2007年12月11日

昭和電工、超高輝度 赤〜黄色 LED素子生産能力の追加増強について

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、超高輝度4元系LED素子の生産能力を2008年末までに、月産1億個から2億個に引き上げることを決定いたしました。当社は、本製品の生産拠点である秩父事業所の生産能力を、月産30百万個から1億個まで引き上げる工事を今年10月に完了しましたが、屋外ディスプレーや自動車向けの超高輝度LEDの需要が急拡大する見込みであることから、さらに12億円の追加投資を行い生産能力を2億個に増強いたします。

 超高輝度4元系LEDは、現在、屋外ディスプレーなどに使用されていますが、新たにリアランプや車内照明等の自動車向け、さらには薄型テレビやパソコンの液晶バックライト向け等への用途開発が進んでおり、今後、年率30%以上の成長が期待されています。当社製品はお客様からの品質に対する高い評価により引き合いや注文が増加しており、現行の能力では2008年以降の供給に不足が生ずる可能性のあることから、今回の増強を決定いたしました。

 当社の超高輝度4元系LED素子は、独自技術によって世界トップクラス(※)の輝度を実現しており、加えて赤・オレンジ・黄・黄緑等の色揃えや素子サイズの豊富な品揃えにより、お客様の多様なニーズにお応えしています。

 当社は現在推進中の中期経営計画「プロジェクト・パッション」において、窒化ガリウム系LED素子(青・緑色)や、アルミニウム、ガリウム、インジウム、リンの四つの元素から構成される超高輝度4元系LED素子を"次世代成長ドライバー"と位置づけ、積極的な資源投入を行っています。当社は、これらの超高輝度LED事業の売上高を、2008年には150億円にすることを目標としております。
posted by キャンドルチャート at 17:56| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。