2011年04月23日

富士通グループ、世界最小・最薄の非接触型静脈センサーを実用化

手のひらをタッチさせるような感覚で認証できる
世界最小・最薄の非接触型静脈センサーを実用化
高速撮影機能、自動照合機能により、軽快な手のひら静脈認証を実現
 

富士通株式会社(以下、富士通)と富士通フロンテック株式会社(注1)、および株式会社富士通研究所(注2)は、指や手の甲を含むさまざまな静脈認証装置の中で世界最小・最薄(注3)となる、非接触型手のひら静脈認証センサーを実用化しました。

 小型化・薄型化により、パソコンなどのさまざまな電子機器に組み込みやすくなるなど、手のひら静脈認証の活用の幅が広がります。

 また、手のひら静脈を毎秒約20枚連続撮影できる高速撮影機能、ならびに、その中から認証に最適な画像を瞬時に選び出して自動的に照合する機能を採用したことで、従来のようにセンサーの上で手のひらを静止させるのではなく、タッチさせるような感覚で認証できるようになり、操作性が飛躍的に向上します。

 [関連リンク]「手のひら静脈認証」紹介サイト
  http://jp.fujitsu.com/solutions/palmsecure/


<これまでの課題>
 生体認証においては、使いやすさが利用者の快適さに直結するため、富士通の手のひら静脈認証では高セキュリティ性とともに優れた操作性を追求しています。

 これまでは、相応に厚みのある専用の装置・機器の上で手のひらを一瞬、静止させて静脈画像を撮影してきましたが、手のひら静脈認証の適用分野をさらに拡大するうえで、センサーの小型化・薄型化と、より手軽な認証動作が求められてきました。


<本センサーの特長>
 本センサーは、さまざまな電子機器への組み込みを見据え、指や手の甲を含むさまざまな静脈認証装置と比較し世界最小・最薄を実現しています。また、高速撮影機能や自動照合機能により、操作性を飛躍的に向上させました。新センサーの特長は以下の通りです。

 1.世界最小・最薄の小型センサー
  非接触かつ反射方式で認証する手のひら静脈認証の優位性を活かし、幅29.0ミリメートル(mm)、高さ11.2mm、奥行き29.0mmの世界最小・最薄の小型センサーを実現しました。また、今回の小型化・薄型化に向け、撮影に使用する内蔵の部品について、均一な照度分布を実現する薄型の照明系、厚さが従来比2分の1以下の撮影光学系を新たに設計しています。これにより、センサーを組み込む機器の適用範囲が飛躍的に拡大します。

  〔世界最小・最薄の小型センサー〕

   ※画像は添付の関連資料を参照

 2.高速撮影機能・自動照合機能で軽快な認証を実現
  手のひら静脈を毎秒約20枚連続撮影できる高速撮影機能、また、その中から認証に最適な画像を瞬時に選び出して自動的に照合する機能を搭載しています。これにより、従来のようにセンサーの上で手のひらを静止させるのではなく、タッチさせるような感覚で認証できるようになり、高精度、かつ軽快な操作性を実現しています。

  〔手をタッチさせるような感覚で認証〕

   ※画像は添付の関連資料を参照


<非接触型手のひら静脈認証について>
 近年、人の生体的特徴を利用して高精度に個人を識別することのできる「バイオメトリクス(生体)認証」が、本人確認の手段として普及しています。中でも、通常は目に見えない手のひらや指などの静脈パターンを読み取る「静脈認証」は、高い精度を持ちながら、偽造や「なりすまし」などの不正行為に対して強堅です。

 「静脈認証」の中でも、富士通グループが2003年に世界で初めて開発した非接触型手のひら静脈認証技術、および同技術を活用して2004年に販売を開始した非接触型手のひら静脈認証装置(2006年にブランド名を「PalmSecure(パームセキュア)」として、新製品を販売開始)は、利用者にとっての使いやすさやセキュリティ面での安心感が評価され、金融機関の本人認証や企業でのPCログイン、入退室管理など、国内外で幅広く活用されています。

