2008年12月27日

日清食品HD、Angleside Ltd.(アングルサイド社)との資本業務提携に関するお知らせ

 当社は国際事業規模の拡大を図るため、ロシア即席めんメーカー最大手企業の持株会社Angleside Ltd.(以下、Angleside)との資本業務提携を本日開催の取締役会において決議いたしましたので下記のとおりお知らせします。

  記

1.提携の理由
 ロシアは、年間総需要が約20億食(2008年推定)にのぼる世界有数の即席めん消費国です。一人当たりの年間消費量は約14食で、今後更なる拡大が期待されます。また、ここ数年は高品質な付加価値商品を求める消費層の拡大により、高価格帯の販売比率が拡大しており、即席めんカテゴリーの販売金額を押し上げる傾向が続いております。
 この環境下で、当社はこのたびロシア即席めん市場でトップシェアを有する「LLC Mareven Food Central」(マルベンフードセントラル社、2006年設立、以下Mareven。)の持株会社である「Angleside Ltd.」への出資を通じてロシア市場に参入いたします。当社としては、当社の研究開発力や生産技術ノウハウとAnglesideがロシアに有する生産・販売体制を背景に、当社とのシナジー効果を最大限に発揮し、双方の更なる企業価値向上を実現できるものと考えております。
 Anglesideは、ロシアの即席めんトップシェアメーカーMarevenの持株会社であり、現在、別法人となっている製造会社(DHV−S CJSC)、販売会社(Trade House Rollton LLC)を2009年末を目処にMarevenに吸収し、直接傘下に収めるべく組織再編を進めています。これら製造・販売会社を含めた企業集団としてのマーケットシェアは、ロシアの即席めん市場では41%を占めております。特に袋めんでは、そのメインブランドである「ROLLTON」を中核に50%のシェアを占めるとともに、周辺CIS諸国へも製品輸出により販路を拡大しています。
 また即席めん以外にもインスタントマッシュドポテト、スープブイヨンなどトップシェアを占める商品群を擁しております。

2.提携の内容
 当社は、段階的な出資により、2009年1月に既存株式の購入及び第三者割当増資の引受けにより株式の14.99%、最終的には33.5%に相当する株式を取得する予定です。当社の投資額は、初回出資金額が約93億円、最終的には合計約268億円となる見込みです。
 また、インスタントラーメンの製造等に関する技術の指導、援助を行う予定です。

3.提携相手先の概要
 * 関連資料 参照

4.提携の日程
 2008年12月26日(金) 取締役会決議及び資本・業務提携契約書締結
 2009年 1月(予定)   第三者割当増資、株式譲受

5.今後の見通し
 2009年3月期の当社の連結業績に与える影響はありません。

*2008年12月期見込(出所:Angleside 財務諸表)1RUB=約3.2円
 ロシア市場概要:ニールセンデータ及び当社推定


posted by キャンドルチャート at 22:02| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。