2011年04月23日

東芝、ブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」発売

録画機能などの基本性能を大幅に向上させた
ブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」の発売について


 当社は、フルハイビジョンの2番組同時長時間録画やダビング機能をはじめ、AVCHDカメラの映像取り込みなど、録画やネットワーク機能の基本性能を大幅に向上させたブルーレイディスクレコーダー「レグザ(REGZA)ブルーレイRD−BZ810/RD−BZ710/RD−BR610」の3機種を5月下旬から順次発売します。

 新商品「RD−BZ810/RD−BZ710」は、フルハイビジョンで長時間の2番組同時録画「W録」が可能で、番組を自動でチャプター分割する「マジックチャプター機能」についてもW録に対応しました。

 また、3機種とも液晶テレビ「レグザ」で録画した番組を手軽にブルーレイディスクなどに保存できる「レグザリンク・ダビング」機能(注1)についても、ディスク容量に収まるように自動で適切な記録レートを計算してダビングを実行するなど、録画機能を充実させました。その他、AVCHDカメラからの取り込みをはじめ、ブルーレイディスクに録画した番組のハードディスクへの書き戻しやW録中のブルーレイディスク再生を可能にするなど、大幅に基本性能を向上させています。

 さらに、業界で唯一(注2)外付けUSBハードディスク録画に対応する「レグザブルーレイ」の操作性の向上として、USBハードディスクのナビ画面上からのクイックメニューによるドライブ切り換えを可能にし、録画したタイトルの再生や編集の使い勝手を大幅に向上させるとともに、使用可能なUSBハードディスク1台あたりの最大容量も4TBに増加しました(注3)。


 (注1)「レグザリンク・ダビング」機能搭載の液晶テレビについては、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/link/)をご覧ください。 

 (注2)ブルーレイディスクレコーダーにおいて。2011年4月20日現在。東芝調べ。 

 (注3)登録できる台数は8台。複数のUSBハードディスクを同時に接続することはできません。なお、本機で登録したUSBハードディスクは、登録を行った本機以外では使用できません。動作確認済みUSBハードディスクについては、ホームページ( http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/rdstyle/ )をご覧ください。


TOSHIBA REGZA ブルーレイディスクプレーヤー SD-BD2
posted by キャンドルチャート at 14:55| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ソニー、デジタルライブコンテンツ製作・配給サービス “Livespire(ライブスパイア)” 第3弾作品

『英国オペラ作品のデジタル映像』を本年11月から映画館へ配給
〜サントリーホールで10月22日にプレミア上映〜


 ソニー株式会社は、英国の「グラインドボーン音楽祭」と「ロイヤル・オペラ・ハウス」のデジタル映像作品を全国の映画館に向けて、11月より配給を開始します。続きを読む
posted by キャンドルチャート at 06:29| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

azbilの株式会社山武、BioVigilant Systems社と販売提携し、「リアルタイム細菌センサ」を販売

 株式会社山武(本社:千代田区丸の内2−7−3 社長:小野木聖二)は、このたび、米国BioVigilant Systems(バイオビジラントシステムズ)社と、日本国内における同社製品「リアルタイム細菌センサ IMD(TM)(アイエムディー)」の販売契約を締結しましたのでお知らせします。続きを読む
posted by キャンドルチャート at 16:23| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

山武、BA事業拡大などでベトナムに現地法人を設立 azbilの株式会社 山武、ベトナムに現地法人を設立

 株式会社 山武(本社:千代田区丸の内2−7−3 社長:小野木聖二)は、ベトナムでのビルディングオートメーション(BA)事業、アドバンスオートメーション(AA)事業のさらなる展開・拡大を図るため、2008年6月1日、ハノイ市に「山武ベトナム有限会社(Yamatake Vietnam Co., Ltd.)」を開設したことをお知らせいたします。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 14:20| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

NEC:通信サービス事業者向けソフト・サービス事業の強化について 〜米国のソフトウェア会社ネットクラッカー社を買収〜

 NECは、通信サービス事業者向けビジネスの強化のため、通信サービス事業者向けソフトウェアと構築サービス等を提供する米国のソフトウェア会社「NetCracker Technology Corporation(以下ネットクラッカー社)」を買収することと致しました。当社ではこのたびの買収を契機に、同ビジネス領域の強化、並びに海外でのソフト・サービス事業を加速していく考えであります。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 17:55| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