 手のひら静脈は指静脈などと比べて静脈の本数が多く複雑な形状のため情報量に富むことから、本人拒否率0.01%、他人受入率0.00008%といった高い認識率が実証されるとともに、太い幹線静脈を利用していることで安定した使用を可能としています。また、非接触型であることは利用者にとっての心理的負担の軽減にもつながります。


東レ 浄水器 トレビーノ カセッティ 【高除去(13項目クリア)タイプ】 MK203X


posted by キャンドルチャート at 14:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャープ、酸化物半導体を採用した中小型液晶パネルを世界で初めて実用化

 シャープは、酸化物半導体(IGZO(※1)を採用した高性能な中小型液晶パネルを開発、本年中に亀山第2工場で生産開始を目指します。 世界的に需要が急拡大しているスマートフォンやタブレット端末に搭載する中小型液晶パネルには、高精細や高画質などの表示品位に加え、薄型で軽量、低消費電力化が求められています。

 このたび当社は、新材料である酸化物半導体(IGZO)を用いた薄膜トランジスタを、株式会社 半導体エネルギー研究所(※2)と共同開発し、世界で初めて実用化いたします。これにより、トランジスタの小型化が可能となり、1画素あたりの光の透過量を高めることから、低消費電力化が可能です。また、当社独自のUV2A(※3)技術を採用することで、高表示品位の中小型液晶パネルが実現できます。亀山第2工場の既存ラインを活用し、本年中に生産を開始、第8世代マザーガラスにより高効率でコスト競争力を高めたラインを実現してまいります。

 亀山第2工場は、2006年8月より稼動し、最先端のテレビ用液晶パネルを生産してまいりましたが、今後は最先端の中小型液晶の生産も併せて行います。独自の生産技術を駆使した液晶パネルの世界最先端工場として進化させてまいります。


ヤマハポータブルタイプAC100V700-850W/DC12V8A/発電機・EF900FW



posted by キャンドルチャート at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本製鐵、武漢鋼鉄(集団)とのブリキ製造・販売会社の設立について

新日本製鐵株式会社(社長:宗岡正二、以下「新日鉄」)と武漢鋼鉄(集団)公司(総経理:■崎琳、以下「武鋼」)は、中国湖北省武漢市にブリキ製造・販売の合弁会社である「武鋼新日鉄(武漢)ブリキ有限公司」を設立することに合意いたしました。 ※■印の文字の正式表記は添付の関連資料を参照

 新興国を中心とする人口増と生活水準向上に伴い、食品缶・飲料缶等に使用するブリキの需要は、世界的に拡大を続けておりますが、今回のプロジェクトが主にターゲットとする中国中西部でも、今後のブリキ需要の拡大が見込まれております。
 グローバルプレーヤーとして世界展開を進める新日鉄は、武鋼との合弁事業により、武鋼が持つ中国での事業基盤と新日鉄が持つ世界最高水準の技術とを融合させ、現地からこの伸びゆくブリキ需要を捕捉し、ブリキ製品の提供を通じて中国の経済発展に貢献してまいります。
 武鋼は、中国においてトップレベルの生産規模・製造技術を有し、新日鉄とは日中国交回復の象徴プロジェクトである武鋼熱延工場建設以来、長きに亘り友好協力関係を継続しております。今回もその一環の互恵平等の合弁事業として検討を進めてまいりましたが、今般、中国の関係政府部門から設立許可を取得致しました。今後、会社設立に向けて必要な手続きを進めてまいります。
 新会社の設立により、新日鉄はブリキ事業の世界展開及び成長する中国での事業展開という両面から、新たな現地製造販売拠点を確立することとなります。

