2008年04月16日

DeNAなどケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」にて新しいビジネスモデルを採用したゲームを配信開始

〜「モバゲータウン」を「ゲームポータル」と位置づけ、ゲーム内アイテム課金制度などを導入した新たなビジネスモデルを共同で展開〜


 株式会社ORSO(オルソ)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本義親)、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 和田洋一)、株式会社タイトー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田洋一)、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子、以下DeNA)、株式会社ハドソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:遠藤英俊)、株式会社ハムスター(本社:東京都世田谷区、代表取締役:濱田倫)、株式会社ワークジャム(本社:東京都千代田区、代表取締役:山口孝)は、DeNAが運営するケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」(4月9日現在会員数:1,000万人)にて、ゲーム内アイテム課金制度などを採用したゲームの配信を開始します。7社は、「モバゲータウン」を「ゲームポータル」と位置づけ、新しいビジネスモデルを展開します。

 2008年4月末より、専用のゲーム通貨「モバコイン」を購入することでプレイ可能なゲームなどを順次配信します。ユーザは、「モバゲータウン」向けに新しく開発された本格的なロールプレイングゲーム(RPG)やシミュレーションゲームから、すでに家庭用ゲーム機などで人気のタイトルを「モバゲータウン」仕様にカスタマイズしたタイトルまで、様々なゲームを基本使用料無料で利用できます。ゲームは各社が企画・開発し、「モバゲータウン」で配信する際のシステムついては、DeNAが開発します。また、2008年4月16日(水)より「モバゲータウン」内に予告ページを開設します。
 ※ゲームの詳細及び配信スケジュールは次ページ以降をご参照ください。

 この度配信されるゲームでは、ゲーム専用の通貨である「モバコイン」を用いることで、それぞれのゲーム内で販売されるアイテム(武器や道具など)を購入することが可能となります(一部ゲームを除く)。
 「モバコイン」は、DeNAが「モバコイン」を使用できるゲームの配信開始とともに販売を開始し、電子マネー及びクレジットカードなど各種決済手段を利用して購入可能です(購入後の「モバコイン」を電子マネー等に戻すことはできません)。「モバコイン」が各ゲーム内のアイテムの購入に使用されることにより発生した収益は、各社とDeNAで分配します。

 7社は、この度の取組みにより、「モバゲータウン」の1,000万人のユーザに向けて多様なゲームを提供するとともに、「モバコイン」によるアイテム課金の導入により、ゲームを起点にした新たな収益モデルを展開していきます。


■ゲーム概要

 開設日:2008年4月末予定(4月16日より予告ページを開設)
 URL:http://mbga.jp/game/portal/top.html
 利用料:無料(「モバゲータウン」への無料会員登録が必要となります。各ゲームの基本使用料は無料ですが、ゲーム内アイテムの購入など、ゲーム専用通貨「モバコイン」の購入が必要になる場合があります。)

posted by キャンドルチャート at 19:38| プレスリリース・自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。