2008年03月22日

日清食品、〜発売37年目の大革新〜  「カップヌードル」、新開発容器「ECOカップ」へ

「地球のために」「みんなのために」「おいしさのために」
(For Ecology) (For Customer) (For Originality)


 日清食品株式会社(社長:安藤宏基)は、「カップヌードル」レギュラーサイズ全9品の容器を、[1] 地球環境への配慮、[2] 必要情報の分かりやすい表示、[3] 品質の向上のため、これまでのポリスチレン容器から、紙で出来た「ECOカップ」へ変更致します。

 「カップヌードル」は1971年に世界初のカップめんとして発売されてから、変わらぬおいしさで皆様方に愛され、37年間カップめんのトップブランドとして支持され続けてきました。

 弊社は一昨年より「おいしい、の その先へ。」というスローガンを掲げ、おいしさを支える"品質"や商品の"安全・安心"、さらにその先にある"環境"や"未来"を追い求めてきました。そして、弊社が創業50周年を迎えた本年、カップヌードルは「変わろう。」をテーマに、よりたくさんの皆様に愛され続けるために変わります。

 今回、対象となるのは、次のレギュラーサイズ全9品で、4月より順次店頭化されます。
  1.「カップヌードル」
  2.「カップヌードル カレー」
  3.「カップヌードル シーフードヌードル」
  4.「カップヌードル チリトマトヌードル」
  5.「カップヌードル しお」
  6.「カップヌードル みそ」
  7.「カップヌードル キムチ」
  8.「カップヌードル 欧風チーズカレー」
  9.「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」

■ 「ECOカップ」とは
 「地球のために (For Ecology)」「みんなのために (For Customer)」「おいしさのために (For Originality)」の3つの要素を大切に考え、我々にとってかけがえの無い地球、食べていただく皆様、そして口にしたときのおいしさ、各々のことを思い配慮した新しいカップを、頭文字のE・C・Oを取って【ECOカップ】と呼びます。
 また、従来のカップを持った時のぬくもりのある手触りに近づけるためにソフトな触感にこだわり、カップが変わっても、カップヌードルが持つ外観、食感、触感を守り続けることが出来るのが、カップヌードルオリジナルカップ「ECOカップ」です。

[1]「地球のために」
 石油のような限りある資源をできるだけ削減し、循環型資源である紙を使用したECOカップに変わります。
 ※紙は「バイオマス」の一つで、燃焼時にCO2を発生しますが、木が生長する際にCO2を吸収するため、ライフサイクル全体でCO2が増加せず、地球に優しい資源です。

[2]「みんなのために」
 アレルギー物質の一覧表や食塩相当量なども表示し、さらに、印刷に優れた紙カップだからこそ、よりくっきりとした見やすい文字表示になっています。

[3]「おいしさのために」
 密封性を高めることで、湿気から中身を守り、麺、スープ、具材の風味劣化を抑えます。カップヌードルのおいしさと鮮度をより一層キープします。

posted by キャンドルチャート at 19:09| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。