【合弁会社の概要】
 ○会社名:武鋼新日鉄(武漢)ブリキ有限公司
  (中文名:(*添付の関連資料を参照))
  (英文名:WISCO−NIPPON STEEL Tinplate Co.,Ltd.)(略称:WINSteel)
 ○所在地:中国湖北省武漢市
 ○生産設備(製造能力):連続焼鈍ライン(40万t/年)、ブリキライン(20万t/年)
 ○製造・販売品種:ブリキ、ブリキ原板
 ○稼働予定:2013年夏
 ○投資総額:18.5億元(約240億円)
 ○資本金額:7.4億元
 ○出資比率:新日鉄50%,武鋼50%



ホンダ発電機 HONDA 防音型 EX6-JN


posted by キャンドルチャート at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田技研、新型「シビック」の量産モデルを発表

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス、社長:岩村 哲夫)は、2011年4月20日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 Hondaは、2011年ニューヨークオートショー(プレスデー:2011年4月20日.21日、一般公開日:4月22日.5月1日)にて、新型シビックの量産モデル全5タイプ(ガソリン車、低燃費ガソリン車「HF」タイプ、リチウムイオンバッテリー搭載のハイブリッド車、スポーツ仕様の「Si」クーペ、天然ガス車「ナチュラルガス」)を発表するとともに、本日から全米で販売を開始しました。
●新型シビックの特長

 新型シビックはモノフォルムで躍動感のあるコンパクトなボディとしながら、低床化や前後のタンデムディスタンスの設定などを見直すことで、従来モデルよりさらに快適な居住空間を実現しています。室内装備には、ステアリングのスイッチでオーディオなどを簡単に、かつ安全に操作できる「インテリジェント・マルチインフォメーション・ディスプレイ(i−MID)」を採用しています。また、全タイプ標準装備の車両挙動安定化制御システム(VSA)に、新たにモーションアダプティブEPSを組み合わせ、ぬれた路面や悪路などでの走行安定性を高めています。
 さらに、新型シビックは全タイプで燃費の向上を実現。ガソリン車には北米で初めてドライバーへのサポート機能のECONボタンやアンビエントメーターを採用することで、実用燃費の向上を図っています。特に新設定の低燃費ガソリン車「HF」タイプは、エアロパーツやアンダーカバー、専用タイヤなどを採用することで、米国におけるコンパクトガソリン車ではトップクラスの燃費値を達成しています。

※製品画像は、添付の関連資料を参照


<シビック ハイブリッド>(セダン)
 シビック ハイブリッドにはHondaのハイブリッド車で初めてリチウムイオンバッテリー搭載のインテリジェント・パワー・ユニット(IPU)を採用し、1.5L i−VTECエンジン+IMAと組み合わせています。モーターの軽量化やエンジンピストンとCVTのフリクションロスの低減を図るとともに、高出力のリチウムイオンバッテリーを採用することにより、ハイブリッドセダンでトップクラスの燃費を実現しています。


<シビックSi>(クーペおよびセダン)
 スポーツ仕様の「Si」タイプには、シビック初となる2.4L i−VTECエンジンにSiタイプ専用の6速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、従来モデルと比較して最大出力を4馬力、最大トルクを22%向上しています。また、スポーティーな走りを実現するため、専用サスペンションや17インチアルミホイールを設定し、車高も通常のガソリン車より4mm下げています。さらに、専用のエアロパーツ、バンパー、スポーツシート、スポーツペダルなども装備しています。


<シビック ナチュラルガス(天然ガス車)>(セダン)
 シビック ナチュラルガス(天然ガス車)は米国カリフォルニア州で1998年に発売以降、販売エリアをニューヨーク州、ユタ州、オクラホマ州などに拡大するとともに、2005年からは一般のお客様へのリースも行っています。現在ではHondaが全米で唯一、天然ガス車を継続販売しています。今年の秋以降に発売を予定している新型シビック ナチュラルガスでは、さらに販売網の拡大を予定しています。
 新型シビック ナチュラルガスには、新型シビックのガソリン車と同様の1.8L i−VTECエンジンを採用し、従来モデルよりさらに力強く、クリーンな走りを実現しています。また、ナビゲーションシステムを装備しているモデルは、ナビの画面上に天然ガスステーションの位置を表示し、ドライバーの燃料補給をアシストします。


