2008年03月05日

JT、冷凍食品への農薬混入事案に関する経過報告と今後の取り組みについて

 当社グループにて輸入販売しておりました冷凍食品の一部をお召し上がりになったお客様において、重大な健康被害が発生いたしましたことにつきまして、健康被害を受けられた方々はもとより、製品回収にご協力いただいているお客様、お取引先様、広く全国の皆さまに、今なお、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。

 当社としましては、全力を挙げて冷凍食品の一部自主回収を行い、更なる被害の拡大の防止、健康へのご不安をお持ちのお客様への対応を最優先課題として引き続き取り組んでおり、農薬混入の原因特定についても関係ご当局に全面的に協力しているところです。同時に、今回発生いたしました事態を極めて重く受け止め、原因の特定には至っていない中ではありますが、緊急的に食の安全を守るための措置を講じているものもございます。
 今回は、これまで当社が行ってまいりました取り組みに関する現時点での進捗状況等を報告申し上げるとともに、今後のJTグループ食品事業における抜本的な安全管理体制強化の方向性についてご説明いたします。


1.自主回収開始後における取り組みの状況

 自主回収につきましては、本年1月30日に記者発表を行い、その後においてもテレビや新聞等を通じたお知らせを行っており、現在も自主回収についてのご協力を継続的にお願いしております。また、健康被害等のお申し出がありましたお客様につきましては、保健所や医療機関と連携しながら、誠意をもって対応させていただいているところです。
 ご協力いただきました自主回収品につきましては、関係ご当局と相談しながら必要な検査等を実施しておりますとともに、その結果を当社ホームページでも公開しております。また、あらかじめ商品の検査をご希望されたお客様につきましては、優先的に検査を実施し、結果が判明次第、順次お知らせしております。
 なお、中国における当社の製造委託先工場や包材等の材料品供給元についても、安全性に関する緊急の監査を行い、更なる強化のために必要な改善・指導・提案を行っております。


2.今後における安全管理体制強化の方向性

 現時点では、農薬混入の原因特定には至っていませんが、今回の事案を真摯に受け止め、最高水準の安全管理体制を確立すべく、「リスク低減に向けた取り組み」「お客様への対応の強化」「組織・体制の強化」の3つを柱とした抜本的な強化策を早急に実施してまいります。この取り組みは、当然、今後において事業統合を展望している株式会社加ト吉も包含した中で進めてまいります。

I リスク低減に向けた取り組み
(1)製造工場に対する監査や、原材料・製品に関する検査について、それらの範囲や頻度を大幅に拡大し、原材料から最終製品に至る範囲を網羅した対応を進めてまいります。
(2)検査項目に農薬等の化学物質を加えるとともに、国内外の自社検査体制を充実します。

II お客様への対応の強化
(3)お客様からの苦情等に対して、徹底的な調査・検査を行うこととし、健康被害の発生時はもちろん、健康被害が発生するおそれが認められる場合には、自主回収を含めた迅速かつ適切な措置を講じるようにいたしました。
  なお、対応にあたりましては、関係ご当局と密接に連携してまいります。
(4)商品情報や原材料情報など、食の安全に関わる情報を、包装上の表記や当社ホームページ等を通じ広く公開してまいります。

III 組織・体制の強化
(5)本年3月1日に、食の安全管理を一元的に担う「食の安全管理担当」の新規配置、並びに中国において品質管理業務を行う常駐の組織の新設を行いました。また、日本・中国において早急に検査センターを新設・充実させるなど、食の安全管理に関する社内体制を一層強化していきます。
(6)株式会社加ト吉の子会社化を踏まえ、安全管理面でも同社との事業統合を視野に入れた協働を積極的に行ってまいります。
(7)複数の外部専門家の方を顧問として招聘し、定期的に当社の安全管理体制に関する評価、助言をいただくなど、外部専門家の知見・多様な視点を積極的に取り入れる体制を早期に構築します。

 当社としましては、引き続き、現在ご協力をお願いしております冷凍食品の一部自主回収に注力し、更なる被害の拡大の防止、健康へのご不安をお持ちのお客様への対応を最優先課題として今後とも取り組んでまいることはもちろんですが、JTグループの食品事業における安全管理体制の大幅強化に向けた改善策について、早急かつ確実に実施し、お客様からの信頼を得ることができるよう努めてまいります。
posted by キャンドルチャート at 06:39| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。