2007年11月08日

スティール・パートナーズ、サッポロホールディングスに回答書提出 〜約170ページにわたる企業価値向上のための分析・提言を併せて提出〜

 スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー(以下「SPJSF」)は、2007年11月8日、サッポロホールディングス株式会社(東京都渋谷区、村上隆男代表取締役社長)(コード番号:2501 東証一部・札幌)(以下「サッポロホールディングス」)に、同社の大規模買付ルールの手続きに則り、追加質問に対する回答書と、SPJSFの分析による企業価値を向上させる為の提言をまとめたレポート「企業価値向上へのアプローチ」(以下「企業価値向上プラン」)を提出しましたのでお知らせいたします。SPJSFは、「企業価値向上プラン」が全てのステークホルダーに利益をもたらすものと考えております。

 「企業価値向上プラン」は、サッポロホールディングス全体としての企業価値の向上、同社事業のいくつかのビジネスの拡大、雇用の確保、すでに確立されたブランドの更なる活用などに関する提言を含みます。

 SPJSFのマネ−ジング・パートナーであるウォレン・リヒテンシュタインは、「SPJSFは、サッポロホールディングスからの情報提供の要望にお応えすべく最善を尽くしました。我々が分析した「企業価値向上プラン」がサッポロホールディングスのお役に立ち、またSPJSFが同社の企業価値向上をいかに真剣に考えているかについてご理解いただけることを心から願っています。今回の提言は、我々が2005年12月の書簡にてご提言した分析内容を更新し、さらに深めたものです。」とコメントしています。

 SPJSFは、同社経営陣が積極的に企業価値向上を図っていることを歓迎しております。
 SPJSFは、今回の提言内容が、同社の今後の経営計画策定の参考になるものと確信しています。

 ご参考までに、「企業価値向上プラン」と一緒にサッポロホールディングスにお送りしましたカバーレターを本リリースに添付いたします。なお、経営陣に本提言の内容を十分にご検討いただくため、SPJSFは、「企業価値向上プラン」の詳細な内容について同社への予告なく開示することはいたしません。但し、サッポロホールディングスが自らのプレスリリースでこれを開示されることを制限するものではありません。

 SPJSFは、純投資目的で同社議決権の66.6%までの取得を希望しており、これに対するサッポロホールディングスのご支援を頂くために、引き続き、同社と協議を続けたいと考えます。SPJSFは、2007年1月1日現在、同社発行済み株式数の17.52%を保有する同社筆頭株主です。
posted by キャンドルチャート at 22:19| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

不二家洋菓子製品の価格改定のお知らせ

(クリスマス商品は現行掲示価格からの変更はありません)


 株式会社不二家(本社:東京都中央区、社長:櫻井 康文)は、不二家洋菓子店舗及び不二家レストランで販売しております洋菓子製品の一部の価格を、2007年12月1日(土)より順次改定させていただきます。

 生クリームやチーズなどの乳製品、小麦粉、バターなどの油脂類、チョコレート原料など洋菓子の原材料価格は大幅に引き上げられ、また、原油価格高騰に伴う包装資材の価格上昇も相次いでおります。このような状況の下、弊社としては価格維持の努力を重ねてまいりましたが、この上昇傾向は中長期的に続くことが予測され、引き続き現在の品質を維持するために、下記の通り一部の洋菓子製品の価格改定を実施させていただきます。

 改定実施日は、生クリームINカスタードシュークリーム、まろやかマロンモンブラン等17品目は2007年12月1日(土)より、クリスマスの主力商品であるショートケーキ、チョコ生ケーキ等29品目はクリスマスセール終了後の2007年12月28日(金)よりとなります。

 現在、パンフレット等でご案内しておりますクリスマス商品については、現行掲示価格よりの変更はありません。
posted by キャンドルチャート at 21:53| プレスリリース・食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。