2008年04月05日

丸紅、米国メキシコ湾に於ける原油の発見について

 丸紅株式会社(以下「丸紅」)は100%出資する米国子会社マルベニ・オイル・アンド・ガス・ユーエスエー社(Marubeni Oil & Gas (USA) Inc. 以下「MOGUS社」)を通じて権益を保有している米国メキシコ湾コディアック鉱区に於いて原油の発見に成功しました。

本コディアック鉱区は、ルイジアナ岸南東約95キロメートル、水深約1,500メートルのミシシッピ・キャニオン771ブロックに位置します。試掘井では深度約9,500メートルまで掘削し、ネット約150メートルの油層を発見しました。現在、埋蔵量評価のため掘削で得られたデータ等の解析が進められています。

 MOGUS社は本コディアック鉱区の11.25%の権益を保有しています。パートナーは、オペレーターで63.75%の権益を保有する英国メジャーBPの米国子会社ビーピー・エクスプロレーション・アンド・プロダクション社(BP Exploration & Production Inc.)及び25%の権益を保有するイタリア・メジャーENIの米国子会社エニ・ペトロリアム・ユーエス社(Eni Petroleum US LLC)です。

 ミシシッピ・キャニオン771ブロックは、当社が2006年3月に米国の中堅独立系石油開発企業であるパイオニア・ナチュラル・リソーシズ社より買収した権益群に含まれていた探鉱鉱区です。今回の発見は、米国メキシコ湾で当社が成長を進めていく中で大きな前進となります。

 MOGUS社は、本鉱区を含め、米国メキシコ湾に82鉱区を保有しており、今後、更に探鉱・開発を加速していく予定です。

posted by キャンドルチャート at 07:15| プレスリリース・商社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。