2008年03月26日

国際石油開発帝石HD、英国でのプロジェクト権益の取得について

〜英国における初めての鉱区権益の獲得〜


 国際石油開発帝石ホールディングス株式会社は、今般、設立した英国法人子会社INPEX UK LIMITEDが、英国政府の承認を条件として、シェトランド島沖合P799ライセンスのプロジェクト権益20%をShellおよびShell子会社Enterpriseから取得することとなりましたので、お知らせいたします。

 P799ライセンスは、英国シェトランド島北西沖合約125kmに位置する2つの鉱区から構成され、水深は約1,100m、面積は146.3km2、権益保有者は、INPEX UK LIMITEDのほか、オペレーターのShell(38.5%)、ConocoPhillips(25%)、新日本石油開発(10%)及びオーストリアのOMV(6.5%)となっております。

 シェトランド島北西沖合は、これまで石油・天然ガスの探鉱作業が十分に実施されてきませんでしたが、近年、油・ガス田の発見が有望であると期待されており、探鉱作業が活発化している海域です。本鉱区では、既に石油・天然ガスの胚胎の可能性がある構造が摘出されており、現在その構造に対して試掘井を掘削しております。

 当社グループでは、今般、初めて英国での石油・天然ガス探鉱開発プロジェクトに参画いたしました。今後、本プロジェクトを足がかりとして、英国における事業展開に積極的に取り組み、更なる石油・天然ガス資産の拡充を図るよう努力してまいります。
posted by キャンドルチャート at 22:49| BRICs、中東関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。