2007年11月21日

昭和電工、2007年第3次有機化学製品の国内販売価格改定について

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、酢酸、酢酸ビニル、酢酸エチル、アリルアルコールの国内販売価格について、本年3回目の改定を次のとおり行うことを決定し、このたび、お客様との交渉を開始いたしました。

1.価格改定の内容
(1)値上げ幅
 酢酸          6円/kg
 酢酸ビニル      8円/kg
 酢酸エチル      8円/kg
 アリルアルコール 10円/kg

(2) 実施時期
 2007年12月11日出荷分より

2.価格改定の背景
 上記製品の国内価格改定は、本年4月と6月に実施させていただきました。前回6月の価格改定の前提となる第3四半期(7月〜9月)の国産ナフサ価格予想は、60,000円/キロリットルでしたが、その後もナフサ価格の騰勢は止まらず、2008年の第1四半期(1月〜3月)については、65,000円/キロリットル以上と見込まれます。これによる主原料エチレン・プロピレンのコスト上昇は避けられず、また電力や蒸気等のユーティリティコストも一段の上昇が予想されています。
 当社は合理化等によりコストアップの吸収に努めてまいりましたが、当社のエチレン・プロピレン誘導品であるこれらの製品の安定供給体制を維持するためには、お客様にその一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。
posted by キャンドルチャート at 21:51| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。