2008年01月24日

日本通信、日本通信、ドコモとの相互接続によりアップルの「.Macメール」を携帯電話で利用可能に

 日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、アップルが提供するインターネットサービス「.Mac(ドットマック)」のメール(ユーザ名@mac.com)を、ドコモの携帯電話で、iモードメールに替わって利用できるサービス「ConnectMail(コネクトメール)」を、2008年2月1日よりサービス開始します。当社は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、「ドコモ」という)のiモード移動無線装置接続用パケット交換機との相互接続を、2007年12月7日に完了していますが、ConnectMailは、この相互接続を活用したサービスの一つです。

 インターネットが普及した現在、インターネット接続に利用する機器として、パソコンと携帯電話等の両方を利用する人が6,000万人強となっています(総務省「平成19 年版情報通信白書」)。
 パソコンでは自分のメールアドレス(例えば「ユーザ名@mac.com」)を、外出先では携帯電話のメールアドレス(例えば「ユーザ名@docomo.ne.jp」)を使うことに多くの人達が不便を感じています。この不便を解消し、自分のメールアドレスを携帯電話でも利用できるようにするのがConnectMailです。

 ConnectMailは、携帯電話でiモードメールの替わりに、.Macのメールを送受信できるサービスです。携帯電話にプッシュされて届くのですぐに新着メールを読むことができ、.Macのメールアドレスで返信できる、まさにいつもと同じ使い方、同じ操作です。また、ポータルサイトはiMenuの替わりにモバイルgoo(運営:NTT レゾナント)につながります。検索やニュース閲覧、他のインターネットサイトへも簡単にアクセスできます。年間利用料は4,800円(税込)で、当社のConnectMail用Webサイトである http://www.keitai-pc.com において2月1日よりお申し込みいただけます。

 本サービスは、ドコモのiモード移動無線装置接続用パケット交換機との相互接続(2007年12月7日付け)により実現するサービスです。従来、ドコモの携帯電話はiモードセンターと直結していたため、iモードメール(ユーザ名@docomo.ne.jp)を利用することとなっていました。ConnectMailは、当社がドコモと相互接続し、さらに利用者が望むメールサーバ(今回は.Macのメールサーバ)と接続することで実現されます。

 当社常務取締役CFO福田尚久は「携帯電話のオープン化は、ユーザ視点でユーザの利便性を高めるサービスの創出を意味します。ユーザに新しい選択肢を提供するだけでなく、サービス競争をもたらし、ユーザの利便性は飛躍的に向上するでしょう。日本通信は、携帯オープン化を推進し、新たなサービス/製品を開発し、提供してまいります。」と述べています。
posted by キャンドルチャート at 07:55| プレスリリース・通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。