2008年12月25日

太陽電池事業の生産能力増強を正式決定(80MW増強し150MWへ)

― 2015年頃を目処に1GWへの増強を検討開始 ― 


 株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、2010(平成22)年夏稼働に向けて、変換効率12%のハイブリッド技術を使った薄膜系太陽電池の生産能力を80メガワット(以下MW)増強し、150MWとすることを正式に決定した。当社100%出資子会社であるカネカソーラーテック株式会社(本社:兵庫県豊岡市、社長:佐藤憲一、以下KST)に新設備を設置する。設備投資額は100億円強。

 KSTでは、薄膜系で世界最高水準の変換効率である、12%のハイブリッド技術を使った太陽電池セルの商業生産を本年4月より開始し、順次出荷している。今般、独自開発による設備費の大幅低減、独自の製膜技術による製造ラインの生産性大幅向上、さらに、使用部材のコストダウンや基板の大面積化など様々なプロセス革新を進め、製造コストについて、ワット当たり100円を早期に実現できる大幅なコストダウンの目処付けができた。今回決定した80MW増強は、その全量を変換効率12%ハイブリッド型とし、これを実証プラントとして更なる能力拡大を進める。

 更なる事業規模拡大を目指して、以下の検討に入ることを決定した。

・ 将来の世界電力マーケットで競争優位を確保するために、従来から進めているコストダウン策を更に加速推進し、品質とコストで世界トップの地位を維持していく。
 当社の太陽電池事業がマーケットで勝ち残るためには、技術のイノベーションによるコストダウンが必須であり、引き続き新たな太陽電池の技術を確立することを目指して、薄膜研究所(仮称)の設立準備を開始した。これによって、次世代高効率ハイブリッドセルの研究開発や、有機ELの研究技術の応用展開で有機薄膜太陽電池の開発を進め、高変換効率達成を目指す。

・ 今回の増設によって、KSTの敷地を全面積使用することになり、この実証プラントで確立した技術で新たな生産拠点を求めていくことになる。生産拠点は、市場に近い立地が最有力であると考えており、市場動向を見極めつつ、海外を含め最適立地を検討する。先ず、欧州拠点の検討を開始する。規模単位としては、200MWが一つのサイズであると考えており、2015(平成27)年頃を目処に、生産能力を段階的に1ギガワット(GW)へ引き上げていくことを検討する。

・ 太陽電池事業には現在4つの市場用途(大規模地上設置用途、地上設置用途、中大型屋根設置用途、住宅用途)がある。これに対して、当社のターゲット市場としては、欧米では大規模地上設置による電力供給用途への展開、日本では新築住宅用途への展開を図っていく。

・ 今後の販売展開においては、当社単独での展開にこだわらず、適切なパートナーとの提携も視野に検討を進めていく。


以上


posted by キャンドルチャート at 13:06| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。