カシオ、カシオマイクロニクス株式交換契約締結のお知らせ

 カシオ計算機株式会社(以下、「カシオ計算機」といいます。)及びカシオマイクロニクス株式会社(以下、「カシオマイクロニクス」といいます。)は、本日開催のそれぞれの取締役会において、カシオ計算機を完全親会社、カシオマイクロニクスを完全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」といいます。)を実施することを決定し、本日、両社の間で株式交換契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 10:06| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

三菱電機、実用サイズの多結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の変換効率18.6%を達成

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、実用的な150mm角サイズの多結晶シリコン太陽電池セルにおいて、世界最高[※1]の光電気変換効率[※2]となる18.6%[※3](当社従来比[※4] 0.6ポイント向上)を達成しました。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 21:24| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

横河電機、高電圧フローティング測定に最適な差動プローブ「701926」を発売

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)は、オシロスコープなどの波形測定器用プローブとして、高電圧差動プローブ「701926」を本日発売しますのでお知らせします。


続きを読む
posted by キャンドルチャート at 11:53| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

金融庁様の「EDINET」を富士通が構築

〜 本日から、XBRL形式の財務諸表に対応する新システムが稼動 〜


 当社は、金融庁様が運営する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)(注1)」の新システムを構築しました。新システムは、金融庁様が2008年度から企業に義務付けているXBRL(注2)形式による財務諸表の提出に合わせて、本日から稼動開始するものです。

続きを読む
posted by キャンドルチャート at 17:08| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

松下、北京オリンピック各会場に、監視・防犯カメラシステムを約2,000台納入

 松下電器産業株式会社は、2008年8月8日から中国・北京で開催される第29回オリンピック夏季競技大会(以下、北京オリンピック)の各会場に、監視・防犯カメラシステムを約2,000台納入します。

 当社はオリンピックのTOP(The Olympic Partner)スポンサーとして、1988年に開催された第15回オリンピック冬季競技大会(カルガリーオリンピック)以来、オリンピックをサポートしています。また2006年に開催された第20回オリンピック冬季競技大会(トリノオリンピック)からは、AVセキュリティ分野の商品カテゴリスポンサーとなり、監視・防犯カメラをはじめとする各種セキュリティシステムを提供し、各会場でのハイレベルな「安心・安全」の確保に貢献してきました。

 続きを読む
posted by キャンドルチャート at 12:40| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

京セラ、チュニジア共和国の無電化村500世帯へ

円借款で初、太陽光発電システムの設置 


 京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、伊藤忠商事株式会社が受注した日本政府の円借款供与のプロジェクトで、チュニジア共和国へ太陽光発電システムを納入設置することになりましたのでお知らせいたします。太陽光発電システムの納入設置に円借款が適用されるのは、今回がはじめてです。また、本邦技術活用条件の適用により日本の太陽光発電技術が途上国の経済発展に寄与するだけでなく環境配慮型の技術支援にもつながるものと期待しています。


■太陽光発電システムの設置概要 
 2008年4月以降、チュニジア共和国のケフ、シリアナ、ベジャのそれぞれ3県にある無電化村500世帯を対象に太陽光発電システムを順次設置してまいります。日中に発電した電気が蓄電池に充電され、夜間にその電力を各住居の照明などに使用できるようにします。これにより、夜間の勉学や内職などが可能となり、生活の向上が図られ、村の成長発展にも寄与できるものと考えられます。

 ※参考画像は関連資料をご参照下さい


■太陽電池への期待
 未だ無電化村で生活をしている人々が世界中には約16億人ともいわれ、これは世界の4人に1人の割合となります。無電化村の電化には送電が困難な地域も多く、独立電源として機能する太陽電池は環境保全と経済発展を両立できると期待が寄せられています。これからも京セラは太陽電池の普及促進と技術開発により、人類社会の進歩発展に貢献してまいります。
posted by キャンドルチャート at 21:48| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下電器、サムスン電子と和解し、 半導体分野で特許クロスライセンス契約を締結

