2008年03月25日

NTTデータ、改正建築基準法に対応した大臣認定プログラム構造計算プログラム『SEIN La CREA○R 認定版』を販売開始

 (株)NTTデータ(東京都江東区 代表取締役社長: 山下徹)は、国土交通大臣の認定を第1号で取得した構造計算プログラム『SEIN La CREA(セイン・ラ・クレア) 認定版』(RC造/S造対応)を本日より販売開始します。

 構造計算プログラムとは建築物の地震や風等に対する安全性を検討するためのプログラムです。平成19年6月に建築基準法が改正されたことで、従来の構造計算プログラムは国土交通大臣の認定を無効化されていました。そこで今回当社では、偽装防止機能を強化するなど改正建築基準法に対応した構造計算プログラム『SEIN La CREA 認定版』を開発し、国土交通大臣の認定を受け、今回の販売に至りました。大臣認定を取得したことにより非認定プログラムに比べ、審査期間の短縮化や申請費用の低コスト化などのメリットをユーザが享受することができます。


【 SEIN La CREA 認定版の特長 】
・不当な数値の入力を排除
 プログラムの起動時に認定プログラム運用を選択するとデータ入力に制限がかかり、建築基準法令の規定に適合しない数値の入力や計算条件等における不当な数値の入力ができなくなります。そのため、改ざんや誤用を防止することができます。

・視覚的な計算結果の確認が可能
 構造計算する建物の形状や計算結果はグラフィカルな出力により視覚的に確認することが可能であり、改ざんや誤用防止は元より構造設計者が建築主に対するプレゼンテーション資料としての活用も可能なプログラムです。

posted by キャンドルチャート at 19:37| プレスリリース・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。