ホンダ発電機 HONDA 防音型 EX6-JN


posted by キャンドルチャート at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ自動車、今後の当社の生産に関するお知らせ

現在、当社の国内および海外工場において生産調整を実施しておりますが、部品調達の目処付けに伴い、概ね本年11月〜12月頃の期間に生産正常化※の見込みです。
※年間生産計画レベルの生産状況


1.国内生産
 ・6月3日(金)までの期間については、4月15日(金)までに開示した内容の通り。
 ・車種によりばらつきがあるが、7月頃から順次生産を回復させ、11月〜12月頃までには正常化の見込み。


2.海外生産
 ・主要な国・地域の足元の生産見込みについては、4月20日(水)までに開示した内容の通り。
 ・地域・車種によりばらつきがあるが、8月頃から順次生産を回復させ、11月〜12月頃までには正常化の見込み。

 引き続き部品調達関係先と緊密に連携し、一日も早い生産の回復に全力で取り組んでまいります。しかしながら、生産調整の期間、減産レベルによっては、当社業績に大きな影響を与える可能性があります。
 なお、上記に記載されている今後の生産の回復・正常化時期の見込みは、当社が現在入手している情報や状況を基礎とした判断および仮定に基づいており、将来における当社の実際の生産状況とは異なる可能性があります。

 今後、本件に進展があれば、当社ホームページなどを通じて公表させていただくとともに、適宜開示いたします。


ヤマハポータブルタイプAC100V700-850W/DC12V8A/発電機・EF900FW




posted by キャンドルチャート at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

任天堂とIPG、Wii向けのテレビ番組情報サービスを開始

Wii向け『テレビの友チャンネル Gガイド for Wii』サービス開始
〜家族を笑顔にする新しいテレビ番組情報サービス〜


 電子番組表(EPG)サービス「Gガイド」を提供する株式会社インタラクティブ・プログラム・ガイド(本社:東京都中央区、社長:田路圭輔、以下、IPG)と任天堂株式会社(本社:京都市南区、社長:岩田 聡、以下、任天堂)は据置型ビデオゲーム機「Wii」で利用が可能な新しいEPGサービス『テレビの友チャンネル Gガイド for Wii』を本日より提供することになりましたのでお知らせします。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 06:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

島津製作所、成長著しいロシア市場で分析計測機器と医用機器の営業体制を強化

―2011年3月期に1.5倍の売上拡大をめざす―


 島津製作所は、グローバル市場の中でも近年目覚しい成長を続けているロシアおよびCIS*地域において、分析計測機器、医用機器の販売・サービス体制の拡充・強化を図り、2011年3月期に売上高45億円(2008年3月期比1.5倍)をめざします。
*CIS(Commonwealth of Independent States):ウクライナ、アルメニアなど旧ソ連邦構成共和国11カ国からなる独立国家共同体

 ロシアは、1998年の金融危機以降9年連続して経済成長を続けており、2007年のGDP成長率は対前年比7.0パーセント(予想値)と、経済の活況はいっそう加速しています。今後も、世界最大の埋蔵量を有するガス・石油など天然資源需要の拡大を背景に、輸出の増大、貿易収支の大幅黒字が続くと見られており、ロシア・CIS地域は、安定した成長を期待できる潜在力ある市場となっています。

 ロシアでは、エネルギーなど主要産業の中央政府主導による管理の一方で、外資導入や企業民営化などの経済開放化が進んでおり、西側諸国との交易も拡大しています。また、広大な地域の中に鉱物資源産業を中心に機械、自動車、製薬、食品、化学産業などが多様に存在する産業構造の特色や、豊富な外貨に裏づけされた先端技術の獲得への取り組みの活発化などにより、ロシア・CIS地域は当社にとって、市場機会の拡大が見込める有望な地域となっています。

