2008年03月05日

田辺製薬販売株式会社:ジェネリック医薬品販売子会社、設立のお知らせ

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:葉山 夏樹)は、2008年4月1日付で、ジェネリック医薬品のプロモーション並びに販売を目的とした子会社「田辺製薬販売株式会社」を設立することとしましたので、お知らせいたします。


1.設立の趣旨
 当社は、グローバルな医薬品市場で販売できる新薬の創製を行うとともに、医薬品価値の多様化に対応するため、2007年10月1日の合併新社発足と同時に、営業本部内にジェネリック事業部を設置し、新たな事業機会となるジェネリック医薬品事業に参入いたしました。
 ジェネリック医薬品市場は、我が国における医療費抑制策、とりわけ薬剤費抑制策の浸透や、本年4月からの処方せん様式のさらなる変更により、今後ますます拡大が図られていくものと推測しております。
 このような環境のもと、当社は、田辺製薬販売株式会社を設立することにより、ブランド・品質・製品ラインナップ・安定供給それぞれにおいて、患者さん並びに医療関係者の方々が安心して使用できるジェネリック医薬品事業を本格的に推進し、2010年度には売上高100億円以上を目標に、さらに、長期的にはジェネリック医薬品市場におけるリーディング・カンパニーを目指してまいります。


2.設立の方式及び新会社の概要
 当社の連結子会社である田辺製薬商事株式会社の社名(商号)、目的を変更することにより設立します。

 会社名      田辺製薬販売株式会社
 主な事業内容  ジェネリック医薬品のプロモーション並びに販売
 本社所在地   大阪市中央区平野町3 丁目2 番8 号
 代表者      岡田 文俊(予定)
 資本金      70百万円
 決算期      3月
 従業員数     約100名
 株主        田辺三菱製薬株式会社100%


3.新会社の組織・役員人事


 ※添付資料を参照


4.取り扱い予定品目(計14品目、22規格)
 当社は、2008年4月1日付で、下記品目に係るプロモーション並びに販売を田辺製薬販売に移管します。但し、移管日以降も当社または仕入元が製造販売承認を保有します。

             製品名                       薬効 
 ベニジピン塩酸塩錠2mg「タナベ」、4mg「同」、8mg「同」  高血圧症・狭心症治療剤
 セチリジン塩酸塩錠5mg「タナベ」、10mg「同」        アレルギー性疾患治療剤
 カベルゴリン錠0.25mg「タナベ」、1.0mg「同」         パーキンソン病治療剤
 シベンゾリンコハク酸塩錠50mg「タナベ」、100mg「同」   不整脈治療剤
 アロシトール錠100mg                      高尿酸血症治療剤
 プロルモン錠                            肝機能改善剤
 ジドレンテープ                           経皮吸収型・心疾患治療剤
 シュプレース錠                           低血圧治療剤
 スクリット                              経口腸管洗浄剤
 ディーアルファカプセル0.25、同0.5、同1            活性型ビタミンD3 製剤
 ニコランマート錠5mg                       狭心症治療剤
 ピーエイ錠                              感冒剤
 ポビドリンパスタ                          褥瘡・皮膚潰瘍治療剤
 ムコトロン錠250mg、ムコトロンシロップ5%           気道粘液調整・粘膜正常化剤
posted by キャンドルチャート at 06:36| プレスリリース・医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。