2011年04月23日

新日本製鐵、武漢鋼鉄(集団)とのブリキ製造・販売会社の設立について

新日本製鐵株式会社(社長:宗岡正二、以下「新日鉄」)と武漢鋼鉄(集団)公司(総経理:■崎琳、以下「武鋼」)は、中国湖北省武漢市にブリキ製造・販売の合弁会社である「武鋼新日鉄(武漢)ブリキ有限公司」を設立することに合意いたしました。 ※■印の文字の正式表記は添付の関連資料を参照

 新興国を中心とする人口増と生活水準向上に伴い、食品缶・飲料缶等に使用するブリキの需要は、世界的に拡大を続けておりますが、今回のプロジェクトが主にターゲットとする中国中西部でも、今後のブリキ需要の拡大が見込まれております。
 グローバルプレーヤーとして世界展開を進める新日鉄は、武鋼との合弁事業により、武鋼が持つ中国での事業基盤と新日鉄が持つ世界最高水準の技術とを融合させ、現地からこの伸びゆくブリキ需要を捕捉し、ブリキ製品の提供を通じて中国の経済発展に貢献してまいります。
 武鋼は、中国においてトップレベルの生産規模・製造技術を有し、新日鉄とは日中国交回復の象徴プロジェクトである武鋼熱延工場建設以来、長きに亘り友好協力関係を継続しております。今回もその一環の互恵平等の合弁事業として検討を進めてまいりましたが、今般、中国の関係政府部門から設立許可を取得致しました。今後、会社設立に向けて必要な手続きを進めてまいります。
 新会社の設立により、新日鉄はブリキ事業の世界展開及び成長する中国での事業展開という両面から、新たな現地製造販売拠点を確立することとなります。

【合弁会社の概要】
 ○会社名:武鋼新日鉄(武漢)ブリキ有限公司
  (中文名:(*添付の関連資料を参照))
  (英文名:WISCO−NIPPON STEEL Tinplate Co.,Ltd.)(略称:WINSteel)
 ○所在地:中国湖北省武漢市
 ○生産設備(製造能力):連続焼鈍ライン(40万t/年)、ブリキライン(20万t/年)
 ○製造・販売品種:ブリキ、ブリキ原板
 ○稼働予定:2013年夏
 ○投資総額:18.5億元(約240億円)
 ○資本金額:7.4億元
 ○出資比率:新日鉄50%,武鋼50%



ホンダ発電機 HONDA 防音型 EX6-JN


posted by キャンドルチャート at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。