2008年01月28日

東京製綱、鋼索製品価格改定について

 当社は、鋼索製品の製品価格について下記の通り改定させていただくことと致しましたのでお知らせいたします。

  記

1. 価格改定率
 現在の製品価格の15%UP

2. 対象製品
 鋼索製品および関連製品全般

3. 価格改定時期
 平成20年2月契約、3月出荷分

4. 価格改定の理由
 鋼索関連の製品等の価格につきましては、ここ数年、数次にわたり鋼索及び加工・金具などの関連商品の値上げを実施いたしてまいりましたが、ご高承のとおり、原油価格高騰・高止まりの影響によって副資材であるロープ油・合成繊維心及び燃料・運賃の価格上昇が継続している中、需給逼迫による天然繊維心の価格上昇と諸資材の値上がりが引き続いていることに加え、今年度春には主材料の高炭素線材の大幅な値上げの通告を受けており、自助努力ではコスト増を吸収しきれない状況となっております。
 一方、鋼索の国内市場は、重厚長大産業などの堅調な推移により前年度を上回る需要量が見込まれ、主材料のワイヤロッドが確保しづらい状況にあります。
 弊社と致しましては、鋼索製品の需要先に対する安定供給を第一と考え、止むを得ず、ワイヤロッドの安定的調達を維持し、諸資材の値上げによる影響及びワイヤロッド値上げを織り込むため、鋼索製品を値上げすることといたしました。
posted by キャンドルチャート at 19:04| プレスリリース・鉄鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。