2008年03月24日

丸紅、ブラジルCSN向け炉頂圧回収発電設備を受注

 丸紅株式会社(以下「丸紅」)と川崎重工業株式会社(以下「川崎重工」)は共同で、ブラジルのCOMPANHIA SIDERURGICA NACIONAL社(以下「CSN社」)より、同社第3高炉向炉頂圧回収発電設備(発電能力22,020kW)を受注しました。CSN社がこの設備を設置するのは初めてです。なお、設備の完成は2009年5月頃を予定しています。

 炉頂圧回収発電設備は、製鉄所の高炉から発生する高炉ガスの圧力をタービンにより、電気エネルギーとして回収します。本設備は、高炉ガスの有効利用が可能で省エネ効果が高いことに加え、高炉ガスをタービンで回収する際の騒音低減や除塵などの機能も備えており、環境対策にも効果があることから、日本国内の大型高炉設備には100%設置されています。

 川崎重工の炉頂圧回収発電設備の特長は、高炉炉頂圧の制御を従来の調速弁方式ではなく、タービンの可変静翼で行うことにあります。このタービンの可変静翼による制御方式は、高炉ガスの流入量を弁で制御するのではなく、高炉ガスの全量をタービンに流し込み、タービンの静翼の角度を自由に変えることにより、タービン内を通過するガスの量および圧力が変動する状況においても、エネルギーロスが少ない高効率で低騒音の発電を可能とするものです。

 近年ブラジル国内では、電力不足が深刻化するとともに工業用の電気料金が上昇傾向にあり、CSN社においても電力コストを削減する必要に迫られていました。今回の炉頂圧回収発電設備の導入で、同社は年間電力料金を大幅に節約することができます。

 川崎重工業は、炉頂圧回収発電設備のトップメーカーとして、すでに国内外で41基の納入実績を有しています。また、ブラジルにおいては、当社と共同で、ツバロン製鉄所(発電能力20,000kW)、アソミナス製鉄所(同11,340kW)、ウジミナス製鉄所(同18,800kW)にも炉頂圧回収発電設備を納入しており、今回の受注は、川崎重工業の技術力と当社の営業力、ブラジルでの豊富な実績が客先から高く評価されたものです。当社は今後もブラジル向け製鉄プラントの受注に注力する方針です。
posted by キャンドルチャート at 14:01| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。