、以下の通りご報告致します。

  記

(単位:百万円・%)

       08/1月分 前月比 前年同月比 2007年累計 前年同月比

受注総額 118,714  90.7  99.0  1,589,991  110.6

 うち内需  55,509  94.5  99.7    726,424   99.1

 うち外需  63,205  87.6  98.4    863,567  122.7

※1.集計対象企業は、日工会受注ベースに同じです。
 2.上記数値は速報値であり、確報値は2月14日(木)に発表予定です。
posted by キャンドルチャート at 18:32| プレスリリース・機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井物産と丸紅、LPG事業の統合

 三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:槍田松瑩)と、丸紅株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:勝俣宣夫)とは、2007年6月に両社のLPG事業の統合に関する基本合意書を締結しましたが、今般最終的な合意に至り、統合契約書を締結しました。


1.事業統合の背景と目的
 クリーンエネルギーであるLPGを、お客様に安定的に且つ安全にお使い頂く為に輸入元売から販売分野に至る全ての事業を統合し、元売機能の強化と物流チェーンの効率化を図り、経営基盤の強化・拡大を目指します。また、特に小売販売分野では、よりきめ細やかなサービスの提供と万全な保安体制を確立の上、お客様のご期待に応えることのできる体制を整えます。

2.事業統合の内容とスケジュール
 公正取引委員会への届出及び許可取得後、2008年4月1日に三井物産の子会社である三井液化ガス株式会社と丸紅の子会社である丸紅ガスエナジー株式会社が合併する予定です。

 三井液化・丸紅ガスの販売子会社群も、2009年4月を目処に、一社に統合する予定です。元売から小売まで一貫した販売戦略をとり、元売会社と販売会社の一体運営を行います。


 統合元売会社の概要は以下の通りとなります

・本店所在地
 東京都千代田区内幸町

・主な事業内容
 液化石油ガスの輸入、販売

・資本金
 20億円(合併比率 三井液化:丸紅ガス=60:40)

・グループ売上高
 約3,017億円(2007年3月期実績ベース)

・国内販売量
 約2,300千MT

・役員(就任予定)
 代表取締役社長 佐藤 雅一 (現三井液化社長)
 代表取締役副社長 玉置 肇 (現丸紅ガス社長)

・グループ企業従業員
 約1,240名(両社販売子会社含む)

・新会社商号
 近々発表予定

・合併期日(予定)
 2008年4月1日
posted by キャンドルチャート at 18:29| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天、ルクセンブルグに「楽天ヨーロッパ」を設立 〜欧州進出に向けて“中核拠点”を設置〜

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、ルクセンブルグに欧州の中核拠点として「楽天ヨーロッパS.a r.l.」(以下、楽天ヨーロッパ)を2008年3月末までに設立する運びとなりましたのでお知らせいたします。
 楽天は、今後2〜3年以内にEU(欧州連合)及びEU外の欧州数カ国でインターネットショッピングモールの「楽天市場」事業を展開していく予定であり、楽天ヨーロッパはその中核拠点となります。楽天ヨーロッパは、将来の楽天の欧州事業のハブとなるべく、戦略立案や人事などの機能のほか、システムの開発や運用、さらには物流に関する機能を持つことも検討しております。当初は、ヨーロッパ各国への進出に向けた事業計画を詰め、今夏を目処にオフィス機能の強化を図り、順次、追加投資を行うとともに、人員増強を図ってまいります。

 ルクセンブルグは国民の大半が多言語をあやつるなど高い教育水準を背景に優秀な人材を豊富に擁し、高度に発達した通信網や物流網を併せ持つなど優れたビジネス環境を有しています。また、ルクセンブルグは地理的にも欧州の中心部に位置し、欧州各国に効率的にアクセスできる恵まれた環境にあります。すでに数多くの外国企業が進出していますが、当社も欧州で成功をおさめるうえで中核拠点に最適なビジネス環境を備えているルクセンブルグに楽天ヨーロッパを設立することといたしました。

 欧州での「楽天市場」事業は、事業形態を日本や台湾と同様にマーケットプレイス型ショッピングモールとし、まずは、欧州数カ国でそれぞれ出店店舗と会員を募り、各々の国でインターネットを通じて多岐にわたる商品を提供できるようにする予定です。また、すでに欧州域内ではボーダーレスな商取引が可能なことから、各国のユーザーが他国店舗の商品も購入できるようにしていく計画です。
 さらに、日本や台湾など他地域の「楽天市場」の商品を相互に流通できるよう、アジア地域との間のクロスボーダー化も検討してまいります。
 今後、楽天は楽天ヨーロッパの機能を活かして事業調査を通じて、「楽天市場」事業以外の事業についても、欧州進出を検討してまいります。
posted by キャンドルチャート at 18:26| プレスリリース・小売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。