2008年07月24日

日産自動車、ニュルブルクリンクで燃料電池車の最速ラップを記録 −ゼロエミッションで11分58秒−

 日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて「X−TRAIL FCV」のタイムアタックを行い、燃料電池車(FCV)としての最速ラップタイムを記録した。

 日産350Z(日本名:フェアレディZ)で2008年の「ニュルブルクリンク24時間レース」に出場したレーシングドライバーのフランク・アイクホルトは、通常のストリートタイヤを装着したX−TRAIL FCVにて、「悪魔の森」の異名をもつこの世界最難関のサーキットを駆け抜けた。一周20.8キロのコースは全面ウェットであり、ハードなドライビングには厳しい状況であったが、11分58秒というタイムをたたき出した。
 「FCVを運転するのはこんなに快適だとは思わなかった。いくつかのアップヒルセクションには難しい部分もあったが、速度は十分に速かった。コースが濡れていなければ、30秒から40秒は更に短縮できたと思う」とアイクホルトは語った。

 水素スタックで発電された電気が動力源であるX−TRAIL FCVはほぼ無音で走行する。水素は350気圧の高圧タンクに詰められている。クルマから排出されるのは水だけである。
 X−TRAIL FCVはすでに日本および米国カリフォルニア州で2006年から実証実験が行われており、最高速度は150km/h、航続距離は500kmとなっている。最高出力は90kw(120PS)、最大トルクは280Nm、電池は最新のリチウムイオンバッテリーが搭載されている。日産は燃料電池車の信頼性向上の開発を続けており、水素貯蔵システムとコスト低減についての研究も進めている。同社はFCVの生産を2015年までには開始したいと考えている。

 同社は、今後も中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」に基づき、CO2排出量の削減に真に実効性のある技術、商品、サービスを開発し、市場に投入していく。

posted by キャンドルチャート at 15:33| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。