 松下電器産業株式会社は、韓国のサムスン電子株式会社と、日米両国で係争中の特許権侵害訴訟および特許無効審判請求について、和解により解決することで合意いたしました。

 和解の内容は、半導体分野において特許クロスライセンス契約を締結するというものですが、契約内容の詳細については、契約上の守秘義務があるため、公表を控えさせていただきます。
posted by キャンドルチャート at 21:44| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

ケンウッド、日本ビクターと船井電機の業務提携に関する基本合意について

 本日、日本ビクター株式会社(以下、ビクター)と船井電機株式会社(以下、船井電機)がディスプレイ機器を中心とする映像機器事業分野において業務提携を行うことで基本合意しましたが、これは、ビクターと当社が昨年7月24日に合意・調印した資本業務提携およびそれに基づく経営統合という大きな枠組みの進展に寄与するものと考え、当社としても全面的に支持してまいりました。
 ビクターは、この業務提携に基づく船井電機との協業により、当該分野における生産や開発、製品の相互補完関係が進み、スケールメリットが拡大して、大きな効果を生むことが期待されることから、グローバル競争が厳しさを増すディスプレイ機器を中心とした映像機器事業の事業基盤や競争力の強化を促進させることができるものと考えております。
 したがって、当社とビクターの経営統合が実現した際には、新統合会社にとっての強みが加わることとなり、成長を加速する効果が期待されます。
 このような背景から、今後、当社ではビクターと船井電機の業務提携の具体化を積極的に支援していく考えです。
posted by キャンドルチャート at 22:36| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー、35mmフルサイズで有効2481万画素と高速読み出しを実現

デジタル一眼レフカメラ向けCMOSイメージセンサー 開発

〜 全画素読み出し性能 6.3フレーム/秒 〜


 ソニー株式会社は、高画質と高速撮像性能が求められるデジタル一眼レフカメラ向けとして、35mmフルサイズ(対角43.3mm/2.7型)で有効2481万画素を実現した高速・高画質なCMOSイメージセンサーを開発しました。

■ 開発の背景と技術的難易度について
 近年、デジタル一眼レフカメラは、写真撮影を愛好する方々を中心に、被写体の細部まで映し出す精細な解像感と豊かな階調表現の要求が高まっています。また、交換レンズを35mmフィルムカメラと同じ焦点距離、同じ画角で扱い撮影したいという要望から、35mmフルサイズのイメージセンサーへの注目が高まっています。
 一方、イメージセンサーの大型化には、電源線や信号線を長く配置することによる伝搬遅延発生や、感度や飽和信号の画面内の均一性を保つことが難しいといった課題があります。
 そのため、露光のバラツキを押さえることや、回路パターンを合わせる精度管理などが非常に重要となります。

■ 性能の優位性などについて
 今回開発したCMOSイメージセンサーは、独自の回路設計技術に加えて、均一性向上の為の高い平坦化技術などの製造技術によって、35mmフルサイズで2481万画素を実現しています。同時に、A/D変換器を画素の垂直列毎に並列配置した独自の“列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)”を採用することにより、アナログ伝送中に混入するノイズによる画質の劣化を抑え、高速での信号読み出しを可能にしています。
 2481万画素の解像度、大型撮像素子ならではの広いダイナミックレンジがもたらす豊かな階調表現、独自の“列並列A/D変換回路技術”が可能にする低ノイズ・高感度、高速動作などの高い品質が、高性能なデジタル一眼レフカメラ開発の要求にお応えします。
 なお当社は、本CMOSイメージセンサーを本年中に量産する予定です。

<主な特徴>
1. 35mmフルサイズで有効2481万画素による高精細画像 
2. “列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)”の採用による高S/N・高速動作の実現
   ・CDS/PGA(24dB)回路内蔵 (PGA: Programmable Gain Amplifier)
   ・12ビットADコンバータ内蔵
   ・多彩な読み出しモード
   ・全画素読み出し 6.3frame/s(12ビット)
   ・窓読み出し 
3. 高速デジタル出力(12チャネルパラレルLVDS出力)

