2008年02月28日

アクロディア、集合住宅向け新規携帯電話サービスの展開について

 株式会社アクロディア(本社:東京都目黒区、代表取締役:堤 純也、以下アクロディア)では、ユーザーの豊かなライフスタイルの実現を目指し新たな技術及びサービスの提供に取り組んでおり、この度、新たに利便性の高いマンション等集合住宅向けインターフォン・携帯電話連携システム(*1)のサービスの企画・開発・販売を開始することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


 記


1.サービスの概要

 従来のインターフォン・携帯電話連携システムは、専用の固定電話か、一部のインターフォン専用携帯端末(*2)に限られておりましたが、この度、アクロディアは、インターフォン専用携帯端末ではなく携帯電話端末での利用を可能にしました。このインターフォン用ソフトウェアが搭載された携帯電話端末と、インターフォン用玄関機と構内サーバ間の連携システムを構築し、インターフォン・携帯電話連携システムを実現しました。
 今後は、この携帯電話端末を使用してのインターフォン連携システムをマンション建設デベロッパー等に対しライセンス販売及びシステム販売を行ってまいります。
 この新しい携帯電話端末を使用してのインターフォン連携システムは、従来のシステムにおける問題点を大きく改善し、下記の基本機能を実現することによって、ユーザーの利便性を格段に向上させていく予定です。

(1)固定電話ではない、携帯電話端末での応答を実現し、携帯電話端末を使用してのインターフォン連携システムの利用を可能にする

(2)マンションの玄関口にあるインターフォン玄関機の動画を携帯電話端末で確認し、玄関口との通話を可能にする(訪問者の画像及び音声をリアルタイムに携帯電話端末上に表現)

(3)従来、マンションの玄関口にあるインターフォン玄関機との通話に関してはインターフォン専用携帯端末での応答を実現したシステムも存在するがインターフォン専用携帯端末の利用はマンション内のみに限定されていた。このたびサービスインするインターフォン・携帯電話連携システムはユーザーがマンション内にいる場合は構内LAN(*3)を通じて、またユーザーが外出中(マンション外)においても携帯電話端末網経由にも対応する携帯電話端末を使ってマンションの玄関口にあるインターフォン玄関機との応答を可能にする

(4)マンションの各部屋からコンシェルジュ(*4)への音声通話を可能とする

(*1)インターフォン・携帯電話連携システムとは
 マンション(集合住宅等)用の玄関口にあるインターフォン玄関機からの訪問者情報をビデオ動画と音声にして携帯電話端末に飛ばし、ユーザーが訪問者の確認と通話ができるシステムです。
(*2)インターフォン専用携帯端末とは
 マンション(集合住宅等)用の玄関口にあるインターフォン玄関機からの訪問者情報をマンション内において音声通話するための専用携帯端末です。外出中(マンション外)のユーザーとインターフォン玄関機からの訪問者との通話機能は持っておりません。
(*3)構内LANとは
 光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
(*4)コンシュルジュとは
 マンション住居者のあらゆる要望、案内に対応する「総合相談・世話サービス係」というような職務を担う受付の総称として使われています。
 アクロディアでは、このようなマンション(集合住宅等)向けのサービスのニーズは高く、これらの市場は拡大していくと考えており、身近な携帯電話端末と連携したシステム及びサービスを家電との連携も含め、今後ともユーザーの利便性を高めるサービスの提案を行ってまいります。
posted by キャンドルチャート at 21:13| プレスリリース・通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。