2008年01月09日

ソフトバンクモバイル、フィルタリングサービスの取り組みについて

 ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、青少年のお客さまが、インターネット接続サービスをより安全にご利用いただけるよう、ソフトバンク3G携帯電話向けに提供している有害サイトアクセス制限サービス(以下、フィルタリングサービス)として、「ウェブ利用制限」※1と「Yahoo!きっず」※2(いずれも月額使用料無料)の普及を進めています。2008年1月中旬より、フィルタリングサービスのさらなる利用促進のため、以下の施策を順次実施してまいります。


1.新規契約者に対する取り組み

(1)親権者「同意書」におけるフィルタリングサービスの意思確認欄の改訂
(2008年1月中旬以降実施)
 新規契約申し込み時の親権者による「同意書」を改訂し、フィルタリングサービスに関する意思確認欄の「ウェブ利用制限」の項目に、あらかじめ丸印を印刷いたします。親権者が「Yahoo!きっず」への申し込みを希望、または「ウェブ利用制限」の利用を希望しない場合は、「ウェブ利用制限」に×印を付けた上で、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただきます。いずれもお選びいただいていない場合は、契約申し込みをお受けすることができません。

(2)新規契約申込書における「18歳未満利用者確認欄」の新設
(2008年6月以降実施予定)
 利用者が18歳未満であるかを確認し、利用者が18歳未満であることが確認できた場合は、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただかない限り、「ウェブ利用制限」を設定いたします。


2.既存契約者に対する取り組み
(1)18歳未満の既存契約者へのフィルタリングサービス利用の意思確認の実施
(2008年2月以降実施予定)
 ソフトバンク3G携帯電話契約者のうち、18歳未満でフィルタリングサービスをご利用いただいていないお客さまに対し、SMSによるフィルタリング加入に関する案内を送信し、「フィルタリングサービス利用の意思なし」との申告がない場合、「ウェブ利用制限」を適用いたします。利用の意思がない場合は、ソフトバンクショップにてお申し込みいただきます。その際は、親権者の同意が必要となります。2008年2月より複数回ご案内し、ご申告がないお客さまに対し、6月より順次「ウェブ利用制限」を設定いたします。

(2)18歳以上の既存契約者へのフィルタリングサービス利用の推奨の実施
(2008年2月以降実施予定)
 契約者名義が18歳以上であるものの、利用者が18歳未満のお客さまに対し、請求書同封物、ダイレクトメール、SMSでの案内を通じて、フィルタリングサービスのご利用を推奨いたします。

(3)機種変更・情報変更申込書における「18歳未満利用者確認欄」の新設
(2008年6月以降実施予定)
 機種変更、情報変更の際に「S!ベーシックパック」※3の申し込みがあった場合、利用者が18歳未満であるか確認し、利用者が18歳未満であることが確認できた場合は、「Yahoo!きっず」または「加入しない」のいずれかをご記入いただかない限り、「ウェブ利用制限」を設定いたします。


[注]
※1:「ウェブ利用制限」は、ネットスター株式会社のURLリスト分類基準に基づき、特定のURLへのアクセスを制限する機能です。対象となるカテゴリーは、次の通りです。不法、主張、アダルト、セキュリティー、出会い、ギャンブル、成人嗜好、コミュニケーション、グロテスク、オカルト。また「ウェブ利用制限」をご利用いただくと、一部アクセスできなくなる公式コンテンツがあります。

※2:「Yahoo!きっず」は、ソフトバンク3G携帯電話を利用するお子さまに安心・安全なコンテンツのみを提供する子ども向けポータルサービスです。フィルタリング機能によって、あらかじめ「Yahoo!きっず」に登録されたコンテンツにのみアクセスが可能となります。

※3:「ウェブ利用制限」、「Yahoo!きっず」のご利用にあたっては、「S!ベーシックパック」(月額使用料315円)への加入が必要です。

 ソフトバンクモバイルは、社団法人電気通信事業者協会が実施している、フィルタリングサービスをより多くの方に知っていただくためのPRキャンペーンに参画しています。ソフトバンクモバイルでは、青少年の健全な育成を図るため、関係する事業者や団体と連携し、今後もフィルタリングサービスのさらなる普及啓発に向けた取り組みを実施してまいります。
posted by キャンドルチャート at 22:17| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。