2008年03月03日

丸紅、大阪・心斎橋 KPOキリンプラザ大阪跡地における都市型商業ビル開発計画の件

 丸紅株式会社(以下「丸紅」)は自社の組成するTMK(資産流動化法に基づく特定目的会社)を通じ、キリンホールディングス株式会社等が所有していた大阪市中央区宗右衛門町のKPOキリンプラザ大阪の跡地を、都市型商業ビル開発用地として2月29日に取得しました。

 KPOキリンプラザ大阪は1987年に竣工した、メタリックな装飾が印象的な大阪・心斎橋のランドマークであり、リドリー・スコット監督の映画「ブラック・レイン」(89年)でもロケ地として使用されたことがあります。この用地は大阪の名所「戎橋」に隣接し、一日の平均通行人数は若年層を中心に約20万人(休日は約35万人)を誇る繁華街にあり、丸紅はこの立地特性を最大限に活用して、アパレル等の物販店舗や高級飲食・サービス店の入居する都市型商業ビルを開発・運営します。

 丸紅は2000年7月に不動産プライベートファンドを組成し、不動産投資実績を積みながら、2003年9月には資産運用会社であるジャパン・リート・アドバイザーズ株式会社に出資するとともに、同年12月にはユナイテッド・アーバン投資法人(UUR)を不動産投資信託市場に上場しました。UURは中長期に亘る安定収益の確保を目的に、商業施設、オフィスビル、ホテル、集合住宅等様々な用途の不動産に分散投資をしています。さらに地域分散も考慮しながら投資する等、経済情勢・不動産市場動向等に応じた最適なポートフォリオを構築する本格的な「総合型REIT」です。

 丸紅はUURのスポンサーとして、UURの資産拡大(2008年2月18日時点 取得価額総額1,880億円)を目的に、優良且つ安定的な収益不動産の開発を担い、UURの優良資産形成に寄与する一方で、商業施設では「天神ルーチェ」や「アクイティオーレ南池袋」、「ダイエー宝塚中山店」、「イオンモール宇城バリュー(熊本)」等を売却した実績があります。今般の不動産取得・商業施設開発も、竣工後にはUURへの売却も視野に入れた事業であり、当社は、周辺商業地域との調和を図りながら、新たな心斎橋のランドマークを創造すべく努めてまいります。
posted by キャンドルチャート at 21:38| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。