 こうしたロシア・CIS市場に対して当社は、1992年1月に開設したモスクワ事務所(SHIMADZU EUROPE GmbH〈本社:ドイツ〉が統括)のもと、サンクトペテルブルグ、ニージュニ−・ノブゴロド、エカテリンブルグ、ノボシビルスク、ウラジオストクの5か所に営業拠点を置き、現在、約30人が販売・サービスにあたっています。ロシア・CIS市場における2008年3月期の分析計測機器と医用機器の売上高は、約1,900万ユーロ(約30億円:うち 分析19億円、医用11億円)となる見込みです。

 当社は、今後さらに成長が見込まれるこのロシアおよびCIS地域をグローバル成長の重要拠点と位置づけ、現地の販売・サービス体制を増強して事業拡大を図ります。
 まず、分析計測機器に関しては、広大な地域における多様な産業構造、および、民営化など開放化の進行に対応を図るため、人員・機能を拡充して、「より市場に密着した販売・サービス」を目ざします。また、ビジネスの性格が政府主導の色彩が強い医用機器については、「中央政府への一層の浸透」を戦略として、事業拡大を図ります。


 具体的な方策は、次の通りです。

●営業拠点および代理店「戦略ビジネスパートナー」の人員を増強−2010年に150人体制へ
 ロシアおよびCIS市場の戦略拠点であるモスクワ事務所および営業拠点の陣容は、経済危機直後の1998年時の総勢4人から増強を続け、2007年には、約30人体制となっていますが、これをさらに増強し、2010年に45人体制とします。
 また、各拠点に分析計測装置の販売・サービスに特化した代理店スタッフによるプロ集団を組織化した「戦略ビジネスパートナー」を置き、当社スタッフと一体となった運営により、販売・サービスを拡充します。「戦略ビジネスパートナー」は次の3社で増強を図ります。これにより、2010年のロシアおよびCIS市場における販売・サービス体制は、当社のスタッフ45人を含めて約150人体制となる予定です。

 Interanalyt Ltd. (モスクワ:中央連邦管区・南連邦管区を担当)
 Analyt Ltd. (サンクトペテルスブルグ:北西・沿ヴォルガ連邦管区を担当)
 Element Ltd. (エカテリンブルグ:ウラル・シベリア連邦管区を担当)
 
●モスクワなど3か所の分析計測カスタマー支援センターの機能を強化
−「アプリケーションラボラトリー」として分析手法開発を現地化
 分析計測機器の主要商品を揃えるとともに講習会・研修会のための施設を備えたカスタマー支援センターを、モスクワ、サンクトペテルブルグ、エカテリンブルグの3か所に設置していますが、これらセンターの機能を強化して、分析計測機器の「アプリケーションラボラトリー」として市場ニーズに密着した分析手法開発を現地化し、競合他社に先駆けたソリューションオリエンテッドな体制を確立して顧客支援を強化します。

●大統領府医療プロジェクトへの参画を推進
現地有力医用機器企業との提携を強めて市場への浸透を図る
 一方、医用機器については、中央政府主導の性格が濃いことから、大統領府医療プロジェクトに積極的に参画します。そのために、保健省に対して強い影響力を有する現地の有力な医用機器企業との提携を進めて、事業拡大を目指します。2008年は、現地市場向け線CT装置の現地企業へのOEM供給を開始するほか、循環器診断用X線装置のOEM供給や共同開発を計画しており、さらに提携品目の拡充をめざします。


 以上の方策により、ロシア・CIS市場における当社分析計測機器と医用機器の売上を、2011年3月期には、現在の約1.5倍にあたる45億円以上の規模に拡大する計画です。
posted by キャンドルチャート at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。