<素子構造>
イメージサイズ    対角43.3mm(2.7型)
総画素数       6236(H)×4124(V) 約2572万画素
有効画素数      6104(H)×4064(V) 約2481万画素
実効画素数      6096(H)×4056(V) 約2473万画素
チップサイズ     41.0mm(H)×31.9 mm(V)
ユニットセルサイズ 5.94μm(H)×5.94μm(V)
posted by キャンドルチャート at 22:21| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

ビクター:当社に関する一部報道について

本日(1 月29 日)、当社に関して一部船井電機株式会社との提携に関
して報道がありましたが、当該事項につきましては何も決まっており
ません。
posted by キャンドルチャート at 19:27| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

ソニー、非接触ICカードリーダー/ライター“FeliCaポート”の累計出荷 500万台を達成

〜 家庭からオフィスまで、FeliCa(フェリカ)の簡単便利な“かざす”場が拡大中 〜


 ソニー株式会社は、非接触ICカード技術 FeliCa(フェリカ)のICカードやおサイフケータイを読み書きできるリーダー/ライター、“FeliCaポート”の累計出荷500万台を2008年1月に達成しました。

 FeliCaポートには、パソコンにUSB接続する“PaSoRi(パソリ)”や、ノートパソコンやデスクトップパソコン本体に内蔵されるタイプなどがあります。
 ソニーではパソリの出荷を2001年秋より開始しており、パソコン内蔵タイプについては2005年の春モデルから、国内出荷される全てのVAIOに搭載しています。また、パソコンメーカー各社からもFeliCaポート搭載のパソコンが販売されています。

 FeliCaポートに対応した各種アプリケーション・ソフトにより、フェリカ技術対応のICカードやおサイフケータイをかざすことで、電子マネー“Edy”の残高照会や入金、ネットショッピングなどの決済や、交通乗車券“Suica”や“ICOCA”などの残高・履歴の確認を行うことができます。
 また、業務用途、個人用途問わず、パソコンのログイン認証やネットワーク認証、ファイルの暗号化、ID/パスワードの自動入力、ロックされたスクリーンセーバーの解除などの機能を利用することができます。

 現在、駅の改札口や店舗など“リアル”な場で、フェリカ技術をベースとした各種サービスが展開されています。 一方、FeliCaポート搭載機器の拡大により、パソコンでもカードや携帯電話を“かざす”だけの簡単、便利、安全なサービスが広がりをみせています。
posted by キャンドルチャート at 18:54| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ソニー、ブルーレイディスク用など、記録・再生光ディスクドライブの薄型設計とコストダウンを可能にする光集積デバイスを開発

 ソニー株式会社(同、ソニー)は、ブルーレイディスク用など記録・再生光ディスクドライブ向け光集積デバイス(以下レーザカプラ)を日亜化学工業株式会社と共同開発しました。今回開発したレーザカプラは、年内を目処に量産化を目指します。

 昨今、大容量光ディスクドライブの市場は、記録・再生機能を有するブルーレイディスクレコーダーなどを中心に展開しており、今後更なる拡大が期待されています。また、ノートパソコンや車載プレーヤなどに向けては、ますます薄型化が求められています。
 今回開発した青紫色レーザカプラは、量産性に優れた安価な光学部品を用いることのできる独自の高効率1ビーム光学系を採用しています。これにより、ブルーレイディスクなどの二層メディアでの信号読み出しを最適化し、より安定的な記録/再生を可能にするドライブやオプティカルピックアップの設計を実現します。また、新しいレコーディングメディア(有機系メディア)にも対応しています。加えて、これまでのポータブル機器向けレーザカプラで培ったパッケージング技術を活用して、厚み3mm未満という業界最薄の本体を実現したことで、ブルーレイディスク向けドライブの更なる薄型化と一層のコストダウンに貢献していきます。


<主な特徴>
 1.独自の高効率1ビーム光学系により、二層ディスクや低コスト有機系メディアなどのすべてのメディアにおいて、安定的な記録/再生が可能。
 2.3mm未満の業界最薄のパッケージングを実現し、厚さ9.5mmおよび更なる薄型ドライブの設計にも対応可能。
 3.培ってきたレーザカプラの集積化技術によって高信頼性を実現。
posted by キャンドルチャート at 21:43| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

