2008年03月17日

日本写真印刷、加賀工場(ナイテック・プレシジョン株式会社)新工場追加設備投資に関するお知らせ

 日本写真印刷株式会社は、Nissha FineTouch(タッチ入力ディバイス)の主力生産工場である加賀工場(ナイテック・プレシジョン株式会社)で現在建設中の新工場(第三工場)に対し追加の設備投資を行います。これは、第三工場の着工当初より視野に入れていた将来的な増強スペースが対象になります。今回の追加投資は、グローバル市場での携帯電話向けタッチ入力ディバイスの引き合いが増加したためです。


<加賀工場(ナイテック・プレシジョン)の概要>
■名 称    日本写真印刷株式会社加賀工場(ナイテック・プレシジョン株式会社)
■設 立    2000年1月
■所在地    石川県加賀市大聖寺上木町ロ49−1
■資本金    20百万円(日本写真印刷100%)
■従業員数  310名(2008年3月現在)


<第三工場設備投資の内容>
 ※添付資料を参照


<用語説明>
1.Nissha FineTouchは、当社が販売する抵抗膜方式および静電容量方式のタッチ入力ディバイスの総称です。
2.FineTouch“Classic”は、従来の抵抗膜方式タッチ入力ディバイスの商品名です。
3.FineTouch“TouchWindow”は、“Classic”に当社の加飾技術を融合させた非定型の意匠付タッチ入力ディバイスの商品名です。
4.FineTouch“Capacitive”は、静電容量方式のタッチ入力ディバイスの商品名です。


<今後の見通し>
 当該工場の建設に伴う、平成20年3月期の当社連結・個別業績予想に与える影響については、現時点での変更はございません。
posted by キャンドルチャート at 17:19| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。