2007年12月11日

日立とクラリオン、車載情報システム事業強化に向け、子会社を再編・強化

開発機能をクラリオングループに集約し、開発効率を向上


 株式会社日立製作所(以下、日立)とクラリオン株式会社(以下、クラリオン)は、CIS(車載情報システム/Car Information Systems)関連製品における開発効率の向上を目的として、2008年3月31日付で両社合弁の開発受託会社である株式会社エイチ・シー・エックス(以下、HCX)を解散し、その開発機能をクラリオン及びクラリオンの100%子会社である株式会社ザナヴィ・インフォマティクス(以下、ザナヴィ)に移管することを決定しました。
 自動車の中と外とをつなぐ情報のネットワーク化の進展に伴い、今後、ますます市場領域が拡大すると見込まれるCIS事業の強化に向けて、日立は、クラリオンを中心とする開発体制を構築し、開発効率の向上を図ります。
 日立は、CIS事業を含むオートモティブシステム事業を日立グループの中核事業の一つと位置付けて、強化を図ってきました。そのなかで、日立、クラリオン及びザナヴィの3社は、2000年12月に、カーナビゲーションの共通プラットフォームをはじめとしたCIS関連製品の開発を目的に、HCXを設立(*)しました。
 また、2005年に、日立とクラリオンは、包括的業務提携を結び、2006年には日立がクラリオンを連結子会社化するなど、CIS事業強化のために連携を強めてきました。その後、2007年に日立の100%子会社であったザナヴィをクラリオンの100%子会社とし、クラリオン・ザナヴィ両社の生産・購買機能をクラリオンに統合するなど、日立グループにおけるCIS事業の強化に向けて、運営体制の集約化を推進してきました。
 今回、HCXの開発機能をクラリオングループに集約することにより、開発効率をさらに高め、自動車の中と外とをつなぐ情報のネットワーク化の進展に伴い、今後、ますます市場領域が拡大すると見込まれるCIS関連製品の競争力向上を図ります。
 日立とクラリオンは、製品の基盤となる基本ソフトウェアや先行技術開発、さらに、資材調達から生産、販売、サービスなど全般における効率化を図り、CIS事業を拡大していきます。

(*)2005年に、ザナヴィがもつHCX株式を日立に譲渡し、HCXは日立とクラリオンの合弁会社となっています。


1.株式会社エイチ・シー・エックスの概要
(1)本店所在地:東京都品川区東品川四丁目12番6号
(2)代表者氏名:代表取締役社長 皆川昭一
(3)事業内容 :自動車に搭載する通信機器・装置・システムならびにその部品の開発
(4)設立年月日:2000年12月21日
(5)資本金   :100百万円(2007年9月30日現在)
(6)発行済株式数:2000株
(7)決算期   :3月
(8)従業員数 :47人(2007年11月30日現在)
(9)大株主及び持株比率:株式会社日立製作所66%、クラリオン株式会社34%


2.解散の日程
 2008年3月31日にHCXを解散し、開発機能をクラリオン及びザナヴィに集約します。


3.今後の見通し
 日立・クラリオンの連結業績に与える影響は軽微であり、業績予想に変更はありません。
posted by キャンドルチャート at 17:59| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。