新日本石油、次世代型燃料電池(SOFC)システムの実証試験運転を開始

 当社(社長:西尾 進路)は、財団法人新エネルギー財団(NEF)が実施する 「平成19年度 固体酸化物形燃料電池(SOFC)実証研究」において、LPG仕様および灯油仕様の2種類のシステムによる実証試験運転を本日、開始しましたのでお知らせいたします。

 固体酸化物形燃料電池(SOFC:Solid Oxide Fuel Cell)は、各種の燃料電池の中で最高の発電効率を達成可能であることから、現在開発が進んでいる固体高分子形燃料電池(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)と比べて電気需要の多いご家庭などでの使用に適した次世代の燃料電池と期待されております。

 本実証研究で、当社はシステム提供者としてSOFCシステムを製造するとともに、設置・運転試験者として横浜市内にある当社関連施設の管理人の居住部分に設置し、実際の環境下でのデータを今後6ヶ月以上にわたり取得することにより、最新技術レベルおよび技術的問題点を把握し、今後の技術開発の課題を抽出してまいります。なお、石油系燃料(LPG仕様および灯油仕様)では当社のみがこの実証研究に参加しております。

 当社は、このSOFCシステムに、石油系燃料から高効率で水素を製造できる独自の改質装置やシステム制御装置など、当社技術の粋を組み込んでおり、今後も燃料電池の普及に向けて様々な施策に取り組んでまいります。


 記


1.SOFCシステム概要

(1)システム仕様
 ※ 関連資料参照

(2)システム設置場所
 1)LPG仕様
  当社 社員研修センター(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市都筑区勝田南1−21−1
 2)灯油仕様
  当社 栄町寮(電気と熱は管理人の居住スペースに供給)
  神奈川県横浜市鶴見区栄町通3−32−1

(3)実証期間
 2008年1月16日(水)から6ヶ月以上
posted by キャンドルチャート at 22:08| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

松下、世界NO.1長もち(※1)乾電池、新・乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を発売

使用推奨期限も業界最長10年(※2)を実現


 品 名:アルカリ乾電池
 愛 称:EVOLTA(エボルタ)
 種別/品番:単1形/LR20EJ
       単2形/LR14EJ
       単3形/LR6EJ
       単4形/LR03EJ
 希望小売価格(税込):オープン価格
 発売日:4月26日
 月産台数:20百万個


 ナショナルウェルネスマーケティング本部は、世界NO.1長もち(※1)(アルカリ乾電池単3形において。ANSI、IEC、JIS基準における全放電モードの平均値より)を実現した新・乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を4月26日より発売します。

 乾電池に対するニーズは多様化しており、特に近年は使用機器が省電力化の傾向にあるため、中・小電流領域での使用が特に増加しています。またお客様のニーズも、「長もち」を求める声が年々増加しています。
 本製品は、オキシライド乾電池で培った当社独自の技術をさらに進化させ、電池の構造・材料・工法の全てに新テクノロジーを投入。大・中・小のあらゆる電流領域において高い性能を発揮する、世界NO.1長もち(※1)を実現しました。また使用推奨期限も、当社従来品の5年間から、業界最長の10年間(※2)へと2倍に進化させました。
 デザインはオキシライド乾電池、アルカリ乾電池と同様、世界統一デザインを採用。
 「パナソニック電池は世界スタンダード電池へ」をコンセプトに、世界市場に向けて発売します。


<EVOLTA(エボルタ)ネーミング由来>
 「進化」を意味する「EVOLUTION」と、「電圧/みちあふれようとする力」を意味する「VOLTAGE」から命名された「EVOLTA」。
 構造・材料・工法の進化が実現した世界トップレベルの高性能を表すとともに、日々進化を続ける機器や需要の動向に着目し、ユーザーベネフィットを追及したEVOLTAが、世界の人々の暮らしをより便利で快適なものへ変える、という「日常の革新」を示唆しています。


【特長】
 1.世界N0.1(※1)長もちを実現
 2.業界最長、使用推奨期限10年(※2)を実現
 3.単1形〜単4形まで、幅広い機器に使用可能なラインアップ
posted by キャンドルチャート at 16:28| プレスリリース・電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。