2007年11月27日

日本光電:新機能搭載の動物用全自動血球計数器 「セルタックα」 MEK−6450の発売開始

■白血球の4分類測定をわずか約60秒で実現!
■ウイルス感染や細菌感染、アレルギー疾患の早期診断へ


 日本光電工業株式会社(本社:東京都新宿区、社長:荻野 和郎、以下 日本光電)はこの度、白血球4分類機能を新たに搭載した動物用全自動血球計数器「セルタックα」MEK−6450の発売を開始しました。

 本装置は血液の血球成分を調べる血球計算検査機器で、動物専用機種です。コンパクトなボディは当社従来品より約30%小さく、タッチパネル式のカラーディスプレイが搭載されて、日本語メッセージにそって簡単に操作できます。測定時間は約60秒/検体と迅速で、チャート図や日本語フラグメッセージなど充実した記録機能を有しています。
 使いやすさと高速測定、さらに白血球4分類機能や動物種別の解析など多機能性を両立させた本装置は、「すばやく・簡単に・お手元で」血液検査が行えます。

 近年、多くの動物病院・クリニックでは健康診断の一環として血液検査が行われるようになりました。健康状態をより早く把握して、早期治療に役立つ本装置は、今後3年間の国内・海外市場で、1,500台以上の販売を見込んでいます。


【 主な特長 】

■白血球4分類測定(測定項目は動物種により異なります)
 リンパ球、単球、好酸球、顆粒球の白血球4分類を含む血液20項目を全自動測定。

■約60秒の高速測定
 測定時間は約60秒(1検体あたり)。新機能搭載後も従来品と変わらずスピーディ。

■コンパクトなボディ
 装置容積は約30%小さく(当社従来品比)、省スペース。

■画面が見やすく操作は簡単
 5.7型のカラー液晶ディスプレイを採用。日本語対話方式のタッチキーで簡単が操作に。

■環境への配慮
 検査に使用する試薬はシアンを用いない「ノンシアンタイプ」を採用。

■充実したプリントアウトデータ
 測定データはもちろん、基準値と比較したチャート図や基準値外の日本語フラグメッセージなどを自動出力。診断及び治療効果の確認に有用なデータを提供。

■システム連携機能
 電子カルテなど他システムとの連携も可能。(詳細は個別に御相談下さい)


< 希望販売価格 >
 セルタックα本体:3,850,000円(税抜価格)


<主な製品仕様>
 寸   法:W230×H383×D450(mm)
 質   量:約18kg
 測定項目:イヌ・ネコ・ウシ・ウマ(20項目測定)
        ラット・マウス(12項目測定)
 データの保存:測定数値データ 400検体分(ヒストグラム50検体分)
 ディスプレイ:5.7型バックライト付フルカラーLCD、タッチキー付き

 ●販売名:「セルタックα」 MEK−6450
 ●クラス分類:管理医療機器 
 ●動物用医療機器承認番号:農林水産省指令19動薬第2192号
posted by キャンドルチャート at 18:24| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。