2008年04月11日

三菱樹脂、錠剤・カプセル包装用シートの価格改定について

 三菱樹脂株式会社(本社:東京都中央区 社長:吉田 宏)は、各種原材料価格の上昇を受け、錠剤・カプセル包装用シートに使用される硬質塩化ビニルシート、ポリプロピレンシートについて、2008年5月1日出荷分から下記の通り価格改定を実施いたします。

  記

1.対象商品
・PTP包装用硬質塩化ビニルシート    「ビニホイル」
・PTP包装用無延伸ポリプロピレンシート 「スーパーホイル」

2.値上げ幅  5%

3.値上げ実施日  2008年5月1日出荷分から

4.値上げ理由と背景について
 樹脂原料の高騰が続く中、「ビニホイル」「スーパーホイル」の主原料である塩化ビニル樹脂、ポリプロピレン樹脂の価格上昇に加え、副原料・副資材・燃料・物流コストの上昇が製造コストをさらに押し上げ、事業採算を圧迫しております。
 当社といたしましても、継続的なコスト削減に鋭意努力して参りましたが、現在の価格体系では安定的な製品供給による健全な事業維持が困難な状況にあるため、今回上記の通り価格を改定することといたしました。


posted by キャンドルチャート at 06:39| プレスリリース・化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。