2008年04月12日

ヤクルト、ベトナム ホーチミン市で「ヤクルト」の本格販売を開始

 株式会社ヤクルト本社(社長 堀 澄也)では、2008年4月11日からベトナムのホーチミン市で本格的に「ヤクルト」の製造・販売を開始します。
 ベトナムにおいては、2006年6月にグループダノンと合弁(出資比率 ヤクルト:ダノン=80:20)でベトナムヤクルト(株)を設立しました。これに続いて、同社では、2007年9月からはインドネシアヤクルト(株)から「ヤクルト」を輸入し、ヤクルトレディによる宅配チャネルおよび店頭チャネルでの先行販売をベトナム最大の経済・商業都市であるホーチミン市で開始しました。
 先行販売においては、本格販売に向けての基盤作りとして、特に当社独自のヤクルトレディによる宅配システムを通じて、いち早くベトナムの皆様に当社の企業理念をお伝えし、「ヤクルト」を紹介してきました。
 この度、ホーチミン市郊外のベトナムシンガポール工業団地内に、安全・衛生・省力化作業を配慮し、また、お客様に見ていただく最新の工場が完成し、生産体制が整ったことから、2008年4月11日よりホーチミン市を中心に「ヤクルト」の本格販売を開始します。
 今回の本格販売により、より一層ヤクルトレディによる宅配システムの構築に注力し、ベトナムにおける当社の企業理念と商品の普及を図ります。
 ベトナムホーチミン市での販売計画の概要は、下記の通りです。




1.商品名:ヤクルト
2.容量・形態:65ml×5本パック、ポリスチレン容器
3.希望小売価格:18,500ベトナムドン/5本(約115円)
※1ベトナムドン=0.0062円(2008年3月31日レート)
4.販売地域:ベトナム ホーチミン市を中心に周辺都市に順次拡大予定
5.販売形態:ヤクルトレディによる宅配およびスーパー等の店頭販売
6.販売目標本数:18,000本/日(2008年の年間平均本数)


posted by キャンドルチャート at 05:47| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。